【微笑みの貴公子】なにわ男子・長尾謙杜プロフィールまとめ!なにわのケンティーワールドへようこそ♪

なにわ男子のマンネとして、安心・安全な笑顔を届けてくれる長尾謙杜くん。そのギャップや独特の世界観に惹かれ、知れば知るほどやみつきになってしまうこと間違いありません。今回は、なにわ男子・長尾謙杜くんのプロフィールを徹底解剖。入所理由や経歴はもちろん、様々なエピソードを交えながら、泣き顔・笑顔・長尾くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

【微笑みの貴公子】なにわ男子・長尾謙杜プロフィールまとめ!なにわのケンティーワールドへようこそ♪

なにわ男子・長尾謙杜くんのプロフィール・魅力が知りたい!

なにわ男子のマンネとして、安心・安全な笑顔を届けてくれる長尾謙杜くん。彼が醸し出す独特の世界観は、知れば知るほどやみつきになってしまうこと間違いありません。

今回は、なにわ男子・長尾謙杜くんのプロフィールを徹底解剖。入所理由や経歴はもちろん、様々なエピソードを交えながら、泣き顔・笑顔・長尾くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

なにわ男子・長尾謙杜くんのプロフィール


(画像:PhotoAC)
まずは、長尾謙杜くんの基本プロフィールを見ていきましょう!

  • 長尾謙杜(ながお けんと)
  • 誕生日:2002年8月15日
  • 出身地:大阪府
  • 血液型:B型
  • 入所日:2014年11月23日
  • 身長:166cm
  • メンバーカラー:黄色
  • 同期:高橋恭平・道枝駿佑(なにわ男子)、守屋周斗
  • 尊敬する先輩:生田斗真

長尾謙杜くんちょこっとMEMO

・上杉謙信が名前の由来
・タピオカ大好き(週5でタピオカ巡り)
・特技は「みっちー(道枝駿佑)のことを腹立たせることができる」
・裏表がない(by本人)→機嫌悪いのすぐ分かる(by高橋恭平)
・意外とやんちゃ&毒舌(by西畑大吾)
・毛をとるコロコロを持ち歩くのがこだわり
・ジャニーズになっていなければ、水族館の飼育員になっていた(ペンギンが好き)

入所理由は?

2014年11月23日に、ジャニーズ事務所へ入所した長尾謙杜くん。小さい頃から「舞台やテレビにいっぱい出たい」という思いを持っていたそうで、母親と相談し、自分で(謙杜くん自身は「家族で」という表現を用いることもあります)履歴書を送ったと言います。

尊敬する先輩に、ジャニーズきっての演技派・生田斗真くんを挙げていることからも、ドラマや舞台に対する思いの強さを感じますよね。

2019年4月~6月に放送されたドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日テレ系)では、レギュラーとして連ドラ初出演を果たし、さらなる活躍が期待されています。



尊敬する先輩・生田斗真くんとのエピソード

前述の通り、生田斗真くんに憧れている謙杜くん。初めて生で会った時の衝撃はものすごかったらしく、キラッキラな斗真くんの姿に触れて「なんか飛んでいる感じ」→「周りにハチミツが飛んでいる感じ」→「ハチが飛んでいる感じ」と、けんけん節炸裂な“三段活用”で表現していたこともありましたね。

また、斗真くんの出演する舞台にも熱心に足を運んでおり、「憧れているんです!」と本人に伝えることもできたのだそう。それに対し、「君変わってるね~」と返答してくれたという斗真くん。日誌でも名前を出してくれたそうで、謙杜くんは「一生の自慢」と語っていたこともありました。

謙杜くんは、斗真くんのヒロイン役(がいいと、はじめは言っていましたが)…ではなく、生田斗真先生のもとで生徒役として共演したいとも語っていましたね。その夢が現実となりますように…!

長尾謙杜にとっての同期・みっちー(道枝駿佑)の存在


(画像:PhotoAC)

長尾謙杜くんの同期には、同じく「なにわ男子」として活動する高橋恭平くんや道枝駿佑くん、A.B.C-Zに憧れている(+個人的には「天ぷらうどんコール」のイメージが強い)守屋周斗くんがいます。長尾謙杜くん・高橋恭平くん・道枝駿佑くんは「信号ブラザーズ」や「トリオ」として認知されている方も多いかもしれませんね。

同期のなかでも、やはり「道長/みちなが(道枝&長尾)」の話題なくして、「長尾謙杜」を語れない部分って大きいような気がしています。同期の2人は同い年でもあり、同じ高校に通い、シンメとして切磋琢磨してきた関係でもあります。

