【すべてが国宝級】Sexy Zone(セクゾ)佐藤勝利くんのプロフィールまとめ!言葉やまなざしの奥にある魅力を熱く語ってみた♪

Sexy Zone(セクゾ)メンバーとして、たくさんの笑顔を運んでくれる佐藤勝利くん。外見的な魅力がクローズアップされがちですが、国宝級なのは顔面だけではありません。今回は、セクゾ佐藤勝利くんのプロフィールや入所理由、経歴などを交えつつ、彼が紡ぐ“言葉”や、彼の“まなざし”にスポットを当てて、勝利くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

【すべてが国宝級】Sexy Zone(セクゾ)佐藤勝利くんのプロフィールまとめ!言葉やまなざしの奥にある魅力を熱く語ってみた♪

Sexy Zone(セクゾ)佐藤勝利くんのプロフィール・魅力が知りたい!

Sexy Zone(セクゾ)メンバーとして、たくさんの幸せを運んでくれる佐藤勝利くん。端正なルックスをはじめ、外見的な魅力がクローズアップされがちですが、国宝級なのは顔面だけではありません。内面も含め、そのすべてが国宝級に美しいんです。

今回は勝利くんが紡ぐ“言葉”や、彼の“まなざし”にスポットを当てながら、筆者が何よりもご紹介したい勝利くんの魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

プロフィールや入所理由、経歴などを交えつつ、勝利くんの魅力がもっともっとたくさんの方に届いてほしい!という思いを込めて頑張ります。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥440 (2022/12/07 23:40:00時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
鹿砦社
¥1,100 (2022/12/07 12:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

Sexy Zone(セクゾ)佐藤勝利くんの基本プロフィール


(画像:PhotoAC)

まずは、Sexy Zone佐藤勝利くんのプロフィール、入所理由、入所までの歩みなどをご紹介していきます!

名前 佐藤 勝利(さとう しょうり)
誕生日(生年月日) 1996年10月30日
出身地 東京都
血液型 A型
身長 171cm
きょうだい 姉(9歳上)、兄(7歳上)、兄(5歳上)
入所日/入所時の年齢 2010年10月30日/14歳
同期 神宮寺勇太(King & Prince)、目黒蓮(Snow Man)、宮近海斗・中村海人・松倉海斗(Travis Japan)、原嘉孝、根岸葵海、今村隼人
メンバーカラー

入所理由は?

2010年10月30日、中学2年生の時にジャニーズ事務所へ入所した佐藤勝利くん。14歳のお誕生日が入所日でもあります。勝利くんの入所の理由には「スカウト」と「親子丼」という2つのキーワード、そして母親の存在が大きく関わっているんですよね。

親に勧められてジャニーズへ応募したという勝利くん。そのきっかけとなったのが、スーパーでのスカウトでした。中学1年生の頃に2度ほどスカウトされたことがあったそうで、そこから親にジャニーズへの応募を勧められるという流れだったようです。

ちなみに、3度目のスカウトを受ける→さすがに親がビックリする→応募を勧められるといった話があったりもします。また、SZ10TH名古屋公演の挨拶では、表参道にラジコン買いに行く→スカウトされる→オーディションを受ける決意をするといった話が勝利くんから語られたこともありました。

こうした話をまとめていくと、勝利くんは入所前からとにかくスカウトされていたんだということが分かると思います。ジャニーズ事務所へ入所してからも、一人で買い物をしている時にスカウトされたことがあったそう。その時は「ごめんなさい」と言って逃げたなんて本人が話していたことがありました。

このほかにも、海の家でやきそばを焼いていたお兄ちゃんに「YOU、ジャニーズ入っちゃいなよ」と冗談で言われたなんてエピソードもあります。ジャニーさんはやきそばを作るのが上手いという噂があったため、そのお兄ちゃん=ジャニーさんだったかも……なんて勝利くんは話していました。

親子丼につられて

お誕生日パーティーとオーディション日が重なっていたことで、勝利くんは当初オーディションへ行くのを嫌がっていたそう。しかし、母親に「親子丼を食べさせてあげる」と言われ、オーディションへ行くことになりました。

