【笑顔と感謝】宇宙Six松本幸大プロフィールまとめ!嵐・相葉雅紀とのエピソードもご紹介♪

宇宙Sixのリーダーとして、大きな幸せを届けている松本幸大くん。彼の歩み、そのなかで抱いてきた思いに目を向けると、本当に様々な発見があります。今回は、宇宙Six松本幸大くんのプロフィールや魅力について、入所理由や経歴、嵐・相葉雅紀くんとのエピソードなどを交えながらご紹介していきます。

【笑顔と感謝】宇宙Six松本幸大プロフィールまとめ!嵐・相葉雅紀とのエピソードもご紹介♪

宇宙Six松本幸大くんのプロフィール・魅力とは?


(画像:PhotoAC)
宇宙Sixのリーダーとして、大きな幸せを届けている松本幸大くん。「色んなことがあった」と振り返る彼の歩み、そのなかで抱いてきた思いに目を向けると、本当に様々なことに気づかされます。

今回は、そんな宇宙Six松本幸大くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴はもちろん、彼の人柄が見えてくるエピソード、兄貴と慕う嵐・相葉雅紀くんとのエピソードなどを通じて、幸大くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

宇宙Six松本幸大くんのプロフィール!


(画像:PhotoAC)

まずは、宇宙Six松本幸大くんの基本プロフィールについて見ていきましょう。

名前 松本 幸大(まつもと こうた)
誕生日 1989年1月13日
出身地 東京都
血液型 A型
身長 173cm
メンバーカラー
尊敬する先輩 嵐、中居正広
入所日 2003年4月12日
・“こうだい”ではなく“こうた”
・中学1年生で英検準2級取得
・仮面ライダーが大好き(趣味:仮面ライダー)
・中学時代、生徒会の役員をやっていた
・特技はサッカーと水泳
・字がとてもきれい。アート系(絵を描くこと)も得意
・胸板が厚い(衣装のパツパツが話題になりがち)
・長所も短所もマイペース。「ザA型」な性格

入所理由と入所時のエピソード

2003年4月12日、中学3年生の時にジャニーズ事務所へ入所した松本幸大くん。父親の仕事の関係で、小学5年生から中学1年生まで香港に住んでいたんですよね。

その時にKinKi KidsやV6の香港でのコンサートを見たことがあったそうで、幸大くんは「かっこいいなぁ」「自分もやってみたいなぁ」という気持ちを持っていたと言います。日本に戻ってから、親が事務所へ履歴書を送ったそうで、幸大くんはオーディションへ参加することとなります。

オーディションの3日後には、ジャニーさんから電話が来たのだそう。ちょうどサッカーの試合中だったそうですが、ジャニーさんからの電話が来たことを知らせるために、途中で交代させられたというエピソードもあるんですよね。

「サッカー選手になりたい」という夢を持って、サッカーに打ち込んでいたという幸大くん。ここからジャニーズとしての歩みがスタートすることとなります。

同期メンバーは?

オーディションには8人しかいなかったと語っていた幸大くん。同日入所(2003年4月12日)のメンバーはいませんが、1日違い(4月13日入所)のKis-My-Ft2千賀健永くんとは、ほぼ同期と考えられています。

年単位で見ると、2003年入所のメンバーには、幸大くん初単独主演舞台「どれミゼラブル!」で共演した室龍太くんもいるんですよね。

2003年入所のおもなメンバー

中間淳太(ジャニーズWEST) 2月10日
千賀健永(Kis-My-Ft2) 4月13日
有岡大貴(Hey! Say! JUMP) 6月2日
知念侑李(Hey! Say! JUMP) 6月2日
室龍太 10月28日

宇宙Six松本幸大くんのおもな経歴・歩み


(画像:PhotoAC)

ジャニーズ入所後は、現Hey! Say! JUMPの伊野尾慧くん、現キスマイの二階堂高嗣くん、玉森裕太くんとともに「mint」に所属していたこともありました。小さい頃は、玉森くんとシンメだったとテレビで話していたこともありましたね。現MADEの秋山大河くんや稲葉光くんらとともに、「いけこたいな」に所属していたこともあります。

