【三浦先生ありがとう】Sexy Zone(セクゾ)と作詞家・三浦徳子さんの歩みを感謝の気持ちとともに

セクゾを語る上では“トンチキソング”が欠かせませんし、セクゾのトンチキソングと語る上では、作詞家・三浦徳子さんの存在を欠かすことができません。三浦さんの作詞曲をきっかけとして、セクゾのファンになった方もたくさんいらっしゃると思います。そのくらいセクゾとの親和性が抜群で、三浦さんの紡ぐ言葉が煌びやかに輝いていました。今回は、三浦徳子さんへの「ありがとう」の気持ちをたくさん込めて、楽曲とともに思いを紡いでいきたいと思います。

【三浦先生ありがとう】Sexy Zone(セクゾ)と作詞家・三浦徳子さんの歩みを感謝の気持ちとともに

作詞家・三浦徳子さんにセクラバより「ありがとう」を込めて

2023年11月6日に作詞家・三浦徳子さんが亡くなられました。心よりご冥福をお祈りいたします。

「我らが三浦徳子さん」と叫びたくなるくらい、Sexy Zone(セクゾ)になくてはならない存在。セクゾを応援してきた筆者にとっても、素敵な楽曲との出会いがたくさんありました。

セクゾを語る上ではトンチキソングが欠かせませんし、セクゾのトンチキソングと語る上では、作詞家・三浦徳子さんの存在を欠かすことができません。

三浦さんの作詞曲をきっかけとして、セクゾのファンになった方もたくさんいらっしゃると思います。そのくらいセクゾとの親和性が抜群で、セクゾのメンバーも三浦さんの紡ぐ言葉も煌びやかに輝きを放っていました。

今回は、三浦徳子さんへの「ありがとう」の気持ちをたくさん込めて、楽曲とともに思いを紡いでいきたいと思います。

created by Rinker
Top J Records
¥800 (2024/07/24 19:46:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Top J Records
¥800 (2024/07/24 05:45:22時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Top J Records
¥700 (2024/07/24 13:36:17時点 Amazon調べ-詳細)

セクゾに欠かせない三浦徳子さんの存在


(画像:PhotoAC)

デビューシングル『Sexy Zone』→2ndシングル『Lady ダイヤモンド』と王道アイドル路線を進んできたなかで、突如として現れた3rdシングル『Sexy Summerに雪が降る』(セクサマ)

初めてタイトルを見た時に「夏なの?」「冬なの?」と思ってしまったのは筆者だけではないはず。サンタクロースの衣装に身を包んだ5人が、夏も冬もステージに立ちました。

リリースが秋ということでさらに混乱してしまいましたが、この「?」が大渋滞を起こしている状態こそ、トンチキ沼にハマる第一歩だったなぁと感じています。

3rdシングル『Sexy Summerに雪が降る』が三浦徳子さんとの出会いとなり、そこからセクゾには欠かすことのできない大切な大切な作詞家さんとなったんですよね。

三浦徳子さん作詞のセクゾシングル曲

楽曲名
3rdシングル『Sexy Summerに雪が降る』
6thシングル『King & Queen & Joker』
7thシングル『男 never give up』

シングル曲では、『King & Queen & Joker』(KQJ)と『男 never give up』(男ネバ)の作詞も担当されています。当時は格差問題がクローズアップされた時期でもあって、ファンとしては色んな思いが渦巻いている真っ只中でもありました。

当時、そこまで考える余裕があったかと言われると、あまり自信がありません。ただ、色んな要素から「5人なら大丈夫」という気持ちを必死に拾い集めていくなかで、三浦さんが紡ぐ言葉からも、たくさん背中を押してもらったなぁと今は感じています。

三浦徳子さん作詞のセクゾカップリング曲

楽曲名 収録シングル
『シーサイド・ラブ』 9thシングル『Cha-Cha-Cha チャンピオン』通常盤、初回限定盤A~C収録
『Make my day』 10thシングル『カラフル Eyes』通常版、初回限定盤A~C、Sexy Zone Shop盤収録
『君らしくない一日をボクと』 13thシングル『ROCK THA TOWN』初回限定盤A収録

三浦先生が作詞を手がけたカップリング曲にも、素敵な楽曲がたくさんあります。

9thシングル『Cha-Cha-Cha チャンピオン』に収録されている『シーサイド・ラブ』は、セクゾの爽やかさやキラキラ感が詰まった楽曲。セクゾの爽やかな楽曲=当時は「可愛らしさ」がセットになっているような印象もありました。ただ、この曲は爽やかさ×大人っぽさが融合していて、当時は新鮮な印象もあったかもしれません。