親子丼には目がない勝利くん。「親子丼につられて」という入所理由はファンの間では有名な話かもしれません。

ちなみに……
オーディションの時は「親子丼」でしたが、菊池風磨くんの情報によると、Sexy Zoneのデビュー前日にはゲン担ぎで「カツ丼」を食べていたそう。勝利くんは風磨くんに対して「なんで知ってるの!」なんて驚きつつ、ちょっと嬉しそうな様子でもありましたね。“はいはいさときく案件”なのでした。

他のメンバーのプロフィール記事でもご紹介してきましたが、Sexy Zoneは色んな運命が重なってできたグループと言えるかもしれません。

健人くんがオーディションではなく陸上大会を選んでいたら
風磨くんの家のFAXが壊れたままだったら
聡くんが小学5年生の時にオーディションへ呼ばれていたら
マリウスくんがドイツで税関に無理やり止められていたら

あの時、違う選択をしていたら……という出来事がそれぞれのメンバーにあるんですよね。このあとの見出しでご紹介したいと思いますが、勝利くんも色んな「運命」を感じるエピソードが重なって、ジャニーズという道を歩み出しています。

勝利くんの心を動かすような食べ物がなければ
勝利くんが食べ物につられていなかったら

そんなことを考えていくと、親子丼もまた、ファンにとっては感謝してもしきれない大切な存在であることは言うまでもありません。

Sexy Zone(セクゾ)佐藤勝利くんの入所までの経緯


(画像:Pixabay)

入所前の不思議な出来事

もともと芸能界に興味がなかった……いや、今も芸能界に興味があるわけではなく、Sexy Zoneにしか興味がないと話す勝利くんですが、小学6年生の時にちょっと不思議な体験をしているんですよね。通学路を歩いていたある日、中華料理屋さんの前で“ある思い”が舞い降りてきます。

「俺、芸能界に入れるな……」

なぜそうした思いが出てきたか本人も分からないようですが、地元で一番の有名人になれるだろうという思いがふと込み上げてきたそう。その出来事と連動するように、小学校の行事で10年後の自分へメッセージを綴った時には「テレビをつけてごらん、俺が映ってるぜ」と書いているんですよね。

勝利くんがこのメッセージ綴った10年後は2018年。Sexy Zoneが「24時間テレビ」でメインパーソナリティを務めた年でもあります。

入所から1年も経たないうちにSexy Zoneとしてデビュー。Jr.時代からテレビに出ていた勝利くんですが、長時間テレビに映ったのは24時間テレビが初めてだと話していました。そう考えると「テレビをつけたら俺が映っている」という言葉が現実となった瞬間と言えるのかもしれません。

エンジニアという夢

もしスカウトを断り続けていたら、勝利くんは今ごろ何をしていたんだろう……なんて、ふと考えたことがあるファンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とにかく車やバイクが大好きで、模型を作るのが得意だったという勝利くん。2014年7月2日に放送された『Sexy Zone CHANNEL』の富士サファリパークロケでは、NSX(車名)を見つけて大興奮する姿がありました。

「動物を見るより興奮してる(byケンティー)」、「あんなに興奮してるの初めて見た(by聡ちゃん)」といった発言からも、いかに車が大好きなのかが分かります。聡くんの言葉が示すように、興奮している勝利くんの姿を見られる貴重なシーンだったと言えるかもしれません。

思えば、パソコンを含めた「ハイテク・マシン遊び」を趣味に挙げていたこともありました。また、小学校の理科の授業でモーターを作った際には、クラスで一番早く完成&一人だけ成功という伝説も残しています。そうしたエピソードと繋がる部分ではありますが、ジャニーズに入っていなければエンジニアになっていただろうと本人は話していたことがありました。

ジャニーズになる運命

修二と彰、山田涼介くんとの出会いがきっかけとなって、「ジャニーズに入りたい」という思いを持った中島健人くん。「嵐になること」が小さい頃の夢で、「打ち込めるものがほしい」「歌が歌いたい」という思いでジャニーズを志した菊池風磨くん。知念侑李くんへの憧れから「こんな人になりたい!」「ジャニーズに入りたい!」という気持ちが加速していった松島聡くん。日本へ旅行した際にSMAPのコンサートを見て、「ジャニーズしかない!」という強い思いを抱いたマリウス葉くん。