2006年からは「M.A.D.」の一員として活動。幸大くんの加入当時は14人でしたが、メンバーの退所やユニットの再編成などを経て、2011年には「MAD」として4人での活動がスタートします。

しかし、「PLAYZONE(プレゾン)」に出演し、「4人で頑張っていこう」という決意を新たにしたものの、新たにメンバーが脱退。最終的に2人組のユニットとして活動をしていましたが、その相方も退所したことにより、幸大くんはソロで活動することとなります。

そうした経緯を経て、1年間は1人で活動をしていたという幸大くん。色んなことがあったジャニーズとしての歩みのなかでも、一番しんどい時期だったと振り返っています。

created by Rinker
¥8,153 (2020/07/13 19:27:14時点 楽天市場調べ-詳細)

嵐兄さんの存在

1年間の仕事全てが嵐のツアーだったこともあるほど、長らく嵐のバックダンサーとしてツアーに帯同していた幸大くん。1人になってしまった状況のなかで、「もうバックにはつけないかな…」という思いを抱いていたんですよね。

しかし、またツアーに呼んでもらい、嵐のメンバーの優しさに触れるなかで、前向きな気持ちを持つことができたと振り返っています。

なかでも、幸大くんを「前向きな気持ち」にさせてくれたのが、松本潤くんの存在。潤くんは、MADとして活躍するのか、あるいは松本幸大として活動するのかを問いかけてくれたのだそう。

そこで、「松本幸大として活動したい」という思いを打ち明けると、ジャニーさんに伝えるよう背中を押してくれたんですよね。コンサートのなかでは、潤くんが「松本幸大withジャニーズJr.」と紹介してくれたそうで、嵐兄さんの存在に救われたと本人も振り返っています。

created by Rinker
¥5,407 (2020/07/13 20:47:05時点 楽天市場調べ-詳細)

辞めてもいいかなと思った瞬間

しかし、優しさに救われたものの、やはり1人での活動に対する辛さが変わることはありませんでした。ともに活動してきたメンバーが、グループとして仕事をしている状況。そうしたものに悔しさをにじませつつ、あらゆるもの・ことに対して、マイナス思考になってしまう自分がいたと語っているんですよね。

ジャニーズJr.として色んなことを経験し、いろんなことを味わってきた幸大くん。ここまで頑張ってこれた理由、今でも頑張れている理由として「ジャニーズが大好きだから」と話すことも多いですが、この時は限界を感じ、「そろそろ辞めてもいいかな」という思いを抱いていたと言います。

まっすぐな思い、宇宙Sixの誕生

ただ、辞める前にジャニーさんへ自分の思いをしっかり伝えたいという気持ちがあったのだそう。1人が寂しいという正直な思い、どこかのグループに入れてほしいor新たなグループを作ってほしいというまっすぐな思いをジャニーさんに伝えたことで、「宇宙Six」というグループが誕生したんですよね。

ジャニーさんに直談判してダメだったら、辞めようと決意していたという幸大くん。そのエピソードに触れると、「グループに入れてほしい」「新たなグループを作ってほしい」という希望を実現させるため…というよりも、まずは「自分の思いだけでもしっかり伝えたい」という気持ちが強かったのだと分かります。ただ、そうした決意を持って伝えた思いだからこそ、幸大くんの思いが、ジャニーさんにより強くまっすぐ届いたと言えるのかもしれません。

ジャニーさんにまっすぐな思いを届けたからこそ、宇宙Sixというグループ、そして宇宙Sixとして活躍する幸大くんの「今」があるんですよね。

宇宙Six松本幸大くんの魅力とは?