運命的なめぐり逢い

謙杜くんは、ジャニーズに入る前、いくつかの事務所に所属していたと語っていたことがありました。他の事務所からの誘いがあったなかで、それを断ってジャニーズを選んだというエピソードもあるんですよね。

一方のみっちーも、子どもの頃はよくスカウトされていたと言います。ただ、親も本人もジャニーズに入る気満々だったそうで、全て断っていたんですよね。そういった部分にも、どこか共通するものがあるような気がします。

シンメやコンビには、やはり運命的なものを感じる瞬間って多いような気がするんですが、道長もまた、色んな偶然(いや、必然なのかもしれませんが)が重なって、運命的なめぐり逢いを果たしたシンメ・コンビと言えるのかもしれません。

喧嘩の日々を乗り越えて

入所当時、2人は小学6年生。昔は、些細なこと、意見のぶつかり合いなどなど…とにかく喧嘩することが多かったと言います。かつての「少年たち」では、公演の半分ほど、喧嘩→リセット→喧嘩…を繰り返していたというエピソードがあるほどです。ただ、そうしたものを重ねていくなかで、何でも話し合える・言い合える関係になったと語っているんですよね。

共通点が多い一方で、性格をはじめ、正反対な部分も注目されがちな2人。喧嘩を重ねていくなかで息が合うようになり、お互いが「こういう時に、こういうことを思っている」と言葉を交わさずとも分かるようになってきたんですよね。

喧嘩が絶えない=決して仲が悪いとか、相性が悪いわけではない…2人を見ていると、そう感じる瞬間って多い気がします。「離れて分かる大切さ」という言葉があるように、みっちーがいない現場では、謙杜くんが寂しさや不安を口にしていたことがありました。

「言い合い」がもはや「日課」のようになっていたという謙杜くん。そんな彼にとって、みっちーとの言い合いやぶつかり合いは、マイナスというよりも、プラスの要素を帯びているような気がするんですよね。切磋琢磨できる関係性だからこそ、喧嘩を通じて、お互いがお互いを高め合っているような印象でもあります。

みっちーを「安心できる存在」と語っていたことがある謙杜くん。言い合える・ぶつかり合える存在がそばにいることが、彼の安心感につながっている部分もあるのかもしれません。もちろん、みっちーがそばにいなくても、思いを馳せながら、プラスの力に変えられる強さも持っています。

以前ほど喧嘩はしなくなったという2人ですが、なにわ名物「道長ゲンカ」という言葉があるように、そうした距離感・関係性が、2人にとっては「ちょうどいい」のかもしれません。どんな些細な喧嘩も、周りに「しょーもない」と言われてしまうような喧嘩も、道長にとっては何かしらの意味があるような気がしています。

誰彼構わず喧嘩をするわけではなく、道長でしか喧嘩が起きないことを考えても、やっぱり2人にとっての喧嘩って特別なのかもしれませんね。

かけがえのない存在

言い合える・ぶつかり合える関係とお話ししましたが、2人で披露する曲、そこでのエピソードに目を向けると、少し見え方が変わってくるような気もします。

「以前は、僕の意見に(長尾が)合わせてくれていた」

みっちーは、そう語っていたことがありました。少しずつ謙杜くんも意見を言う(言える)ようになっていったこと、そうした変化に対して「嬉しかった」とみっちーが語っていることなどを知ると、道長の今の関係性に「アツさ」や「エモさ」をより強く感じられるかもしれません。

かつての道長、そこから少しずつ進化・深化していく2人の関係性に目を向けただけでも、お互いにとってかけがえのない存在であることがよ~く分かります。

「今の自分がいるのは、長尾/みっちーのおかげ」とお互いが照れずに感謝し合える関係…それが道長なのです。

2人は、日テレ系ドラマ『母になる』のオーディションにも参加しています。そこでみっちーが合格したことは、ドラマや舞台に出たい!という思いで入所した謙杜くんにとっても大きな刺激になったんですよね。『俺スカ』で、レギュラーとして連ドラ初出演を果たすこととなりますが、みっちーが一緒ということは、謙杜くんにとっても心強かったはず。思えば、『俺スカ』出演が決まった際のコメントでも、「みっちーがいることで、一人で出るより安心感がある」と語っていましたね。エピソードを知れば知るほど、やっぱり、みっちーの存在って大きいんだなと感じずにはいられません。

ここからは恭平くんとのエピソードを…と行きたいんですが、終わりが見えなくなりそうなので、今回は泣く泣く割愛させていただきます。

お兄ちゃんのように慕う謙杜くんと、弟のように可愛がる恭平くんの関係性もまた、微笑ましいんですよね。機会があれば、またご紹介したいと思います。

“みちきょへ”のプロフィールはこちら!