Sexy Zoneメンバー5人の入所理由に目を向けると、「自らの意思で」という点で勝利くんは4人と少し違った入所の経緯を辿っていることが分かります。

『ぎゅっと』の勝利くんパートのような、就職して、結婚して、家に帰って、眠って……そんな「普通」の生活を送る未来。5人の入所理由を眺めていくと、「普通」に最も近かったのは勝利くんと言えるのかもしれません。

ただ、近いと言っても「普通」を手に入れることはなかっただろうと思ったりもします。「手に入れない」というよりは「手に入れさせない」という感じでしょうか。たぶん普通の道を歩もうとしても、何かが黙っていない気がする……そういう運命だったのかなぁなんてふと思ったりするんですよね。

「ステージという場所が一番好き」と語る今の勝利くんを見ていても、そのステージでずっとずっとキラキラ輝く姿を見ていても、彼はステージ上でスポットライトを浴びる運命にあったのかなと思ったりします。

豊富なスカウトエピソードを持つ勝利くんは、ジャニーズではない事務所に所属していた可能性もあったはず。ただ、色んなエピソードに触れて、色んなことに考えを巡らせていくと、彼はジャニーズになる運命だったんだろうなぁという結論に辿り着きます。

芸能界に対する興味・関心

セクゾメンバーのなかでは「普通」に最も近かったかもしれないけれど、きっと勝利くんが「普通」を手に入れることはなかっただろう……そう筆者が感じるのは、幼少期から「普通」が好きじゃなかったという勝利くんの発言を踏まえてという部分もあるでしょうか。

幼少期から人と同じことを好まなかったという勝利くん。変わったものや面白いものなどへ惹かれやすい傾向にあったという発言に触れると、実は芸能界に対しても何か感じるものがあったのではないかと思うんですよね。

小6の時に舞い降りてきた「俺、芸能界に入れるな」という思い、「テレビに映っている」という予言……それは本当に何もないところからフッと出てきたのかもしれません。ただ、「興味がある」というはっきりしたものではなくとも、興味・関心につながっていくような輝きをまとっていたからこその出来事だったのかなと思う部分もあります。

あまり気乗りしない状態で、半ば強制的にオーディションへ連れていかれたと振り返る勝利くん。ただ、履歴書には「人を楽しませられるようになりたい」と書いているんですよね。アイドルは自分の性格とは対照的な世界と語る勝利くんですが、入所前に履歴書に書いた思いがどんどん大きくなっていきました。Sexy Zoneが青春であり、Sexy Zone=人生そのものという思いを携えて走り続ける姿があります。

お金を稼げなかったとしてもアイドルを続ける。
あの4人と一緒にできるならSexy Zoneに飛び込む。

そんな言葉に触れても、彼はアイドルになるべくしてなったんだという思いに行き着きます。

ジャニーさんという存在

ジャニーさんとの出会いによって、勝利くんが抱いていた「大人」というイメージに新たな風が吹き抜けていきます。

今までに出会ってきた大人とは何か違う……そう感じていたという勝利くん。彼にとってジャニーさんは「変わっている人」「面白い人」に映り、もっと知りたいという好奇心を掻き立てられるような存在だったんですよね。そんなジャニーさんは、人と同じことを好まない勝利くんを惹きつける存在だったと言えるかもしれません。

仮にスカウトを断り続けていたとしても、いずれはジャニーさんと出逢い「YOU、ジャニーズ入っちゃいなよ」って言われていたんじゃないかって、ふと思ったりするんですよね。先ほどご紹介した海の家のお兄ちゃんの話、通学路での不思議な出来事などに触れても「引き寄せる何か」「手繰り寄せる何か」があるなぁと感じますが、その先にはジャニーさんの存在が見え隠れしていたような気がしています。

