嵐20周年ベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」感想・レビュー

嵐20周年ベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」。嵐の20年間のシングルが収録されており、さらに豪華な特典もついている絶対手に入れたい記念のアルバムです。1曲1曲にいろいろな想い・感想が蘇ってくるのではないでしょうか?こちらでは嵐20周年ベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」の感想・レビューをお届けします。

  • 2019.08.12
嵐20周年ベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」感想・レビュー

嵐20周年ベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」レビュー!

嵐の20周年ベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」。デビューシングルの「A・RA・SHI」から56枚目のシングル「君のうた」まで、そして嵐の想いを込めたアニバーサリーソング「5×20」も収録されています。
豪華な特典も注目。

嵐の20周年ベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」の特典についてや、各曲の感想・レビューをお届けしていきます。一つ一つの曲にファンのみなさんそれぞれの想いがあると思いますのでいろいろなことを思い出しながらチェックしてみてくださいね。

嵐20周年ベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」特典


全て共通:4CD

初回限定盤1

豪華スペシャル・パッケージ仕様
スペシャル・ポートレート封入
72P歌詞ブックレット封入

豪華スペシャルパッケージは長方形の箱型。
その中に4CD+DVD、スペシャル・ポートレート、ブックレットが入っています。

DVD :「5×20」ビデオ・クリップ+メイキング

初回限定盤1の特典DVDは20周年に作られた「5×20」のビデオクリップ、5人の撮影風景や素の部分が見られるメイキングは必見。

初回限定盤2

三方背デジパック仕様
100P歌詞フォトブックレット封入

初回限定1よりもコンパクトな通常サイズ。ボリュームたっぷりのフォトブックレットは写真集のようです。

DVD:「ARASHI LIVE CLIPS」

「嵐 FIRST CONCERT 2000」から2017-2018 「untitled」までのコンサート中から、曲を抜粋しているLIVE映像集「ARASHI LIVE CLIPS」。
全26曲、嵐の成長とともにいろいろな想いが蘇ってくる見逃せない内容です。

  1. A・RA・SHI
    2000年「嵐 FIRST CONCERT 2000」
  2. 恋はブレッキー~野性を知りたい~DANGAN-LINER~サワレナイ (『疲れちゃダメドレー』)
    2002年「ARASHI All Arena Tour join the STORM」
  3. Lucky Man
    2003年「ARASHI SUMMER CONCERT 2003 How’s it going?」
  4. RIGHT BACK TO YOU
    2004年「2004 嵐! いざッ、NOW TOUR!!」
  5. Yes? No?
    2005年「ARASHI Live 2005 One SUMMER TOUR」
  6. COOL & SOUL
    2006年「ARASHI FIRST CONCERT 2006 in Taipei ~久等了!嵐來了!~」
  7. Love so sweet
    2007年「ARASHI AROUND ASIA+ in DOME」
  8. Oh Yeah!
    2007年「ARASHI SUMMER TOUR 2007 Time -コトバノチカラ-」
  9. Love Situation
    2007年「ARASHI SUMMER TOUR 2007 Time -コトバノチカラ-」
  10. Re(mark)able
    2008年「arashi marks ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO」
  11. truth
    2008年「arashi marks ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO」
  12. 感謝カンゲキ雨嵐
    2009年「ARASHI Anniversary Tour 5×10」
  13. 5×10
    2009年「ARASHI Anniversary Tour 5×10」
  14. Summer Splash!
    2010年「ARASHI 10-11 TOUR “Scene” ~君と僕の見ている風景~」
  15. Monster
    2010年「ARASHI 10-11 TOUR “Scene” ~君と僕の見ている風景~」
  16. movin’ on
    2011年「ARASHI 10-11 TOUR “Scene” ~君と僕の見ている風景~」
  17. 果てない空
    2011年「ARASHI LIVE TOUR Beautiful World」
  18. Welcome to our party
    2012年「ARASHI LIVE TOUR Popcorn」
  19. P・A・R・A・D・O・X
    2013年「ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”」
  20. マイガール (ハワイアンver.)
    2014年「ARASHI BLAST in Hawaii」
  21. Asterisk
    2014年「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」
  22. CARNIVAL NIGHT part 2 (お祭りver.)
    2015年「ARASHI BLAST in Miyagi」
  23. 心の空
    2015年「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」
  24. Don’t You Get It
    2016年「ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?」
  25. Green Light
    2017年『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』
  26. 「未完」
    2017年『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』