『Make my day』は、中島健人くん主演の映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」主題歌。ケンティーが「MV撮りたいんだよね」と語っていた楽曲でもあります。

そして、『君らしくない一日をボクと』もカップリングの名曲です。アップテンポで明るいのに、どこか切ない雰囲気がたまりません。個人的には、歌詞をじっくりと味わいながら聴きたい楽曲です。

トンチキの考え方や定義って様々だと思いますが、本来の意味とは違う、本来の意味では語れない魅力がたくさんあることに気づかされました。とにかく、トンチキというのは最高の褒め言葉であり、辞書的な意味よりももっともっと広がりがあるようなイメージなんですよね。

セクゾ×トンチキソングは中毒性があって、何度も何度も「また聴きたい!」という気持ちになります。トンチキは、いつしか彼らになくてはならない大切な構成要素になりました。

三浦先生は「セクゾらしさ」を描き出してくださったすごい方だと強く強く感じています。三浦さんの言葉とセクゾの融合が楽しくて仕方なくて、次はどんな楽曲と出会えるのだろうというワクワクが止まらなかったことを覚えています。


created by Rinker
Top J Records
¥1,652 (2024/07/24 06:42:50時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
ポニーキャニオン
¥94 (2024/07/25 00:08:20時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Top J Records
¥998 (2024/07/24 10:13:25時点 Amazon調べ-詳細)

三浦徳子さんへの「ありがとう」の気持ち


(画像:PhotoAC)

★三浦徳子さん作詞のセクゾアルバム曲

楽曲名 収録アルバム
『今日はありがとう』 1st「one Sexy Zone」
『ぶつかっちゃうよ』 2nd「Sexy Second」
『Hey you!』 3rd「Sexy Power3」
『Easy come! Easy go! Easy love!』 4th「Welcome to Sexy Zone」
『プンププンプン』 5th「XYZ=repainting」
『恋がはじまるよーー!!!』 6th「PAGES」
『Tokyo Hipster』 7th「POP × STEP!?」

こうして並べてみると、1stアルバムから7thアルバムまで、三浦徳子さんの作詞曲が収録され続けていたことが分かると思います。

セクゾのファーストアルバムに収録されている『今日はありがとう』は、歌詞がすごく綺麗でたくさんの方に聴いていただきたい楽曲です。

筆者は『今日はありがとう』という曲に出会ってから、「ありがとう」をもっと口に出そうと思うことが多くなりました。自分にとって大切な人、自分を支えてくれる人、自分を見守ってくれる人……色んな方々に対する「ありがとう」の気持ちを、挨拶をするような感じで自然と口に出せるようになりたいなと思ったんです。

「正しさより優しさ」が座右の銘の筆者にとっては、もっともっと優しい人になるために、優しさを理解するために「ありがとう」を口に出すことが大事なのかもしれないと思った記憶もあります。三浦さんが歌詞に込めた言葉をケンティーが届けてくれて、そう気づかせてもらったんですよね。

『ぶつかっちゃうよ』は、トンチキソングの本格的なアルバム進出、その始まりを告げるような楽曲。ケンティーが冒頭のセリフを「あぶないぜ」→「好きだ、バカ」に変えてしまったことで、トンチキがさらに加速した感じもあるでしょうか。セクセカ魂での車の演出が印象的で、ショッキングピンクの衣装も大好きです。

ただ、『ぶつかっちゃうよ』から本格的なアルバムトンチキ路線がスタートしたなんて言いつつ、『今日はありがとう』も、歌詞を味わうほどになかなかのトンチキなのでは……という結論に達してしまいます。

セクパワ3では、唯一の5人によるアルバム曲でもあった『Hey you!』。「5人だから」という理由を差し置いても、当時からおそらくセクゾには欠かすことのできないトンチキソングの代表とも言える楽曲だったと思います。

前作の『ぶつかっちゃうよ』とは(この時点で)アルバムトンチキソングの2トップとして君臨していた印象でもあるでしょうか。トンチキソングが増えていくなかでも、5人やJr.たちが踊り狂う姿、わちゃわちゃしている光景が印象に残っている方は多かったはずです。

『Hey you!』の歌詞にあるように、楽しそうな5人の姿を見ただけで、「どうだっていいさ」「気にしてもしょうがない」という前向きな気持ちになれてしまうんですよね。先ほどお話しした格差問題とも関わりますが、当時は特に救われた方も多かったと思います。

ちなみに、曲の後半に出てくる「キミ=ハンバーガー」「ボク=スイーツ」という組み合わせですが、普通であれば逆のような気がしますよね。実は、もともと「キミ=スイーツ」「ボク=ハンバーガー」の予定だったそうですが、それでは面白みに欠ける、もっとクセのある楽曲にしたいという思いから、フレーズの入れ替えが行われたそう。トンチキソングならではのこだわりが凝縮されている楽曲でもあります。