妄想を膨らませすぎかもしれませんが、仮にエンジニアになっていたとしても巡り巡ってアイドルになってしまうんじゃないか、ジャニーズになってしまうんじゃないか……そう感じてしまうくらいアイドルは天職だったんだと思っています。アイドルが天職だと気づかせてくれる要素が至るところに散りばめられていたんだと思っています。

運命に飛び込む

勝利くんは、出会い=自分が必要としているもの、それを追求している人のもとにやってくると話していたことがありました。また、掴もうとしなければチャンスは掴めないんだと話していたこともありました。

自分の追求しようとしていることを起点として、そこから色んな人につながっていく。そうした出会いやタイミングを見つめていくなかで、勝利くんも「運命」はあるんじゃないかと考えているようです。

本来、「運命」は人の意思/意志にかかわらず巡ってくるものなのかもしれません。ただ、勝利くんの考える「運命」や勝利くんの「運命」との向き合い方に目を向けていくと、少し見え方が変わってくるように思います。

風磨くんのソロ曲『My Life』で勝利くんが担当したパート、その歌詞のようなイメージと言えばいいでしょうか。単なる偶然でないことはもちろん、その運命が巡ってくるというよりは、自ら飛び込んでいくようなイメージがあります。

同期のメンバーは?

勝利くんの同期には、King &Prince(キンプリ)の神宮寺勇太くん、Snow Manの目黒蓮くん、Travis Japan(トラジャ)のトリプルカイト(中村海人くん、松倉海斗くん、宮近海斗くん)、原嘉孝くん、根岸葵海くん、今村隼人くんなどがいます。

この時期に入所したJr.の多くは、「ジャPAニーズHi!」というユニットに所属していたことから、ジャパHi世代なんて表現されることもありました。「こんなに入れたことない」とスタッフさんが言ってしまうほど、2010年10月入所組は大人数であったことも知られています。

200~300人ほどの参加者がいたというオーディション(人数が多かったため3日間に分けてオーディションが行われ、3日合わせて300人ほどの参加者がいたと話していたこともあります)。ジャニーズのオーディションでは、上からAチーム、Bチーム、Cチーム……という順番で選ばれていくそうで、勝利くんは10人ほどが選抜されたAチームだったことでも知られています。

オーディションのエピソード

中学では陸上部で中距離選手として活躍し、部長も務めていた勝利くん。トラック競走ならではかもしれませんが、誰かに追い抜かれると「負けたくない」モードになって自動的にスイッチが入ってしまうなんて話していたことがありました。

生粋の負けず嫌いな勝利くんにとって、自分より前に人がいること=ムカッとしてしまうシチュエーションだったようです。10人ほどのAチームだったという勝利くんですが、そこに至る過程にもムカついたり、負けたくないスイッチが入ったりといった瞬間がきっとあったはず。

気乗りしないまま足を運んだオーディション会場で、夢や目標に向かって奮闘する子たちを目の当たりにした勝利くん。その時に感じた熱くて強い空気が、彼を突き動かしていくんですよね。

宮近海斗くんのプロフィール記事でもご紹介しましたが、入所前からダンス教室に通っていた宮近くんが、ダンス未経験の勝利くんをはじめとしたメンバーに、オーディション曲『「ありがとう」~世界のどこにいても~』(Hey! Say! JUMP)の振りを教えてあげていたというエピソードがありました。

この時のオーディションについて振り返っていた勝利くんは、宮近くんのこうした行動に対して「何の得もないはずなのに」「勝たなきゃいけないのに」と話し、彼の優しさやダンスの上手さについて言及していたんですよね。そうした思いや発言からも、本当に負けず嫌いなんだなということがひしひしと感じられると思います。

熱い空気に包まれたオーディション会場で、何もすることができない自分に悔しさが込み上げていたという勝利くん。特に、宮近くんのようにダンスができる子たちを目の当たりにしたときには、きっと「負けたくない」「勝ちたい」という気持ちが強くなったのではないかと思うんですよね。そうした思いが、勝利くんの道を切り開いていく原動力の一つとなっていきます。

Sexy Zone(セクゾ)佐藤勝利くんの歩みと魅力~まなざし編


(画像:PhotoAC)

