【金曜日の狂犬】7MEN侍・佐々木大光プロフィール紹介!ドラムやダンスだけでは語れない最年少の魅力とは?【裏起毛くん】

7 MEN 侍の最年少として、抜群の存在感を誇る佐々木大光くん。彼の魅力はドラムやダンスだけではありません。金曜日の狂犬と表現される一面はもちろん、知れば知るほど大光くんが好きになること間違いなし!今回は、7 MEN 侍・佐々木大光くんのプロフィールや魅力について、入所理由や経歴などを交えながらご紹介していきます。

【金曜日の狂犬】7MEN侍・佐々木大光プロフィール紹介!ドラムやダンスだけでは語れない最年少の魅力とは?【裏起毛くん】

7 MEN 侍・佐々木大光くんのプロフィール・魅力とは?


(出典:Pixabayより)

7 MEN 侍の最年少として、たくさんの魅力を輝かせている佐々木大光くん。ドラムやダンスのイメージが強いかもしれませんが、知れば知るほど人を惹きつける魅力をたくさん秘めていることに気づかされるんですよね。

今回は、そんな7 MEN 侍・佐々木大光くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴のほか、作間龍斗くんとの“さくたい”をはじめとした様々なエピソードを通じて、大光くんの魅力をご紹介していきます。

7 MEN 侍・佐々木大光くんのプロフィール!


(画像:PhotoAC)

まずは、7 MEN 侍・佐々木大光くんの基本プロフィールについて見ていきましょう。

名前 佐々木大光(ささき たいこう)
誕生日 2002年5月20日
出身地 東京都
血液型 B型
身長 175cm
メンバーカラー
兄弟 兄(6歳上)、姉(3歳上)
尊敬する先輩 佐藤勝利(Sexy Zone)、髙橋海人・岸優太(King & Prince)

入所理由は?

2015年5月、中学1年生の時にジャニーズ事務所へ入所した佐々木大光くん。5歳からダンスをやっていたそうで、キッズダンスコンテストで優勝した経験も持っているんですよね。

そんな大光くんが小学生の頃、ダンスコンテストで「かっこいいなぁ」と思いながら見ていた子…それが、入所前の髙橋海人くん(現King & Prince)でした。海人くんも幼少期からダンスの経験があり、ジャニーズ入所前から全国大会優勝やSMAPの5大ドームツアーにバックダンサーとして参加した経歴を持っているんですよね。

そんな海人くんに憧れを抱いていたという大光くん。ダンスコンテストで有名人だった海人くんが、ザ少年俱楽部(少クラ)でソロを歌っている姿を見て「ジャニーズになりたい」という思いを抱き、自らジャニーズへ履歴書を送っています。

海人くんは2013年7月24日入所、翌月には少クラ初登場を果たし、12月にはソロパートを歌っているんですよね。大光くんをジャニーズへ突き動かしたのは、憧れの存在である海人くんのめまぐるしい飛躍があったからこそとも言えるかもしれません。

同期メンバーは?

大光くんの同期には、ラウールくん(Snow Man)、髙橋優斗くん(HiHi Jets)、岩﨑大昇くん(美 少年)、黒田光輝くん(少年忍者)、大関荷風くん、末武幸紘くん、菅井優哉くん、矢後敦海くん、横原悠毅くんなどがいます。

入所の具体的な日にちについてはメンバーによって曖昧な部分もありますが、5月2日という認識が強い印象でもあります。いずれにしても、ほぼ同時期の入所=同期(2015年5月入所組)と考えることができそうです。オーディション曲については、ラウールくんや大昇くんなどがA.B.C-Zの『ずっとLOVE』だったと話しています。

7MEN侍・佐々木大光くんの魅力~パフォーマンス編


(出典:Pixabayより)

ファンを魅了するドラム

大光くんと言えば、やはり「ドラム」のイメージが強いかもしれません。何と、3歳からドラムをやっていたそうで、オーディションではSexy Zoneの『Cha-Cha-Cha チャンピオン』に合わせてドラム演奏を披露したというエピソードもあります。お姉ちゃんがピアノを習っていたそうで、「発表会でドラムとアンサンブルしたい」という理由で大光くんはドラムを始めたんですよね。

入所当時、ジャニーさんからは「YOUはドラムができるんだからユニットを組まなきゃ」と言ってもらったそうで、初ステージとなった「A.B.C-Z Early summer concert」ではドラムを叩いています。入所から1か月経たないうちに、13歳になりたての大光くんがドラムを叩いていると考えただけでも、いかにすごいかが分かりますよね。大光くんは、このステージがきっかけとなって、佐々木大光=ドラムのイメージがついたと語っていたことがありました。

同じく7 MEN 侍のメンバーである中村嶺亜くんは、大光くんが正確なリズム感を持っていて、自分たちも弾きやすいと話していたことがありました。ちなみに、思い出のジャニーズソングには、嵐の『マイガール』を挙げていた大光くん。憧れの先輩・髙橋海人くんのバックで初めてドラムを叩いた曲で、強く印象に残っているようです。

高い表現力が光るダンス

初ステージで「佐々木大光=ドラムのイメージがついた」と話していた大光くんですが、もちろんドラムだけではないんですよね。5歳からやっていたというダンスもまた、その高い表現力で多くのファンを魅了しています。自身のセールスポイントであるドラムとダンス、その両方を見てほしいと語っていたこともありました。

ステージでのパフォーマンスに触れて、ドラムはもちろん、彼のダンスに心を奪われたというファンの方もきっと多いはず。サマパラ特別公演をきっかけに「ダンスもできるんだな」と知ってもらえたと本人は感じていたようです。憧れの存在である海人くんを追いかけてジャニーズとなり、海人くんのダンス選抜メンバーに選ばれたことも何かこうドラマチックですよね。

