少年忍者・ヴァサイェガ渉くんのプロフィールまとめ!Snow Man・ラウールくんとの共演エピから兄弟・同期・先輩や後輩との関係まで

少年忍者の一員として、ファンを魅了してやまないヴァサイェガ渉くん。彼の入所から今日に至るまでの歩み、その過程に目を向けていくと、歌やダンスだけでは語れないたくさんの魅力が見えてきます。今回は、少年忍者・ヴァサイェガ渉くんのプロフィールや経歴、性格や魅力について、様々なエピソードを交えながらご紹介していきます。

少年忍者・ヴァサイェガ渉くんのプロフィールまとめ!Snow Man・ラウールくんとの共演エピから兄弟・同期・先輩や後輩との関係まで

少年忍者・ヴァサイェガ渉くんのプロフィールや魅力、経歴が知りたい!


(画像:PhotoAC)

2012年の入所以降、持ち前の向上心で、さらなる飛躍を見せているヴァサイェガ渉くん。

入所後は、Sexy Zone(セクゾ)のバックを中心に活動していましたが、小学5年生の時に「空白」という苦みを味わい、それを力に変えて乗り越えてきたというストーリーも隠されています。

ここまでの歩み、そこに隠された思いに目を向けると、ステージでのパフォーマンスや「ISLAND TV」だけでは見えてこないたくさんの魅力に気づかされるはず。向上心だけでなく、先輩を虜にする“人懐っこさ”や抜群の“コミュ力”など、知れば知るほど、もっともっと渉くんのことが好きになるはずです。

今回は、そんな少年忍者・ヴァサイェガ渉くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴のほか、様々なエピソードを通じて、渉くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

「ヴァサ」と呼ばれることもあるというヴァサイェガ渉くんですが、本人は下の名前で呼ばれる方が嬉しいそうなので、今回の記事では「渉くん」という呼び方で進めていきたいと思います!

created by Rinker
¥450 (2021/06/20 23:03:38時点 Amazon調べ-詳細)

少年忍者・ヴァサイェガ渉くんのプロフィールや経歴


(画像:PhotoAC)

まずは、少年忍者・ヴァサイェガ渉くんの基本プロフィール、入所理由、同期メンバーなどを見ていきましょう!

名前 ヴァサイェガ渉(-わたる)
生年月日(誕生日) 2003年5月3日
出身地 埼玉県
血液型 A型
身長 172.6cm(2020年12月現在)
兄弟 兄(6歳上)、姉(2歳上)
趣味 ラップを聞く
特技 アクロバット、ローラースケート、ラップ、歌
入所日/入所時の年齢 2012年6月10日/9歳
同期(※同月入所) 豊田陸人・川﨑皇輝・川﨑星輝・檜山光成(少年忍者)、今野大輝(7 MEN 侍)、松井奏・基俊介(IMPACTors)、和田優希(Jr.SP)、鈴木舜映、小川優、髙橋汐音、森永祐二、中村大輝、中村侑輝
あだな・ニックネーム ヴァサ、わたる、わた など
メンバーカラー 赤(2021年4月現在)

入所理由:ヴァサイェガという名字

2012年6月10日、9歳(小学3年生)の時にジャニーズ事務所へ入所したヴァサイェガ渉くん。友人からもらった嵐のミュージックビデオを見て、そのカッコよさに圧倒されたことがきっかけとなり、ジャニーズとしての道を歩みだすことになりました。

父親がイラン人、母親が日本人のハーフとして知られる渉くんですが、イランに住んでいたのは、2歳の頃のわずか2~3か月程度なのだそう。そのため、イランの母語であるペルシャ語は話せず、父親と話すときも日本語であると語っていたことがありました。

“ヴァサイェガ”という名字は、聞き間違いや書き間違いが多いそうで、本人は「もっと有名になって、正しく名前を覚えてもらいたい」と話していたこともありましたね。ただ、一方で「印象に残りやすい」という周囲の声を受け、一度聞いたら忘れないインパクトが「強み」だということに気づかされることも多いようです。

ただ、インパクトがあるのは決して名前だけではないんですよね。ステージで魅せるダンスや歌声、表情、たくさんの先輩に愛される弟力や後輩力など、一度触れたら忘れることのできない存在感もまた抜群のものがあります。

同期のメンバーは?