通常盤

36P歌詞ブックレット2冊 (1999-2009/2009-2019)封入

嵐ベストアルバム「5×20 All the BEST!!1999-2019」の感想・レビュー DISC1

A・RA・SHI

作詞:J&T
作曲・編曲:馬飼野康二

嵐のデビューシングル。1999年「バレーボールワールドカップ」のイメージソングになり、このシングルのジャケットの「嵐」という文字はジャニーさんが書きました。
またこの曲を作詞している「J&T」さんとはSexy Zoneの菊池風磨くんの父、菊池常利さんです。

A・RA・SHIといえば、今でも話題になる「スケスケ衣装」。もともと上半身はスケスケ衣装の中にインナーを着ていましたが、ジャニーさんが「インパクトが薄い」と言ってインナーなしのスケスケに…。
ある意味この衣装だったからこそ今でも印象深いものになっているのかもしれませんね。10周年のコンサートではまさかのスケスケ衣装再来!会場は大きな悲鳴に包まれたのも記憶に新しいです。

発売日:1999年11月3日

SUNRISE日本

作詞:F&T
作曲:馬飼野康二
編曲:CHOKKAKU

「プロ野球ニュース2000」のテーマソング。
作曲の馬飼野康二さんはSUNRISE日本の他にも嵐の「A・RA・SHI」や「明日に向かって」「台風ジェネレーション」などたくさんの曲を手掛けています。この曲を聴くと、まだ「少年」という言葉が当てはまる嵐が思い浮かびます。

発売日:2000年4月5日

HORIZON

作詞:TAKESHI
作曲:谷本新
編曲:宗像仁志・林部直樹

「第31回 春の高校バレー」イメージソングや森永乳業・エスキモー「ピノ」のCMソングになりました。
ピノといえばジャニーズJr.時代相葉雅紀くんと二宮和也くんがCMしていたことでこの二人をピノコンビなんて言ってたりもしましたね。
その後嵐としてや櫻井翔くんのみなどでもピノのCMに出演していたことがあります。

発売日:2000年4月5日

台風ジェネレーション‐Typhoon Generation‐

作詞:久保田洋司
作曲:馬飼野康二
編曲:大坪直樹

もともとこの曲のタイトルは「グリーンヒル」だったのですが、ジャニーさんが「かっこよすぎる」と一言。そしてついたタイトルが「台風ジェネレーション‐Typhoon Generation‐」。
「SUNRAISE日本」が大野くんのソロからはじまるのでこの曲は「セリフから」とジャニーさんが言い、二宮くんの「じゃあ行ってくる」と始まる曲になりました。

初めのラップ部分はコンサートでファンの大合唱になることもありましたね。

発売日:2000年7月12日

感謝カンゲキ雨嵐

作詞:戸沢暢美
作曲:馬飼野康二
編曲:CHOKKAKU

二宮くんが出演していたドラマ「涙を拭いて」のオープニングテーマ曲になっていました。感謝カンゲキ雨嵐は毎年行われているツアーでも定番曲ですが、カウントダウンコンサートでは嵐ファンではなくてもサビのところで「嵐ー!」と会場が一体になっていたのも記憶に新しいですね。

初期の頃はあまり感じませんでしたが、年数がたつにつれ、重みのある曲になっていったのではないでしょうか。

発売日:2000年11月8日

君のために僕がいる

作詞:大倉浩平
作曲・編曲:馬飼野康二

森永乳業 エスキモー「ピノ」のCMソング。サビの「頑張るさ♬負けないのさ」の部分を聞くと頑張ろうという気になりますね。また、サビの振り付けは簡単なのでみんなで踊りましょう!