振付を担当することも多く、なかでも『Why?』はファンならば必ずチェックしておきたい1曲と言えるかもしれません。振付はもちろんですが、やはり大光くんの大きな魅力であるパフォーマンスに注目。このあとご紹介する「金曜日の狂犬」とのギャップにやられてしまうこと間違いなしです。

7MEN侍・佐々木大光くんの魅力~キャラクター編


(画像:PhotoAC)

キス魔&金曜日の狂犬

中村嶺亜くんと「ダウンタウンDX」に出演した際には、スキンシップが激しく、キス魔であることが話題となった大光くん。メンバーにとどまらず、色んな人のファーストキスを奪っているようで、同期の髙橋優斗くんも「ほっぺとか手にチューしてくる」なんて話していたこともありました。

ダウンタウンDXでも“バリボリに”爪痕を残した大光くん。YouTubeでも、大きなリアクションを取り、体を張り、変顔をし、ボケまくり……本当に存在感抜群で、「金曜日の狂犬」と呼ばれている理由も納得なんですよね。個人的には、「迷子の子どもに何と声をかけるか?」という問いに「Shall we dance?」と答えてしまう発想力も好きだったりします。それでいて、鳥が嫌いすぎて泣いてしまうような、可愛らしい一面も持っているんですよね。

全体的にぶっ飛んでいるイメージがあるからこそ、パフォーマンス中とのギャップに心惹かれるファンの方も多いような気がします。あの表情の切り替わりを見ただけでも、ドキッとしてしまう方がいるのではないでしょうか。大げさかもしれませんが、「えっ、同じ人なの?」なんて思ってしまうくらい振り幅がすごいんですよね。ジャニーズはギャップの宝庫だと思うんですが、そのなかでもすさまじいギャップを持っているのが大光くんと言えるかもしれません。

“気にしい”な性格

大光くんを語る上では、やはり内面的な魅力も欠かせません。YouTubeなんかを見ていると、どうしてもぶっ飛んでいるイメージが先行しがちですが、実はものすごく繊細で気にしいな性格なんですよね。嶺亜くんにそんな一面をバラされて、「営業妨害」なんて言っていたこともありました。

大光くんのダンスを語る際によく使われる「繊細さ」「力強さ」という言葉。これは、内面的な部分にも共通するのかなと感じることがあります。

“さくたい”の関係性

大光くんとは“さくたい”として親しまれている作間龍斗くん(現HiHi Jets)も、「大光はメンタルがめっちゃ弱い」と話していたことがありました。1年ほどシンメとして活動していた2人ですが、作間くんのHiHi Jets加入によって自然消滅する形になったんですよね。

ファンのなかには「ステージでもふざける大光くん」「ステージでもちゃんとやる作間くん」というイメージもあったようで、一部では「仲良くしないでほしい」という声があったのだそう。それを知った大光くんは、ステージ上で作間くんに近づかなくなったと言います。

そんな変化を感じ取った作間くん。一緒にシンメとして頑張ってきた仲間として、誰かに何かを言われたぐらいで関係性が変わることはない。2人がどういう関係性なのか伝えられない分、どうしてもイメージで見られてしまう部分がある。だけど、大光くんが本当は真面目だということを知っているし、そんなことで関係性を崩されたくない。だから気にする必要もないし、距離を置く必要もない。そんなまっすぐな思いを、大切な人である大光くんに伝えていたことがありました。

思えば、大光くんとの関係性について「もはや家族」と表現していたこともありました。何も気にしなくていい関係がそうした表現につながっているようですが、先ほどのエピソードに触れると、「もはや家族」という言葉には、それ以上の深い意味があるような気がするんですよね。

大光くんも、作間くん=俺も頑張らなくちゃと思わせてくれる人と話していたことがありました。“さくたいフォーエバー”な話をしだすとキリがないので泣く泣く割愛しますが、ファンが思う以上に、本当に固い絆で結ばれているんだと感じずにはいられません。

佐々木大光くんにとっての7 MEN 侍

同期である髙橋優斗くん、岩﨑大昇くんとは、もともと「Classmate J」としてともに活動していた大光くん。その後、大光くんはNoisy guys→無所→7 MEN 侍という歩みをたどっていきますが、同期の2人は先にHiHi Jets、美 少年に加入し、それぞれ新たな道へ進んでいったんですよね。

加えて、シンメとして歩んできた作間龍斗くんもHiHi Jetsへ加入が決まり、「辞めようと思った」と話していたこともありました。どこか「置いてけぼり」にされたような気持ちになり、辛かったと振り返っているんですよね。

ただ、7 MEN 侍ができ、その一員となったことで、希望を持つことができたと話しています。最年少でありながら、グループを引っ張っていきたい、もっともっと大きくしていきたいという思いが滲み出ていますよね。本当に7 MEN 侍や7 MEN 侍のメンバーが大好きなんだなと思う瞬間がたくさんあります。

そうした思いの強さは、これまで様々な辛さを味わってきて、グループにいられることのありがたみを人一倍感じているからこそなのかもしれません。これまでも、そしてこれからも、熱く優しい思いを胸に抱えながら、たくさんの魅力を輝かせてくれるはずです。

おすすめグッズはこちら!


created by Rinker
¥18 (2020/06/06 17:41:40時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
音楽と人
¥1,780 (2020/06/06 17:41:41時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ記事はこちら!

7men侍カテゴリの最新記事