なにわ男子・長尾謙杜くんの魅力とは?


(画像:PhotoAC)

長尾謙杜くんの沼にハマっていくきっかけは様々だと思いますが、数ある魅力に共通するのは「人を惹きつける佇まい」なのかなと思っています。

うまく言葉にできないけれど、思わずクセになってしまう…そんな独特の雰囲気を纏っていると言えばいいでしょうか。いい意味で「えっ、こんな子だったの?」と裏切られるような奥深さがあるんですよね。

それが現在進行形で量産されていくから、「長尾謙杜」という名の沼は相当に深いんです。謎が深まるからどんどん気になるんです。思えば、突如登場した「先生」というあだ名も謎に包まれたまま…。とにもかくにも、人をやみつきにさせる“何か”がこの沼には確実に潜んでいます。

筆者も、見た目だけでは分からないもの・見えてこないものの多さに、圧倒されるような感覚がありました。「天然」とはまた一味違う独特の世界観を持っていて、どんどん気になって、どんどん好きになってしまう…そんなファンの方も多いのではないでしょうか。なにわ男子メンバーをはじめ、周りから「意外と○○」という言葉がよく出てくる理由も、何となく分かる気がします。

発言・行動に見る長尾謙杜の魅力

「微笑みの貴公子」と表現されるように、優しく柔らかで、上品な雰囲気を纏っている謙杜くん。笑う時に、グーにした手を口元に持ってくる仕草・癖が「まさに貴族」という声も聞こえてきます。ステージ上で魅せるターンなども、貴公子の雰囲気に溢れていることがあります。

ただ、彼の発言や行動に一度触れると、それまでのイメージは覆されるはず。彼の口から「Foooooooooo!!」という言葉が飛び出すことは、初見ではなかなか想像できないんですよね。「微笑みの貴公子」という表現がある一方で、「微笑みの毒舌王子」と紹介されることもあります。

画面越しでもヤバいですが、現場で生の長尾謙杜を見たらもうおしまい…という噂も絶えません。「現場落ち」が長尾謙杜の代名詞になりつつあります。どうやらファンだけでなく、ジャニーズメンバーをも落としてしまう破壊力があるようです。

想像の斜め上を行く言動・行動をはじめ、ギャップの塊でしかない謙杜くん。最終的には、全てをひっくるめて「愛しいだよ」という感情にたどり着きます。

せっかくなので、なにわのケンティーワールド全開な、言動・行動をいくつかご紹介してみます。

・1人で何かをしゃべっていることがあるらしく、Aぇ!groupの草間リチャード敬太くんが心配し、「どうした?」と声をかけることが多くなる。
・「バボー!」(=めっちゃ最高・嬉しい・やったーといった意味)という言葉を学校で生み出し、関西Jr.でも流行させてしまう。本人曰く、自分が考えたのではなく「自然的に現れた」「自然と降ってきた」らしい。

・寝ている人を大声で起こし、雑学を披露する
(例)「おい!みっちー!みっちー!みっちー!みっちー!みっちー!」「何?」「電柱の中身って空洞らしいで」

・まいジャニで西畑くんがみっちーの話題で「新幹線」というワードを出す→謙杜くんが「新幹線」という言葉に反応→隣にいた恭平くんの耳元で「新幹線のな、ABCのな…」と雑学を囁きだす→満足げな顔が映る

・バラエティ出演時に年齢を聞かれる→放送日を考慮し「16(歳)だと思います」と返答

・笑い方はクックパッド

・どんなに短距離であっても高校球児ばりにダッシュで移動

・雑誌の対談中、鼻にワサビをつけてしまい大騒ぎ→みっちー「こういうところがイヤ!」

・雑誌の対談で「ピー(笛ラムネを吹いている)」という謎のテキストが登場する

・突然カメラに背を向け、後ろにいた高橋恭平くんにお辞儀をしだす

なかなかの「愛しいだよ」状態です。まだまだご紹介したいエピソードはたくさんあるんですが、今回はこの辺で…。ちなみに、個人的にはロールプレイングゲーム主人公風の謙杜くんも好きだったりします。