発売日:2001年4月18日

時代

作詞・作曲:TSUKASA
編曲:CHOKKAKU

この曲がポニーキャニオンから出された最後のシングルです。松本くんが出演していたドラマ「金田一少年の事件簿」の主題歌になりました。今では主題歌になる曲が多い嵐ですが、メンバーが主演をつとめるドラマの主題歌を手掛けるのはこの曲が初めてでした。

発売日:2001年8月1日

a Day in Our Life

作詞・作曲・編曲:SHUN・SHUYA

この曲からレーベルは「J Storm」になります。8cmシングルで価格は500円のワンコインシングルとして出されました。
櫻井くんが出演していたドラマ「木更津キャッツアイ」のエンディング・テーマ、 映画「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」・「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」の主題歌にもなりました。

コンサートではC&Rの定番曲ですね。

発売日:2002年2月6日

ナイスな心意気

作詞:戸沢暢美
作曲:飯田建彦
編曲:石塚知生

このシングルだけグループ名を「アラシ」とカタカナ表記でした。この曲も8cmシングルで発売。アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のエンディング・テーマになりました。

発売日:2002年4月17日

PIKA☆NCHI

作詞:相田毅
作曲:谷本新
編曲:CHOKKAKU

この曲も8cmシングルとして発売されましたが、2008年に「ナイスな心意気」とともにマキシシングルが発売されました。 嵐主演の映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」の主題歌、「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」のエンディング・テーマになりました。

発売日:2002年10月17日

とまどいながら

作詞・作曲・編集:オオヤギヒロオ

CD収録されたバージョンでは大野くんのみソロパートがありますが、ミュージックステーションやコンサートでは他のメンバーがソロで歌っている部分もあります。櫻井くんが出演していたドラマ「よい子の味方 〜新米保育士物語〜」の主題歌になりました。

発売日:2003年2月13日

ハダシの未来

作詞・作曲:宮崎歩
編集:CHOKKAKU

この曲を作詞・作曲をしている「宮崎歩」さんは俳優の志尊淳さんの叔父さんだそうです。スタンドマイクを使ったパフォーマンスで、嵐のコンサートではサビの部分をファンと一緒に踊るのが定番。メンバー全員が出演した「コカ・コーラ」のCMソングになっています。

発売日:2003年9月3日

言葉よりも大切なもの

作詞:TAKESHI
作曲:飯田建彦
編曲:石塚知生
Rap詞:櫻井翔

櫻井くんがA面シングルで初めてRap詞を手掛けた曲。二宮くんが主演をつとめたドラマ「Stand Up!!」の主題歌になりました。
大野くんのソロから始まり、「ここには~?」「あるからー!」は定番ですね。

発売日:2003年9月3日

PIKA☆NCHI DOUBLE

作詞:SPIN
作曲:森元康介
編曲:石塚知生
Rap詞:櫻井翔

嵐のシングル曲として初めて5人のソロパートがありました。 櫻井くんがラップをしながらそれぞれのソロが絡んでいくところが最高です。
嵐主演の映画「ピカ★★ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」の主題歌、「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」のオープニング・テーマになりました。

発売日:2004年2月18日

瞳の中のGalaxy

作詞・作曲:藤井フミヤ
編曲:CHOKKAKU

藤井フミヤさんが作詞・作曲した曲で、二宮くんが主演のドラマ「南くんの恋人」の主題歌にもなりました。

発売日:2004年8月18日

Hero

作詞:SPIN
作曲:谷本新
編曲:石塚知生

歌詞には嵐がメインパーソナリティーをつとめた「24時間テレビ27 愛は地球を救う」のメインテーマ「あなたの夢はみんなの夢」が含まれています。また、「2004 アテネオリンピック」中継イメージソングになり、嵐初のオリンピックテーマソングとなりました。

Heroを聞くと、24時間テレビで流した嵐の涙。今もみなさんの記憶にしっかり残っているのではないでしょうか?

発売日:2004年8月18日

嵐のベストアルバム「5×20 All the BEST!!1999-2019」の感想・レビュー DISC2

サクラ咲ケ

作詞:相田毅
作曲:谷本新
編曲:石塚知生
Rap詞:櫻井翔

サクラ咲ケは今でも受験の応援ソングとなっていて、受験シーズンになるとよく流れていますね。櫻井くんが出演していた「城南予備校」のCMソングになっていました。
サクラ咲ケを聴くと合格するなんてジンクスも???

