【魔法の言葉】King&Prince(キンプリ)岩橋玄樹くんに寄り添う感動エピソード集!メンバー・ティアラとの絆は無限大【大丈夫】

2020年5月23日にデビュー2周年を迎えたKing&Prince(キンプリ)。当日は、岩橋玄樹くんを感じられるハッシュタグに溢れていました。現在休養中の玄樹くんですが、キンプリに関わる方々の温かさや優しさに触れるたびに、本当に愛されているなぁということを感じずにはいられません。今回は、玄樹くんに寄り添う感動エピソードを厳選してご紹介していきます。

【魔法の言葉】King&Prince(キンプリ)岩橋玄樹くんに寄り添う感動エピソード集!メンバー・ティアラとの絆は無限大【大丈夫】

キンプリ岩橋玄樹くんにまつわる感動エピソード


2020年5月23日にデビュー2周年を迎えたKing&Prince(キンプリ)。当日のTwitterは「#キンプリデビュー2周年おめでとう」をはじめ、キンプリ関連のトレンドに溢れていましたね。

「#岸くんの谷間」も破壊力抜群なんですが、「#岩橋玄樹」や玄樹くんが命名した「#シンデレラガールデー」のトレンド入りに、嬉しさが込み上げてきたファンの方も多いのではないでしょうか。

玄樹くんが名付け親で、私たちファンの愛称である「ティアラ」「オスティアラ」も、5月26日に2歳のお誕生日を迎えました。

デビュー1周年の時には、神宮寺くん→玄樹くんへ宛てたメールも話題になりましたね。あえていつも通りの連絡をしたという神宮寺くんの優しさ、そこに込められた温かい想いが深く印象に残っているファンの方も多いかもしれません。

現在は休養中の玄樹くんですが、そうしたなかでも玄樹くんを感じられる場面・瞬間があります。それは、決して特別なことではないのかもしれません。ただ、休養中であってもごく当たり前に自然と発信されるからこそ、ファンにとっては特別なものとして刻まれているような気がします。

メンバーやファン、スタッフさんなど、キンプリに関わる方々の温かさや優しさに触れるたびに、玄樹くんは本当に愛されているなぁということを感じるんですよね。

もちろん、「もっともっとたくさん発信されてほしい」と思っている方がいらっしゃるかもしれません。不足気味で寂しさを感じている方もいらっしゃるかもしれません。ファンにはどうしようもないことがあって、分からないこともあって……行き場のない思いがグルグルと渦巻いている方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、どんなに小さくてもいいから、幸せだなぁと感じる瞬間を積み重ねていけたらいいのかなと思っています。そのなかで「玄樹くんっていいな」「キンプリっていいな」「ファンで良かったな」という、当たり前だけど大切な思いを改めて強く認識できたらいいのかなと思っています。

今回は、玄樹くんに寄り添う、玄樹くんを感じられる感動エピソードを厳選してご紹介。この記事を通じて、人の温もりや優しさを感じていただけたら嬉しいです!

キンプリ岩橋玄樹くん×感動エピソード~メンバー・スタッフの温もり


(画像:PhotoAC)

2020年2月13日放送の『King & Prince 永瀬廉のRadioGARDEN(庭ラジ)』。1月23日に誕生日を迎えた廉くんが、メンバーからのお祝いメールについてエピソードトークをする場面がありました。

そのなかで、玄樹くんの話題が飛び出したんですよね。「玄樹や、一番早かったの!」「あいつ12時ちょうどに来てびっくりした」と廉くんが話したことで、安心したファンの方も多いかもしれません。

2019年末の紅白歌合戦出場時には、神宮寺くんが「まだ連絡は取っていない」と話していたことで、玄樹くんの近況を気にしていた方も多いはず。そうしたなかでの庭ラジ、なおかついつものようにトークが展開され、玄樹くんの話題が飛び出したことも、嬉しさを倍増させる要因だったような気がします。

思えば、2019年の紅白衣装について「角度によってピンクに見える」と紫耀くんが話し、海人くんが「玄樹くんを感じてほしい」と話していたこともありましたね。

挙げていけばキリがありませんが、玄樹くんを感じられる瞬間、そこにあるメンバーの優しさや温かさを感じる瞬間が至るところに散りばめられています。

キンプリ岩橋玄樹くん×感動エピソード~楽曲との関わり


(画像:PhotoAC)

神宮寺勇太くんの願いが形に

King & Prince(キンプリ)の5thシングル『Mazy Night』。発売日が再延期となりましたが、その分、手にしたときの喜びは大きなものとなりそうですね。
⇒6月10日にリリースされ、オリコンデイリーランキング初日1位発進となりました!!

メンバーカラーのドットを濃いピンクで繋げていく「MAZY 迷路」も、6人を強く感じられる要素が散りばめられていました。

クールさに溢れる『Mazy Night』はもちろんですが、筆者が個人的に気になっているのが初回限定盤Bに収録されている『今君に伝えたいこと』という楽曲。

作詞・作曲を、C&KのKEENさんが担当されていることも話題となりました。C&Kが好きだというジャニーズって、けっこう多い印象があります。

神宮寺くんもその一人で、TOKYO FMで会った時にはファンのように話しかけてしまったというエピソードもあるんですよね。そこからお互いのライブを見に行くなどの交流もあり、一緒に食事へ行った時に「いつかバラードを書いてください」と神宮寺くんがお願いしたのだそう。

その願いが『今君に伝えたいこと』という楽曲で叶うこととなりました。C&Kのバラード『みかんハート』や『Y』が好きな神宮寺くんも、きっと計り知れないほどの喜びだったに違いありません。