勝利くんのまなざし

筆者がセクラバになったきっかけ、そこには勝利くんの“まなざし”が大きく関わっています。今こうして記事を書いているのもSexy Zoneとの出会いがあってこそ。そのセンターに立つ勝利くんの姿がとても印象的だったことは、何年の月日が経った今でも鮮明に覚えています。

セクゾにとって地上波音楽番組初出演となったミュージックステーション(2011年11月11日放送)のステージ。セクゾはもちろん、ジャニーズに興味のなかった筆者がふとテレビを見ていた時に出会ったグループ……それがSexy Zoneでした。彼らの曲、そしてパフォーマンスがすごく印象的で気になってしまったのがはじまりです。

その瞬間には気づかなかったんですが、勝利くんの「何か」にグッと惹きこまれるような感覚がじわじわと押し寄せてきました。ただ、その「何か」というのは特に「これ!」というものではなく、直感的なものかなと思っていたんですよね。

その後、テレビやラジオ、雑誌を通じて勝利くんの人間性や魅力など、様々なものに気づかされていきます。そして、彼らを応援してからしばらく経ったある日、その「何か」を紐解く鍵が「勝利くんの目」に隠されているのでは……?と感じるようになりました。

勝利くんを見ている時に、彼の「目」を見ることって多い気がします。勝利くんの「目の輝き」や「まなざし」って、見ている人をグッと惹きつけるパワーがあるような気がするんですよね。

入所前の陸上大会で、スタッフさんに名前を呼ばれたことに気づかず棄権となってしまったことがあった勝利くん。その時の悔し顔(泣き顔)で撮ったものを履歴書の写真の1枚にしたというエピソードがありました。

そのエピソードを聞いていたケンティーが、「悔しそうな顔を見て、ジャニーさんが何かを感じたんだろうね」なんて話していたんですよね。ジャニーズに送った写真がテレビで紹介されることもありますが、あの写真を見ても、きっと端正なルックスだけではなく彼の目に惹かれるものがあったはずと感じてしまいます。

デビュー当時の強い目

2011年2月4日にジャPAニーズHi!が少クラで披露した『マルイチカラ』のステージ。そこには、カメラを直視できない勝利くんの姿がありました。カメラを見るべきかどうかちょっとだけ迷っているような感じで、どこに目をやればいいのか困っているような印象でもあります。

『マルイチカラ』を経て同年11月11日のMステを見ると、その違いに驚かされるはず。あのカメラをしっかりと捉えるまなざしは、どんなモノ・コト・ヒトをも吸い込みそうな強さに溢れていました。

勝利くん自身も、当時の写真を見たときに「ものすごく強い目をしている」なんて思うことがあるそう。彼の発言を紐解いていくと、何も知らなかったからこそ、怖いもの知らずだったからこそ、目にも強さが表れていたと言えるかもしれません。

冷静に受け止めたデビュー

2010年10月30日の入所後、2011年9月29日にはSexy Zoneの結成が発表され、11月16日のデビューへとつながっていきます。勝利くん、聡くん、マリウスくんは入所から1年も経たないうちにデビューが決まる形となりました。

当時について、ほかのメンバーが「戸惑い」や「混乱」を口にするなかで、勝利くんはどこか冷静にデビューを受け止めていた印象でもあります。デビューできると信じてJr.時代を駆け抜けてきた勝利くんにとって、デビューはいつか叶うもの。そういう確信があって、そのタイミングに対して「早い」と言われるなかでも、どこかどっしりと構えているような印象でもありました。

当時は根拠のない自信のようなものがあったという勝利くん。「0番(=センター)」に立つことに対しても、どこか当たり前のように受け入れているような感じでもありました。ただ、勝利くんが背負ってきたものはあまりにも大きくて、そうした自信だけでは到底乗り越えられないような瞬間がたくさんあったことに気づかされていきます。

まなざしの変化

勝利くんが「無知」だったと語るデビュー当時、そこから描き出される目の強さは、経験を積み重ねていくなかで次第に変化を見せていくことになるんですよね。これは勝利くん自身も話していたことですが、当時の筆者はそれに気づくことはできませんでした。