発売日:2005年3月23日

WISH

作詞:久保田洋司
作曲:オオヤギヒロト
編曲:CHOKKAKU

松本くんが出演していたドラマ「花より男子」の主題歌や 静岡県で放送されていた「みちブラっ!静岡十八番」のエンディング・テーマにもなっていました。

発売日:2005年11月16日

きっと大丈夫

作詞:SPIN
作曲・編曲:Shinnosuke
Rap詞:櫻井翔

嵐が出演していたハウスウェルネスフーズ「C1000×嵐編」のCMソングになっていました。櫻井くんがヒゲを生やしていたり、二宮くんが映画撮影の為坊主だったりと今ではあまり見ることのない嵐をみられた頃でもありますね。

発売日:2006年5月17日

アオゾラペダル

作詞・作曲:スガシカオ
編曲:石塚知生

アオゾラペダルのPVは二宮くんの意見が取り入れられているもので男女のストーリー仕立てとなっています。
台詞などはないのに、思わず見入ってしまうほどのPV。また、櫻井くん主演「ハチミツとクローバー」のエンディング・テーマにもなっています。

発売日:2006年8月2日

Love so sweet

作詞:SPIN
作曲:youth case
編曲:mugen

Love so sweetはGLAYのTERUさんが、嵐の曲の中で一番気に入っている曲で、TERUさんと松本くんがカラオケバーで初めて会った時に、この楽曲を一緒に歌ったり、AAA西島隆弘さんがソロコンサートで歌ったりとファンだけでなくアーティストにも愛されている曲。

松本くんが出演ドラマ「花より男子2(リターンズ)」の主題歌、キリン「午後の紅茶」のCMソングにもなりました。

発売日:2007年2月21日

We can make it!

作詞:UNITe
作曲:Fredrik Thomander & Anders Wikstrom
編曲:鈴木雅也

スウェーデン出身のシンガーAgnes Carlssonさんの「Love is All Around」が原曲で、新しく日本語の歌詞とラップを加えたものになっています。
松本くんが出演したドラマ「バンビ〜ノ!」の主題歌です。

発売日:2007年5月2日

Happiness

作詞:Wonderland
作曲:岡田実音
編曲:北川吟

二宮くんと櫻井くんが出演していたドラマ「山田太郎ものがたり」の主題歌や、嵐が出演していた JAL「先得キャンペーン」のCMソング。今でもコンサートやテレビ番組のメドレーなどでは定番曲ですね。
この曲を聴くと心が明るくなるような感じになります。

発売日:2007年9月5日

Step and Go

作詞:Wonderland
作曲:youth case
編曲:吉岡たく
Rap詞:櫻井翔

作曲しているyouth caseさんは「Step and Go」以外にも「Love so sweet」や「5×10」などの作曲もしています。フジテレビ「GRA」のエンディングテーマ曲になりました。

発売日:2008年2月20日

One Love

作詞:youth case
作曲:加藤裕介
編曲:石塚知生

レコーディングの時点では「I LOVE YOU」というタイトルで進められていたとか。手話のような振り付けは同じジャニーズ事務所の屋良朝幸さんです。この曲は結婚式の定番曲にもなっていますね。松本くんが出演している映画「花より男子F(ファイナル)」の主題歌です。

発売日:2008年6月25日

truth

作詞・作曲:HYDRANT
編曲:前口渉

大野くんが出演しているドラマ「魔王」の主題歌になっていて、歌詞にはドラマと重なる要素「謎」「闇」「真実」「百合」「隠し切れぬ二つの顔」などが書かれています。

発売日:2008年8月20日

風の向こうへ

作詞:多田慎也
作曲:Pippi Svensson・Anders Dannvik
編曲:Hans Johnson
Rap詞:櫻井翔

2008年の北京オリンピック放送のイメージソングになっていて、ラップ詞は櫻井くんが北京オリンピックの日本代表選手を取材した時に感じた選手の想いなどから書いたそうです。

発売日:2008年8月20日

Beautiful days

作詞・作曲:Takuya Harada
編曲:ha-j

二宮くんが出演していたドラマ「流星の絆」の主題歌。またプロ野球中継北海道日本ハムファイターズ2019年シーズン主催公式戦中継のエンディング曲にも抜擢されました。

発売日:2008年11月5日

Believe

作詞・作曲:100+
編曲:吉岡たく
Rap詞:櫻井翔

櫻井くん主演の映画「ヤッターマン」の主題歌。2008年から2009年にかけて怒涛のシングルラッシュが続いたのでファンのみなさんも忙しいイメージがあるかもしれませんね。

発売日:2009年3月4日

明日の記憶

作詞・作曲:平義隆
編曲:石塚知生、佐々木博史

櫻井くんが出演しているドラマ「ザ・クイズショウ」の主題歌。
Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~と両A面で発売されています。