『今君に伝えたいこと』のパート割

キンプリのバラードって、本当に心にしみるんですよね。『今君に伝えたいこと』もまた、歌詞やメロディー、そこに乗せられるメンバーのまっすぐな歌声が印象的な楽曲です。

そして、この曲で話題になったのがパート割。冒頭から、海人くん→岸くん→神宮寺くん→紫耀くん→廉くんとリレーされていくパート割ですが、廉くんのパートだけ長いんですよね。「2人分を歌っているのかな…?」と感じるようなパート割になっています。

パート割って奥が深いですよね。誰がどのパートを担当していて、そこにはどんなメッセージが込められているのかを考えてみると、また違った世界が広がるのかもしれません。メンバーと歌唱部分の歌詞を重ね合わせてみると、パート割には意味や想いが込められているのかなと感じる瞬間が多くあります。

デビューシングル『シンデレラガール』のほか、この後ご紹介する『Memorial』や『King & Prince,Queen & Princess』などの玄樹くんパートに目を向けてみても、そんなことを強く感じるんですよね。

『今君に伝えたいこと』のパート割はあくまで推測ではありますが、玄樹くんを思うメンバーやスタッフの優しさ・温かさを知っているからこそ、「ここに玄樹くんパートがあるのかな」なんて考えてしまうのかもしれません。

『宙(SORA)』から受け取るメッセージ

キンプリのバラードと言えば、『宙(SORA)』が大好きという方も多いのではないでしょうか。

少年収に向けてメンバーで「次、何歌う?」となった時に、「『宙(SORA)』で!」って言ってしまうほど、岸くんが大好きな曲としても知られています。メンバーはもちろんですが、この曲が好き・ハマっているというJr.も多いんですよね。

少クラのステージは、本当に何度も見てしまうほど魅力的。先ほどご紹介した「メンバーのまっすぐな歌声」を存分に楽しめるステージの一つだと思います。聞くだけで安心感を得られるような、優しく温かな雰囲気に溢れているんですよね。

作者・作曲を担当された田鹿ゆういちさんは、Twitterのなかで玄樹くん対してメッセージを発信されていたことがありました。

このメッセージに触れると、また違った視点で楽曲を見つめられるような気がします。

歌詞そのものの主題・テーマは違うところにあるのかもしれませんが、“あるフレーズ”だったり、“楽曲からにじみ出る雰囲気”だったり……どこかに玄樹くんを感じたり、玄樹くんと重ね合わせたり、玄樹くんに思いを馳せたりできるような気がします。

created by Rinker
¥1,386 (2020/09/27 03:07:23時点 Amazon調べ-詳細)

玄樹くんへの想いが詰まった『マホロバ』

玄樹くんへ向けた楽曲と言えば、『マホロバ』を欠かすわけにはいきません。ジャニーさんから、玄樹くんを元気づける曲を書いてほしいとお願いされ、ナオトインティライミさんが作詞・作曲を手がけられた楽曲として知られています。

古語である「マホロバ」=「素敵な場所」「素晴らしい場所」という意味を持つように、キンプリが単なるグループ名ではなく、心の拠り所=マホロバになっているとナオトインティライミさんはお話しされていました。

キンプリという家にいつでも帰ってこられる、そんな素敵な居場所であることを表現した上で、2番では玄樹くんへ向けたメンバーの思いやエール、メッセージを強く意識した歌詞が散りばめられています。

あまり感情が表に出ないと言う神宮寺くんが、この楽曲に触れて涙を流したというエピソードがあるように、メンバーはもちろん、ファンも共感できる部分って多いような気がします。

『Memorial』に見る玄樹くんの想い

何となくですが、キンプリ2枚目のシングル『Memorial』=岩橋玄樹くんというイメージを強く持ってしまうのは、筆者だけでしょうか。個人的には「うたコン」(2018年10月9日放送)のステージが大好きで、何度もリピートしながら6人のパフォーマンスに元気をもらっています。

玄樹くんは『Memorial』について、恋愛ソングではあるけれど「誰が聴くか」「どんなタイミングで聴くか」によって、元気や勇気を与える曲にもなるのかな…と話していたことがありました。

玄樹くんパートの歌詞とも連動していますが、ありふれている出来事や、見過ごしてしまうような小さな幸せ…それが決して当たり前ではないことを、ティアラの方々に伝えられる曲だとも話していたんですよね。

先ほどご紹介した『宙(SORA)』も切なさを感じる一方で、寂しさや不安に寄り添ってもらったり、温かく柔らかな歌詞に励まされたりする方も多いのではないでしょうか。『マホロバ』のように、直接的なメッセージとして受け取れる楽曲はもちろんですが、直接的なメッセージがなくとも、キンプリの楽曲って色んな捉え方・感じ方ができるんですよね。

もちろん、キンプリの曲に限ったことではないかもしれません。文章とは違って、短いフレーズのなかに思いを凝縮させているからこそ、受け取る人が色んな解釈をできるのが楽曲の魅力だと思います。

ただ、そこにメンバーの表現力が合わさることで、より色んな人・シチュエーションに寄り添ってくれるような気がするんですよね。『宙(SORA)』に関しても、単に切なく歌っているのではなく、そこに温かさや柔らかさ、力強さを感じられるような気がします。

メンバーの個性と連動するように、キンプリの楽曲は声の色や温度のバランスが絶妙なんです。楽曲の魅力的な世界観×6人の多彩な表現力があるからこそ、私たちの目の前に奥深い世界が広がっていくような気がします。

次ページからの記事後半では、玄樹くんが「アメリカのお父さん」と語るJoey Carbone(ジョーイ・カーボーン)さんとのエピソード、『Prince Princess』『King & Prince,Queen & Princess』と玄樹くんとの関わり、魔法の言葉「大丈夫」にまつわるエピソードや想いなどをたっぷりとご紹介していきます。

キンプリ(King&Prince)カテゴリの最新記事