ヴァサイェガ渉くんの同期には、ともに少年忍者の一員として活躍する豊田陸人くんや川﨑兄弟(皇輝くん、星輝くん)、檜山光成くんのほか、今野大輝くん(7 MEN 侍)、松井奏くん・基俊介くん(IMPACTors)、和田優希くん(Jr.SP)、鈴木舜映くん、小川優くん、髙橋汐音くん、森永祐二くん、中村大輝くん、中村侑輝くんなどがいます。

「6月3日」「6月10日」「6月」といったように、メンバーによって入所日が微妙に異なっている部分、具体的な入所日まで言及していないケースもありますが、上記のメンバーはほぼ同期と考えることができそうです。

ちなみに、7月には関西ジャニーズJr.の大西流星くん(なにわ男子)や小島健くん(Aぇ! Group)、小柴陸くん、岡佑吏くん、河下楽くん、奥村颯太くんといった「12年組」も多く入所しています。

よくよく考えると…

2012年に9歳で入所した渉くん。Jr.歴が長いため、「えっ、この子より先輩なの?」というパターンやエピソードがけっこう多いような印象でもあります。

例えば、キンプリメンバーに関するエピソードが挙げられるでしょうか。かつて渉くんの通っていた学校ではKing & Princeが人気で、給食の時間にキンプリの曲がよく流れていたのだそう。

クラスメイトの間では平野紫耀くんや髙橋海人くんが人気だったそうですが、「実は(髙橋)海人より先輩なんだ」と周囲に伝えると、「すごい!!」という反応が返ってきたなんてエピソードもあるんですよね。

それを海人くんにメールで伝えたことがあるそうで、海人くんからは「イキりまくれ」という返信があったのだそう。弟力抜群な渉くんと同様に、自身を「弟のプロ」と自負する海人くん。そんな2人のやりとりは何だか微笑ましいですね。

美 少年・佐藤龍我くんとの複雑な関係性

また、高校の先輩には、美 少年の佐藤龍我くんがいますが、ジャニーズとしては渉くんが先輩であることから「複雑な関係」と語っていたこともありましたね。龍我くんは2002年12月生まれで、2016年6月19日入所。渉くんより1学年先輩ですが、ジャニーズとしては4年後輩です。

かつては、ジャニアイで振り覚えがチョー早いという渉くんに、龍我くんが教えてもらっていたなんてエピソードもありましたね。振りが分からないときや振りを忘れたときに、すぐに渉くんのもとへ行っていたという龍我くん。

ただ、その一方で渉くんのことをくすぐったりして、ちょっかいをかけることもあると話していました。それに対して「やめてよ~」なんて怒ってくるという渉くんですが、振り付けを教えてくれるときはすごく優しいのだそう。

渉くんが「複雑」と表現する、高校の先輩であり、ジャニーズの後輩である龍我くんとの関係性が少しだけ見えてくるような感じでもあります。

渉くんのことを「すべてが可愛い」なんて表現している龍我くんですが、渉くんもまた、龍我くんを可愛いと話していることがあって、お互いがお互いを「可愛い」と言い合うような関係でもあるんですよね。

「複雑」な関係ではあるものの、仲良しであることに変わりありません。渉くんは龍我くんについて「普段からよく話す」なんて話していたこともありました。舞台やコンサートを見ても、「“ヴァサりゅ”って仲良しなんだな」と感じる瞬間がたくさん散りばめられています。

少年忍者・ヴァサイェガ渉くんの歩みと経歴


(画像:PhotoAC)

兄・ヴァサイェガ光くんと同じステージに

小学3年生というのは、Jr.のなかでも比較的早い入所と言えるかもしれません。

入所翌年の2013年以降は「ザ少年俱楽部」のステージに立つことも多く、少年忍者として活躍する以前から彼のことを知っていたというファンの方も多いのではないでしょうか。当時Jr.として活動していたお兄さん(ヴァサイェガ光くん)と同じステージに立つ機会も多くありました。

特にSexy Zoneのバックにつくことが多かったため、セクバ(=Sexy Zoneのバックで踊るJr.)界隈では、ヴァサイェガ渉くんを含むJr.8人を、「ぷち8」と呼ぶファンの方もいましたね。

ちなみに、お兄ちゃんのヴァサイェガ光くんもセクゾのバックにつくことが多くありました。光くんは当時、本髙克樹くんや菅田琳寧くん(現7 MEN 侍)、鈴木舜映くんと同じ括りでステージに立つことも多く、2013年の5月には少クラで上記メンバーらによる『さくらガール』が披露されています。そのため、この括りが「さくらライン」と呼ばれることもありました。

「ぷち8」と呼ばれていた時代

かつて、セクゾのバックにつく“ちびジュ”を「ちび6」と呼んでいた時代があり、そこからさらに、渉くんを含む“ちびジュ”が増員されるような形になったため、「ちび」よりも小さい「ぷち」という言葉が使われるようになった感じでしょうか。

当時の「ちび6」には、現HiHi Jetsの井上瑞稀くんや橋本涼くん、現ジャニーズJr.SPの林蓮音くん、金田耀生くん(金田くんはJr.SPとして認識されていた時期もあります)などがいたんですよね。

ヴァサイェガ渉くんのほか、同じく少年忍者の一員である川﨑皇輝くんや豊田陸人くんが「ぷち8」という括りで同じステージ立っていました。当時を語る上で、やはり“こきわたりく”の3人を欠かすことはできません。

渉くんがジャニーズに入って最初に仲良くなったのが陸人くんなんですよね。皇輝くんとは「不仲説」が出ることもありましたが、それを受けて、仲良しであることを雑誌で話していたこともありました。