発売日:2009年5月27日

Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~

作詞:Soluna
作曲・編曲:HYPER SLIPPER

レコーディングの仮タイトルは「MUTEKI」でした。「One Love」を振り付けしている屋良朝幸さんがこの曲も振り付けを担当。コーセー「エスプリーク・プレシャス」のCMソングになりました。

発売日:2009年5月27日

Everything

作詞:100+
作曲:Shingo Asari
編曲:ISB

嵐が出演していた au by KDDI「去年と違う夏。」のCMソング。
レコーディング風景のPVがとても嵐らしくてよかったですね。

発売日:2009年7月1日

嵐のベストアルバム「5×20 All the BEST!!1999-2019」の感想・レビュー DISC3

マイガール

作詞:Wonderland
作曲:多田慎也
編曲:Naoki-T

相葉くんが出演していたドラマ「マイガール」の主題歌。サビの部分を今聴くととてもせつない気持ちになってしまいます。
PVでは嵐が兄弟に!

発売日:2009年11月11日

Troublemaker

作詞:H.Suzuki
作曲:Masashi Ohtsuki
編曲:ha-j
終盤のダンスで嵐が一列になる時に大野くんが「入れてもらえない!」のが定番。櫻井くんが出演していたTBS系日曜劇場「特上カバチ!!」の主題歌になっています。

発売日:2010年3月3日

Monster

作詞:UNITe,Sean-D
作曲:CHI-MEY
編曲:Taku Yoshioka,Hirofumi Sasaki

大野くん主演ドラマ「怪物くん」の主題歌、また 映画「映画 怪物くん」の主題歌にもなりました。センターからソロで出てくる大野くんのカッコよさにくぎ付けになった曲でもあるのではないでしょうか?

発売日:2010年5月19日

To be free

作詞:Soluna
作曲:Samuel Waermo,Octobar
編曲:Samuel Waermo、吉岡たく

この曲は櫻井くんが出演していたアサヒ飲料「三ツ矢サイダー」のCMソングになりました。このCMには以前から櫻井くんが出演していましたが、CMソングになったのは初めてです。

発売日:2010年7月7日

Love Rainbow

作詞:furaha,Octobar
作曲:iiiSAK,Dyce Taylor
編曲:ha-j

テレビで披露する時には松本くんが指揮者になり、他の4人がそれに合わせて踊るというパフォーマンスがありました。松本くんが出演していたドラマ「夏の恋は虹色に輝く」の主題歌になっています。

発売日:2010年9月8日

Dear Snow

作詞:伊織、ISHU
作曲:大島こうすけ
編曲:宮野幸子、吉岡たく

PVでは江戸時代や冬をイメージされたものになっていて、5人が和風の冬の衣装で歌う様子などが収録されています。二宮くんが主演をつとめた映画「大奥」の主題歌になりました。

発売日:2010年10月6日

果てない空

作詞・作曲:QQ
編曲:ha-j

2011年12月31日に放送された「第62回NHK紅白歌合戦」で披露。二宮くんが主演のドラマ「フリーター、家を買う。」の主題歌になっています。

発売日:2010年11月10日

Lotus

作詞:Soluna
作曲:iiiSAK,HYDRANT
編曲:佐々木博史、iiiSAK

相葉くんが主演をつとめた金曜ナイトドラマ「バーテンダー」の主題歌。大野くんの伸びのある声がとても心地よく響きます。

発売日:2011年2月23日

迷宮ラブソング

作詞:伊織
作曲:iiiSAK,Dyce Taylor
編曲:Trevor Ingram

櫻井くんが主演をつとめたドラマ「謎解きはディナーのあとで」の主題歌、 櫻井くん主演の映画「映画 謎解きはディナーのあとで」の主題歌にもなりました。
王子様感満載の嵐をじっくり楽しんでください。

発売日:2011年11月2日

ワイルド アット ハート

作詞:Soula
作曲:Chris Janey,Junior Jokinen
編曲:Trevor Ingram

松本くんが主演を務めるドラマ「ラッキーセブン」の主題歌になりました。この曲を作曲をしている「Chris Janey」さんは「Your Eyes」や「Endless Game」の作曲などもしています。
サビはみんなでできそうな振り付けです。

発売日:2012年3月7日

Face Down

作詞:eltvo
作曲:Albi Aibertsson,Royce.H,Vincent Stein,Konstantin Scherer
編曲:metropolitan digital clique,Vincent Stein,Konstantin Scherer

