嵐二宮和也くんのプロフィール!先輩に敬語を使わない理由は?などエピソードも大公開

嵐二宮和也くんのプロフィール!もう二宮くんの事を知り尽くしている人も多いとは思いますが、改めて二宮くんの入所理由やどんな性格?魅力溢れるエピソードやこんな作品に出演していたんだ!とわかる経歴などをまとめて大公開します。先輩に敬語を使わないことでも有名ですが、なぜ使わないのか?などのエピソードも踏まえながら嵐二宮和也くんのプロフィールをお届けします!

  • 2019.06.17
嵐二宮和也くんのプロフィール!先輩に敬語を使わない理由は?などエピソードも大公開

嵐二宮和也くんのプロフィールを徹底解剖!


永遠の17歳と言われている嵐の二宮和也くん。気が付けばもうすっかり大人。そんな二宮和也くんのプロフィールをご紹介します。
もう二宮くんの事を知り尽くしている人も多いとは思いますが、改めて二宮くんの入所理由やどんな性格?魅力溢れるエピソードやこんな作品に出演していたんだ!とわかる経歴などを振り返ってみましょう!

いくつかのエピソードも踏まえながら嵐二宮和也くんのプロフィールをお届けします!

嵐二宮和也くんの基本プロフィール


(出典:PhotoAC)
まずは基本プロフィールです。

  • 名前:二宮和也
  • 生年月日:1983年6月17日
  • 出身地:東京都
  • 身長:168cm
  • 血液型:A型
  • メンバーカラー:黄色
  • あだな:ニノ
  • 好きな食べ物:ハンバーグ

嵐二宮和也くんのプロフィール:入所理由や同期は?


(出典:PhotoAC)

野球少年だった嵐二宮和也くんが入所したのは1996年6月19日。中学生になったばかりの頃。
二宮くんのいとこが本人に内緒で履歴書をジャニーズ事務所に送りました。そして本人が知らないうちに書類審査が通り、オーディションに呼ばれることに!
しかしジャニーズのオーディション当日は野球の試合があり、もちろん興味のない二宮くんは全く行く気がありませんでした。しかし、そんな彼をオーディションに行かせるために二宮くんのお母さんは5000円のお小遣いと共に説得。当日は5000円のお小遣いをもらうためだけにオーディションに行ったんですね。

オーディションでは全く踊らずに突っ立ったまま。それを見たジャニーさんは「何で踊らないの?」と声をかけると二宮くんは「狭くて躍れないんだよ!」と一言。その一言がきっかけとなりジャニーズ事務所オーディションに合格。

二宮くんのそんな態度がジャニーさんは面白いと思ったようです。

二宮くんとの同期は?

1996年に入所した二宮和也くん。二宮くんとの同期はとにかく豪華な顔ぶれです!

  • 生田 斗真(2月)
  • 松本 潤(5月)
  • 相葉 雅紀(8月)
  • 山下 智久(9月)
  • 丸山 隆平(9月)
  • 横山 裕(12月)
  • 村上 信五(12月)

嵐二宮和也くんのプロフィール:経歴など


(出典:PhotoAC)

ジャニーズ事務所に入所したのが1996年。なんと翌年1997年には舞台「STAND BY ME」に初出演しています。

主な出演舞台歴

  • PLAYZONE ’96 RHYTHM(1996年)
  • STAND BY ME(1997年)
  • ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO(1997年)
  • シブヤから遠く離れて(2004年)
  • 理由なき反抗(2005年)
  • 見知らぬ乗客(2009年)

さらにその翌年には元旦特別企画・松本清張原作「天城越え」でテレビ初出演。その後俳優としての才能をどんどん発揮し話題となります。

ドラマ出演「主演」歴

主な映画出演歴

嵐二宮和也くんのプロフィール:魅力や性格がわかるエピソード


(出典:PhotoAC)

誰もが心を打たれる歌詞

二宮くんは作詞・作曲もこなしているのですが、どの曲もとてもキュンとする曲です。
2007年のアルバム「Time」に収録されている二宮和也くんのソロ曲「虹」。曲を聴いているだけではちょっと内容がわからなくなってしまうのですが、歌詞を見てみると「私」「きみ」「君」が登場します。
私の元彼が「きみ」。そして私は君と結婚するというような内容です。そして2012年に発売されたアルバム「Popcorn」のソロ曲「それはやっぱり君でした」は「虹」のアンサーソングとなっています。

「それはやっぱり君でした」の主人公は「虹」の「きみ」。そしてこの曲での「君」は彼女のことです。「虹」の「私」ですね。彼女(君)は亡くなってしまっていて、彼女への想いを歌っています。そしてこの「虹」「それはやっぱり君でした」の2曲を同時に聞くと最後のフレーズがいい感じに交差したりなど話題になりました。

先輩に敬語を使わない理由

先輩にもあまり敬語を使わないことでも知られている二宮くん。先輩と仲良くなりたいが敬語があると距離が縮まらないんだそうです。先輩に敬語を使わないことで賛否両論ありますが、実際二宮くんは先輩たちにとても可愛がられていますし、きちんと先輩に対しての礼儀正しさを持っています。
あるテレビではタメ口で鶴瓶さんと話していましたが、乾杯をする場面ではきちんとグラスを鶴瓶さんより下にしていました。目上の人には自分のグラスを下にするのはマナーなんですよね。

映画「母と暮せば」で共演した吉永小百合さんは二宮くんについて「これだけ礼儀正しく、きちっとしていると嬉しくなります」と話していました。二宮くんはただ敬語を使わないのではなくきちんと考えているのですね。

嵐思い

二宮和也くんにとっての嵐。

嵐の嫌われ役は俺がやる。
嵐が嫌われるなら、いじめに慣れてる
俺が嫌われ役になる。

という名言は有名ですよね。そしてコンサートやラジオなどでもたくさんの嵐愛を語っています。二宮くんの場合切々と語るのではなく、さらりと言えてしまうんですよね。
例えばラジオでは最近夜寝るのが早くなったという二宮くん。
0時を過ぎることはあまりないが、嵐のメンバーの誕生日は0時超えたらお祝いの連絡をする為に頑張って起きているんだとか。

コンサートの挨拶では嵐の休止活動について「二宮くんは俳優があるじゃない」と言われ「どの口が言ってるんだとその人の連絡先を削除した」という話もしていました。

嵐二宮和也くんのプロフィールをお届けしました!

嵐の二宮和也くんの基本プロフィールから,ジャニーズ入所理由、経歴、二宮くんの魅力や性格がわかるエピソードなどをお届けしました。アイドルとしてだけではなく俳優業では第39回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を受賞したり、第68回紅白歌合戦白組の司会を務めるなど幅広く活動している二宮くん。これから、多彩な才能を持っている二宮くんから目が離せませんね!

嵐メンバープロフィールまとめ

二宮和也くん関連記事

カテゴリの最新記事