皇輝くん→渉くんは「当たりが強い」なんて少年忍者メンバーからも言われていて、皇輝くん自身も「イラっと来るのは、渉のときぐらい」なんて話していましたね。

ただ、そうしたエピソードや発言を切り取っただけでは見えてこないのが、彼らの関係性と言えるかもしれません。陸人くんを含め、ずっと一緒にいるからこそ、様々な出来事や思いを共有してきたからこその深い深~い関係性が彼らにはあるような気がします。

また、現HiHi Jetsの猪狩蒼弥くんや作間龍斗くんも、かつては同じ括りとしてステージに立っていました。(後に作間龍斗くんら2人が「ちび6」括りで踊ることが多くなったため、「ちび6」→「ちび8」と呼ばれるようにもなります。)

以前、HiHi Jetsのなかでは「作間と猪狩と仲がいい」なんて渉くんが話していたことがありました。グループができる前に一緒にやっていたメンバーであり、一緒にローラースケートに取り組んだり、それぞれの家にも泊まったりといった関係性でもあるんですよね。

これまでの歩みを振り返ってみると、本当に色んなことがありました。様々な出来事を経て、少年忍者としての今の姿を見ると、「“ちび6”や“ぷち8”と呼ばれていた時代があったのか」と思ってしまうくらい、ものすごい成長を見せていますよね。見方を変えれば、そのくらい長い期間Jr.として頑張ってきたんだと考えることもできるかもしれません。

驚くほどの成長

渉くんがちょうど高校生になった時(2019年あたり)でしょうか。高校1年生になってもなお、「小6や中1と言われる」なんて話していたことがありました。ただ、そこから年月を重ねていくなかで、成長のすごさや恐ろしさを目の当たりにしたファンの方も多いのではないでしょうか。

特に高校生になってからの変化というのは、驚いたり感慨深かったりといったファンの方も多いかもしれません。見るたびに大人っぽくなっていて、可愛いだけでなくカッコイイにも磨きがかかっているような印象でもあります。

かつてJr.として活動していたお兄ちゃん(光くん)は入所当時150cm台前半でしたが、現在は180cmを超えています、渉くんも入所当時は120~30cm台だったと記憶していますが、現在の身長を考えると、ジャニーズJr.として活動するなかで本当に大きく成長したことが分かると思います。

TGCでのSnow Man・ラウールくんとの共演

2021年2月にオンラインで開催された「第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMER」に出演したことも話題となった渉くん。かつて少年忍者として活動をともにした、Snow Manのラウールくんと共演を果たしました。

ともに2003年生まれですが、ジャニーズとしては渉くんが3年先輩。そんな関係性の2人ですが、ラウールくんは渉くんを「唯一の友達」「数少ない友達」なんて表現するほど、プライベートでも仲良しなんですよね。

一緒にご飯を食べると話していたことがあり、ジャニーズ事務所の近くにあるパスタ屋さんやつけ麺屋さんは、ほぼ制覇。一緒に帰ることも多かったそうで、プライベートでは一緒にディズニーランドへ行ったというエピソードもあります。ラウールくんが入所した時に、最初に話しかけてくれたのが渉くんでもありました。

先輩・後輩というよりは、親友という言葉がぴったりなのかもしれません。ただ、ラウールくんがお金を持ち合わせていなかったときに、渉くんにおごってもらったことがあるそうで、その時に「先輩なんだ」と感じたなんてエピソードがあったりもします。

雑誌の伝言板で「いつか一緒に仕事したいね」と話していた2人。そんな思いがTGCで実現することになりました。モデルの仕事をしてみたかったという渉くんにとっては、仲のいいラウールくんとのTGCでの共演が、自身にとっての初めての舞台でもあったんですよね。

「初めて」ということを感じさせないような渉くんの落ち着きに、ラウールくんも驚いていた様子。ただ、ラウールくんも唯一と言える友達と共演したことで、いつもの帰り道のような感覚で臨めたと話しているんですよね。

この時、ラウールくんが渉くんに対して「安心感」という言葉を使っていることを考えても、ラウールくん→渉くんはもちろん、お互いがお互いの存在を心強く思っていたんだと分かるような気がします。

TGCのステージ上での様子を見ても、本当に素敵な関係性なんだということが伝わってくるような感覚でもありました。ステージ上で見せた「指を合わせるポーズ」は、ふとやりたくなったというラウールくんが「やらない?」と渉くんに提案したことで実現したシーンだったようです。

渉くんの成長を感じる瞬間は本当にたくさんあります。このTGCでの2人を見ていると、ラウールくんの姿も相まって、本当に成長のすさまじさが2倍、3倍…と押し寄せてくるような感じでもあります。

次ページからの記事後半では、少年忍者・ヴァサイェガ渉くんの魅力について「バランスと安心感」「後輩力とコミュ力」「苦悩を乗り越えて」という3つの視点でご紹介していきたいと思います。

ジャニーズJr.カテゴリの最新記事