大野くんが主演をつとめたドラマ「鍵のかかった部屋」の主題歌。櫻井くんのラップ部分がとてもかっこいいですね。

発売日:2012年5月9日

Your Eyes

作詞:hs
作曲:Chris Janey,Max Grant
編曲:Tomoki Ishizuka

この曲の編曲をしている「Tomoki Ishizuka」さんは約40曲も嵐に楽曲提供をしています。相葉くんが主演をつとめたドラマ「三毛猫ホームズの推理」の主題歌です。

発売日:2012年6月6日

Calling

作詞:s-Tnk,eltvo
作曲:Andreas Johansson,youwhich
編曲:石塚知生

相葉くん主演のドラマ「ラストホープ」の主題歌。出だしのセリフをウィスパーでささやくところがファンにはたまりません。

発売日:2013年3月6日

Breathless

作詞:HYDRANT
作曲:Takuya Harada,Christofer Erixon,Joakim Bjornberg
編曲:佐々木博史

二宮くんが主演をつとめた映画「プラチナデータ」の主題歌になっています。後半にある二宮くんのソロ部分は二宮くんの魅力が満載で、コンサートでは悲鳴があがっていますね。

発売日:2013年3月6日

Endless Game

作詞:100+
作曲:Chris Janey,Dyce Taylor
編曲:2H,Chris Janey

櫻井くんが主演をつとめたドラマ「家族ゲーム」の主題歌。かっこいいダンスが特徴で、特に縦一列に並ぶ部分はそのまま保存しておきたいビジュアルです。

発売日:2013年5月29日

Bittersweet

作詞・作曲:100+
編曲:石塚知生

シングルでは初めて大野くんが全て振り付けをした曲。大野くんらしいコミカルな部分のダンスも必見!松本くんが主演をつとめたドラマ「失恋ショコラティエ」の主題歌です。

発売日:2013年2月12日

嵐のベストアルバム「5×20 All the BEST!!1999-2019」の感想・レビュー DISC4

GUTS!

作詞:eltvo,s-Tnk
作曲:SAKRA
編曲:石塚知生

二宮くんが主演をつとめたドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の主題歌になっています。2014年NHK紅白歌合戦の白組トリ曲にもなりました。
サビの振り付けは覚えたいですね。

発売日:2014年4月30日

誰も知らない

作詞:mfmsiQ,SQUAREF,John World,作田雅弥,
作曲:Takuya Harada,Joakim Bjornberg、Christofer Erixon,Bj Khan
編曲:佐々木博史、Bj Khan

大野くんが主演をつとめた金曜ナイトドラマ「死神くん」の主題歌で、第81回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でドラマソング賞を受賞しました。

発売日:2014年5月28日

Sakura

作詞・作曲:eltvo
編曲:佐々木博史
生田斗真くん・小栗旬さん主演 のドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」の主題歌になりました。嵐が出演していないドラマの主題歌を担当をするのはこの曲が初めてです。

発売日:2015年2月25日

青空の下、キミのとなり

作詞:wonder note,s-Tnk
作曲:Gigi,wonder note
編曲:metropolitan digital clique

相葉くんが主演をつとめたドラマ「ようこそ、わが家へ」の主題歌になり、第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞ドラマソング賞、第25回年間ドラマ大賞2015主題歌賞を受賞。

発売日:2015年5月13日

愛を叫べ

作詞・作曲:100+
編曲:100+、佐々木博史

リクルート「ゼクシィ」のCMソング。またサザンの桑田佳祐さんがこの曲を「曲もビーチボーイズみたいで素晴らしいが、いい曲を歌いこなすメンバーがすごい」と絶賛している曲でもあります。
PVはサプライズで結婚式に嵐が登場するという夢みたいな内容です。

発売日:2015年9月2日

復活LOVE

作詞:竹内まりや
作曲・編曲:山下達郎

発売される前の2月1日に30秒バージョンとフルバージョンが期間限定で独占配信。この曲は2013年の嵐のコンサートに、竹内まりやさんと山下達郎さんが見に来てくれた時、終演後に山下さんがライブを絶賛。こんなライブだったらイメージが湧くと言ってくれ、嵐のメンバーは即座に「書いてください!」とお願いしました。

PVには生田斗真くんが出演しています。

発売日:2016年2月24日

I seek

作詞:ASIL
作曲:AKJ&ASIL
編曲:石塚知生

大野くんが主演をつとめたドラマ「世界一難しい恋」の主題歌です。この曲を作詞しているASILさんは相葉くんのと二宮くんのユニット曲「UB」の作詞なども手掛けています。

発売日:2016年5月18日

Daylight

作詞:stereograph
作曲:Simon Janlov,aonder note
編曲:佐々木博史

松本くんが主演をつとめたドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」の主題歌で、松本くんが櫻井くんに「Rapを書いてほしい」と頼んだことがTwitterで話題になってことも!