ただ、後出しじゃんけんのようでズルいと思われてしまうかもしれませんが、勝利くんのそうした言葉に触れてから映像・写真を振り返ってみると、たしかに「変化しているかもしれない」なんて感じるような気もします。

少クラや地上波の音楽番組を時系列にたどってみると、2011年11月11日のMステから「変わったかな」と思う瞬間がありました。それが、ちょうど2ndシングル『Lady ダイヤモンド』がリリースされたあたりでしょうか。

created by Rinker
Top J Records
¥1,100 (2022/12/07 12:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

例えばリリース日の2012年4月11日に少クラで披露された『Lady ダイヤモンド』。このステージは「衣装いいなぁ」という思い、俳句を詠んだのに「by勝利」を言わなかったことに対する「珍しいなぁ」という印象だけが残っていました。ただ、改めて勝利くんの目を見てみると、何と言えばいいでしょうか……思い込みかもしれませんが、少し「複雑さ」のようなものを帯びていた気がするんです。

この時期は、勝利くんにとって初のドラマ『ハングリー!』(2012年1月10日~3月20日放送)が放送された直後。このドラマはとにかく「挫折」の連続だったそうで、初めてのお芝居という仕事を通じて相当に落ち込んだと勝利くんは振り返っています。様々なシーンで物事に対する「できない」を痛感して、人生が終わったと考えてしまうくらいに凹んでいたんですよね。

振り切れた瞬間

自身の性格を「ネガティブ」と表現し、仕事を振り返りながら色んなことを反省して落ち込んでしまうと振り返っていたことがある勝利くん。

どこか「振り切れない感覚」をずっと抱えていたようですが、ドラマや舞台、バラエティなどでの成長や躍進に目を向けていくなかでも、「吹っ切れた」「振り切れた」と感じる瞬間って目に見えて多くなっていったような気がします。

そして、「吹っ切れた」「振り切れた」という話に限りませんが、勝利くんを語る上で「過去形」になることってあまりなくて、いつまでもどこまでも「現在進行形」のような感覚があるんですよね。

ずっと見てくれていることがすごく嬉しい。成長していく姿を見てほしい……かつて勝利くんはそう話していたことがありました。その言葉が示すように、ひたむきにまっすぐに向き合っていくなかで、私たちの想像をはるかに超える次元で成長を遂げているなぁと感じることが多いですよね。

「Endless SHOCK」で回を重ねるごとにどこまでも進化していく姿、YouTubeの「Johnny’s Gaming Room」で初心者でありながらどんどん成長していく姿など、これまで何度も何度も「進化」や「成長」を感じてきたはずなのに、決して止まることない勝利くんのすごさを感じずにはいられません。

「完璧」と「個性」

誰かに相談することが苦手だったという勝利くん。弱さを頑なに見せなかったことと連動する部分だと思いますが、以前は「完璧」に近づけたい、「完璧」でありたい……勝利くんに対してそんな印象を抱くことがありました。勝利くんの発言を紐解いていくと、そこに「個性」を見出そうとしていた、その先にある「個性」を探そうとしていた感じでしょうか。

そう思っていたからこそ、勝利くんが「完璧」はつまらない気がすると語っていたり、弱い部分や欠けている部分が魅力になるのかもしれないと話していたりしたことがすごく印象に残っています。「完璧」と「個性」が遠く離れたところにあると気づいた勝利くんは、「完璧は個性じゃないんだ」ということに気づかされるんですよね。

そして、自分の個性って何だろうと考えたときに行き着いたのがギターでもあります。自分の色を作りたいと思って始めたギターは、勝利くんが「アイデンティティ」と語るほどに、なくてはならない存在となっていまるんですよね。

勝利くんの考えや言葉にはハッとさせられることが多くあります。今も昔もまっすぐだからこそ、Sexy Zoneとして歩みを進めるなかで、どのような見方や考え方が生まれていったのか、どのような見方や考え方の変化があったのか……それを、彼が綴る言葉から知れるのも面白いです。