番外編:長尾家のクリスマス

謙杜くん自身の言動や行動ではありませんが、長尾家のクリスマスエピソードも破壊力抜群です。

2018年長尾問題

もう一つご紹介したいのが、2018年に起きた「長尾問題」。普段は連絡事項のやり取り程度で、あまり動くことのない関西Jr.のグループメールがあるのだそう。そのグループメールに、ある日の朝、謙杜くんから突然メールが届いたと言います。

そこには、『人生って何だろう』というタイトルで、ノートにたくさんの文字が書いてある画像が貼り付けてあったんですよね。「なぜ今が大切なのか?」というテーマをはじめ、箇条書きで濃い内容のけっこうなことが書いてあったそうで、最終的には、社会問題まで考えるような構成になっていたと言います。

西畑くんは「長尾ちょっとヤバいんかな?」と思ったそうで、向井康二くんも『長尾どうしたん?』と送ったのだそう。室龍太くんは、「(謙杜くんが)ボケたんかな?」と思い、みっちーは「家庭科やん!」という謎のツッコミを入れ、最終的にはグループにいるマネージャーさんまでもがツッコミを入れてしまう展開に。

はじめは様子見だったメンバーですが、最終的にはグループメールが久々に盛り上がりを見せる展開となったようです。

謙杜くんによれば、友達に送るつもりだったものを間違って送ってしまったのだそう。メンバーは「人生についてちゃんと考えました?」といった面白い返しを期待していたようですが、謙杜くんは「あーすみませんでした!」と普通に謝って、長尾問題は終結となったようです。ただ、メンバーにも突き刺さるような内容だったらしく、大西流星くんは「いい機会をもらった」とも語っていました。

この後もう少し掘り下げたいと思うんですが、こうした熱い部分もまた、謙杜くんの魅力と言えるかもしれません。

内に秘めた熱い想い

謙杜くんについて、大西くんは「一番若いけど、意外と芯を持ってる」と語っていたことがあります。

思えば、まいジャニ初登場時には、手を骨折していたため、特技のスケートボードを披露できず、ショータイムにも出演できなかったんですよね。そこで、片手でできるけん玉を特技にしようと練習するところも、謙杜くんらしい発想と言えるかもしれません。

ダンス未経験なことに加え、骨折してしまったことにより「出遅れた」という感覚があったという謙杜くん。ただ、「一人でも練習していた」とみっちーが語っているように、私たちの見えないところで、たくさん頑張ってきたんですよね。

入所当時は、ステージでぴょんぴょんと跳ねる様子が可愛らしくもありましたが、そこから今に至るまでのダンスの成長に目を向けただけでも、相当努力を重ねてきたことがうかがえます。怪我をしても笑顔で乗り切る姿は、まさに彼が掲げる「一笑懸命」という言葉を体現しているエピソードと言えるかもしれません。

見た目はおっとりしているような印象でもありますが、内にはメラメラと燃えるものがあるんだなと感じる瞬間って多い気がします。内側に秘めたものが見えてくると、謙杜くん自身が「獅子座のB型」であることと、何かこう結びつくような感覚もあります。

大西くんが語るように「ブレない芯」を持っていて、掲げた目標を強い意志で確実に形にしようとする…最年少とは思えない頼もしさがあるんですよね。怒ってもらえることを「優しさ」や「愛情」と受け止めて、自身のパワーに変えられる点も、謙杜くんの強さなのかもしれません。

最年少の謙虚さを見せつつも、ファンが安心して「ついていきたい!」と思えてしまう…そんな飾らないまっすぐな言葉を、まっすぐ届けてくれるんですよね。笑顔の裏に、いい意味での恐ろしさ、無限大の可能性を秘めているからこそ、目が離せないんですよね。

なにわ男子のマンネ・長尾謙杜くんから目が離せない!

この記事だけで、長尾謙杜をコンプリートすることは、やはり難しいですね。ただ、一つでも多く、彼の魅力が伝われば嬉しいです。

安心・安全の笑顔を届ける謙杜くんですが、応援しているとハラハラする瞬間もあります。ワクワクドキドキさせられる瞬間もあります。そうした部分があるからこそ、「もっと知りたい」「もっと応援したい」という気持ちがより強くなるような感覚もあります。

知れば知るほどやみつきになる、てっぺんに向かって邁進する謙杜くんから目が離せません!

なにわ男子おすすめグッズはこちら!



なにわ男子関連のおすすめ記事

関西ジャニーズJr.カテゴリの最新記事