(画像:PhotoAC)

松本幸大くんの魅力は、挙げていけばキリがありません。ルックスはもちろん、ウインクやうさ耳、ダブルピース、破壊力抜群のファンサ、歌唱力、胸板、字の美しさなどなど…知れば知るほど、様々な魅力に気づかされていきます。

ファンのみんながいる限りは「モテ期」だと語り、「俺の彼女(=ファンの子たち)が来ている」と公演で発言するなど、ラブホリ王子・中島健人くんに負けないほどキラッキラのアイドルな一面も、ファンを虜にする魅力なんですよね。

そして、数ある魅力のなかでも、特にご紹介したいのが「感謝」という言葉と「笑顔」。「感謝」は、幸大くんが大切にしている言葉なんですよね。

「感謝」と「笑顔」

好きな言葉に「感謝!!」という言葉を挙げ、メッセージなどでも「感謝」という言葉を絶えず発信する幸大くん。名前が示すように、ファンに大きな幸せを届けてくれる幸大くんですが、そうした幸せを強く感じられるのは、「感謝」の心を持ち続けているからなのかもしれません。

色んなモノ・コトに感謝し、幸せを感じる…そんな幸大くんと幸せを共有しているような、分かち合っているような感覚なのかもしれません。心のゆとりを感じたり、絶えず成長していく姿もまた、「感謝」という言葉と連動しているような気がします。

また、「100万ドルの笑顔」を特技として挙げている幸大くん。あの笑顔を見ているだけで、大きな幸せを感じるというファンの方も多いのではないでしょうか。優しさが滲み出るような、安心感を得られるような、そんな感覚でもあります。

「100万ドル」という表現では足りないですよね。「感謝」という言葉や「笑顔」などに触れると、ずっと変わることのない魅力に気づかされます。

宇宙Six松本幸大くん×嵐・相葉雅紀くんのエピソード

先輩とのエピソードも豊富な幸大くん。彼を語る上では、「兄貴」と呼んでいる嵐・相葉雅紀くんの存在を欠かすことができません。

週3で会っていると語っていたことがあったり、「パワースポットは?」という問いに、「兄貴(=相葉くん)の家」と答えていたこともありました。「宇宙Six」ができた時も、相葉くんにメールで報告→「おめでとう。頑張れよ」と返信をもらったのだそう。好きな食べ物に「相葉くん家で食べるもつ鍋」と答えていたり、相葉くんの家でお誕生日のお祝いをしたりと、心温まるエピソードがたくさんあるんですよね。

相葉くんのお誕生日と言えば、2019年12月24日の「5×20」では、幸大くんが「おめでとうございます」と伝えていたなんてレポも話題になっていましたね。

相葉くんはもちろんですが、KAT-TUN上田竜也くんをはじめ、先輩とのほっこりエピソードが多い幸大くん。先ほどご紹介した魅力とも関わる部分だと思いますが、にじみ出る人柄に大きな魅力があるからこそ、こうした温かなエピソードに溢れているのかもしれません。

宇宙Six松本幸大くんの活躍から目が離せない!

中学3年生の入所以降、様々な経験を重ねてきた松本幸大くん。30代になり、初となる舞台単独主演を務めるなど、個人としても、そして宇宙Sixのリーダーとしても、さらなる活躍が期待されています。

「経験してなんぼの人生」という言葉は、ジャニーズに人生を捧げてきたからこそ、そして大好きなジャニーズという世界でこれからも輝き続ける決意があるからこそ、より重みのある言葉となって、私たちファンに響いてきます。

「感謝」の気持ちを忘れずに、大きな幸せを届けてくれる幸大くんから目が離せません!

こちらのグッズもおすすめ

Dance SQUARE (ダンススクエア) Vol.30 【表紙&巻頭】 宇宙Six[本/雑誌] (単行本・ムック) / マガジンハウス

Dance SQUARE (ダンススクエア) vol.26 【表紙】 松村北斗、森本慎太郎、岩本照、阿部亮平、宮近海斗、七五三掛龍也、江田剛、松本幸大、稲葉光、冨岡健翔 (HINODE MOOK)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 日之出出版

宇宙Sixのおすすめ記事

宇宙Sixカテゴリの最新記事