まなざしの向こうにある「安心」と「信頼」

嬉しい時も楽しい時も、悲しい時も苦しい時も、勝利くんの目(表情)を見れば分かってしまう瞬間ってあるような気がします。素直でどこまでもまっすぐだからこそ、心の状態が顔に出やすいと言えばいいでしょうか。

もちろん「分かる」と言っても、筆者にとっては「何となくそうかな」というレベルでしかありません。「3人体制の時」と「5人に戻った時」の表情を対比させてやっと気づいたこともあります。お父さんとの出来事を後から知って「何となく」が「何となく」ではないことに気づかされたこともありました。

勝利くんの目や表情は、彼から発せられる飾らないまっすぐな言葉とイコールで結ばれるような関係性にあるのかもしれません。

当時は言いたいけれど言えなかったこと、伝えたいけれど伝えられなかったことが多くありました。そのため、勝利くんの表情から何かを察したり、後に当時の勝利くんの思いに触れていくなかで、その時々の目や表情とリンクさせたりという感じだったかもしれません。

今は心の内にある思いに触れる機会も多くなって、リアルタイムに彼の目や表情とリンクさせられることも多くなった気がします。あまり多くを語らない勝利くんですが、目や表情にまっすぐな思いが詰まっていて、それがブレないことを知っていて……だからこそ「安心」や「信頼」を得ていることにも、ふと気づかされるんですよね。

様々な過程のなかで彼の「まなざし」に目を向けていくと、柔らかさのなかにある「強さ」と言えばいいでしょうか……以前とはまた違った「強さ」を感じることが多くなったように思います。

「目は口ほどに物を言う」なんて言葉がありますが、勝利くんの目を見ていると、言葉に出さずとも伝わってくる思いってあるような気がするんですよね。溢れ出してくる感情があるように思います。

おもなドラマ・映画・舞台の出演経歴(※2021年10月現在)

テレビドラマ

ハングリー!(2012年1月~3月放送)関西テレビ 大楠佐助 役
SUMMER NUDE(2013年7月~9月放送)フジテレビ 谷山駿 役
49(2013年10月~12月放送)日本テレビ 主演・加賀美暖 役
吾輩の部屋である 第6話(2017年10月24日)日本テレビ 自転車 役(※声のみ出演)
99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II(2018年1月~2月)TBS 尾崎雄太 役
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子(2018年4月~6月)日本テレビ 斉藤博史 役
ブラック校則(2019年10月~)日本テレビ 主演・小野田創楽 役
「誰も知らない明石家さんま」第6弾 特別ドラマ「笑顔に会いに行く道」(2020年12月13日)日本テレビ 大竹二千翔 役
でっけぇ風呂場で待ってます(2021年1月~4月)日本テレビ 主演・梅ヶ丘龍大 役
世にも奇妙な君物語・第3話「立て!金次郎」(2021年3月19日)WOWOW 主演・金山孝次郎 役
青野くんに触りたいから死にたい(2022年)日本テレビ 主演・青野龍平 役
赤いナースコール(2022年)テレビ東京 主演・春野翔太朗 役
created by Rinker
¥7,619 (2022/12/08 02:45:06時点 Amazon調べ-詳細)

映画

ハルチカ(2017年3月公開) 主演・上条春太 役
ブラック校則(2019年11月公開) 主演・梶祐介 役

created by Rinker
¥3,200 (2022/12/07 12:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ジェイストーム
¥12,331 (2022/12/07 20:00:56時点 Amazon調べ-詳細)

外部舞台

ブライトン・ビーチ回顧録(東京芸術劇場 プレイハウス:2021年9月18日~10月3日/京都劇場:10月7日~10月13日) ユージン 役
ハロルドとモード(EX THEATER ROPPONGI:2022年9月29日~10月13日/森ノ宮ピロティホール:10月15日~10月18日) ハロルド 役

created by Rinker
ジェイストーム
¥12,600 (2022/12/08 08:32:44時点 Amazon調べ-詳細)

次ページからの記事後半では、勝利くんが紡ぐ「言葉」にスポットを当てて、魅力を熱く語っていきたいと思います。

Sexy Zone(セクゾ)カテゴリの最新記事