発売日:2016年5月18日

Power of the Paradise

作詞:paddy
作曲:nobby
編曲:ha-j

「リオデジャネイロオリンピック 2016」のテーマソングになり、櫻井くんが番組のメインキャスターに。櫻井くんは2004年のアテネオリンピック、2008年北京オリンピック、2010年バンクーバーオリンピック、2012年ロンドンオリンピック、2014年ソチオリンピックの夏冬5大会、ソチオリンピックで6回目となりました。

発売日:2016年9月14日

I’ll be there

作詞:Goro.T
作曲:Fredrik”Figge”Bostrom,佐原康太
編曲:佐原康太、metropolitan digital clique

相葉くんが主演をつとめたドラマ「貴族探偵」の主題歌です。独特な振り付けが印象的な曲でもありますね。

発売日:2017年4月19日

つなぐ

作詞:paddy
作曲:Peter Nord,Kevin Borg
編曲:Peter Nord,佐々木博史

大野くんが主演をつとめた映画「忍びの国」の主題歌になり、振り付けは大野くんが担当しました。また、嵐のシングル曲で、平仮名のみなのは、2003年に発売された「とまどいながら」以来で、14年ぶり2作目になります。

発売日:2017年6月28日

Doors~勇気の軌跡~

作詞:RUCCA
作曲:Simon Janlov,Saw Arrow
編曲:吉岡たく

櫻井くんが主演をつとめたドラマ「先に生まれただけの僕」の主題歌になりました。この曲を作詞しているRUCCAさんは、嵐だけでなく、テゴマスやKAT-TUN、King&Princeなどにも楽曲提供をしています。

発売日:2017年11月8日

Find The Answer

作詞:HIKARI
作曲:7th Avenue,HIKARI
編曲:metropolitan digital clique
松本くんが主演をつとめた「99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II」の主題歌です。明るくキラキラ感のある曲。

発売日:2018年2月21日

夏疾風

作詞・作曲:北川悠仁
編曲:K project

「夏の高校野球」応援ソングやテレビ朝日系「熱闘甲子園」のテーマソングになっています。また、「ゆず」の北川悠仁さんが作詞・作曲。2018年12月5日に放送された「2018 FNS歌謡祭」ではゆずとのコラボレーションが話題にもなりました。

発売日:2018年7月25日

君のうた

作詞:ASIL
作曲:多田慎也、A.K.Janeway
編曲:佐々木博史

相葉くんが主演をつとめたドラマ「


」の主題歌になりました。この曲を作曲している多田慎也さんは「いつまでも」「トビラ」「マイガール」「風」「風の向こうへ」「Still…」などの作詞や作曲もしています。
多田さんの曲はどこかせつなくキュンとするメロディーが素敵ですね。

発売日:2018年10月24日

5×20

作詞:嵐
作曲:youth case
編曲:ha-j
Rap史:櫻井翔

デビュー20周年を迎えた嵐のメンバーが全員で作詞をした曲。10周年の時にも「5×10」をメンバーで作詞してくれましたよね。それから10年がたち、さらに深まった嵐の絆や感謝の気持ちが伝わってくる曲です。

嵐ベストアルバム「5×20 All the BEST!!1999-2019」ファンのみなさんの感想・レビュー

嵐ベストアルバム「5×20 All the BEST!!1999-2019」の感想・レビューをお届けしました

嵐ベストアルバム「5×20 All the BEST!!1999-2019」はもう手に入れましたか?予約開始直後になかなか手に入らなかったものの、たくさんの人に届けたい、価格以上で取引きされるのは避けたいという嵐の気持ちから少し遅れて手に入れることが可能となりましたね。
活動休止後、しばらく寂しくなってしまいますが、このベストアルバムを聞いて活動再開を待ちたいですね。

嵐のおすすめ記事

カテゴリの最新記事