『Hey you!』はSTAGE魂も最高ですし、2015年5月13日の少クラで『スキすぎて』『ぶつかっちゃうよ』とともに披露されたトンチキメドレーも印象的。『Hey you!』の後半は5人もジュニアもとにかくぶっ飛んでいます。

セクゾのオノマトペ祭り&チェリーパイもアップルパイもレモンパイも光ってしまう『Easy come! Easy go! Easy love!』は、セクゾのなかでもトップクラスのトンチキソング。5人がハットを被って披露する2016年7月6日の少クラもおすすめしたいです。

リペ魂とペジ魂で披露された『プンププンプン』、小学生コスプレが話題となったペジ魂の『恋がはじまるよーー!!!』も彼らの魅力がギュギュっと詰まっているんですよね。絶対に忘れらない楽曲がたくさんあって、三浦さんの作詞曲がこれからもたくさんの方に愛されてほしいなと思わずにはいられません。

三浦先生×セクゾのトンチキ集大成『Tokyo Hipster』

郷ひろみさんの『お嫁サンバ』や松田聖子さんの『青い珊瑚礁』をはじめ、本当に数多くの有名な曲を手がけてきた三浦徳子さん。そうしたなかで、セクゾのアルバム曲にも存在感抜群の楽曲がたくさんあることが分かると思います。

7thアルバム「POP × STEP!?」に収録されている『Tokyo Hipster』は、アルバムリリース当初に「セーラームーンっぽい」なんてお話しされている方がいらっしゃいました。どこか懐かしさを感じる、アニメのような、歌謡曲のような雰囲気がクセになるんですよね。

筆者はこの曲でセクゾのトンチキ曲に対するイメージが変わりました。『Tokyo Hipster』は、「色んなトンチキ曲に触れた後で、ここに着地してほしい」と感じてしまう楽曲と言えばいいでしょうか。「セクゾ×トンチキ曲」の集大成と言っても過言ではないほど、とにかく三浦節の凄み、セクゾの凄みを感じられる楽曲だと思っています。

トンチキを極めるとこうなるのかと思わずにはいられなかったんですよね。三浦徳子さんの言葉に何度も触れてきたはずなのに、スケールの大きい壮大な言葉たちに圧倒されるような感覚がありました。

もっともっと「三浦先生×セクゾ」の世界を見たかったからこそ、これが最後になってしまったことは、すごく残念で寂しいです。ただ、「セクゾの集大成」と感じた当時のことを思い返した時に、セクラバとしてはすごく誇らしくなって、「ありがとう」の気持ちが溢れ出してきました。本当に素敵な楽曲ばかりですが、その終着点が『Tokyo Hipster』ということに壮大な意味を見出したくなります。

三浦さんの楽曲は、何度も聴いているうちにすごく深いなぁ~と感じることも多いんですよね。忘れかけていたもの、見えなかったものにハッと気づかされるような感覚と言えばいいでしょうか。トンチキに気を取られてしまいがちですが、大切なメッセージが込められていたり、背中を押してもらったり……歌詞の世界観を解釈する楽しさもまた魅力だと思います。

セクラバさんの「ありがとう」の気持ちを集めていくなかでも、本当にたくさんの愛に溢れていました。

セクゾを応援するなかで、三浦先生との出会いから大切なものをたくさん教えていただいたような感覚でもあります。自分の人生も美しい言葉で彩っていただいたような感覚です。

とにかく悲しいし寂しいですが、たくさんの「ありがとう」の気持ちを込めて、これからもずっとずっと三浦徳子さんの楽曲を聴き続けます。本当に本当にありがとうございました。

Sexy Zoneおすすめグッズ

created by Rinker
Top J Records
¥800 (2024/07/24 19:46:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Top J Records
¥800 (2024/07/24 05:45:22時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Top J Records
¥700 (2024/07/24 13:36:17時点 Amazon調べ-詳細)

Sexy Zone関連記事はこちら

Sexy Zone(セクゾ)中島健人くんと菊池風磨くんの「ふまけん」は不仲の過去が!? 8.25事件やセクシー素数についても!

Sexy Zone セクシーゾーンライブツアー2023 決定!日程・会場・申し込み・当落・グッズ・レポまとめ

【セクゾカウコンレポ】2022-2023 ジャニーズカウントダウンコンサート Sexy Zoneレポまとめ

【祝デビュー10周年】Sexy Zone(セクゾ)のプロフィールや歴史を総まとめ! コンサート・シングル・アルバムもおさらい【初心者セクラバさんも必見】

Sexy Zone(セクゾ)カテゴリの最新記事