【ストイックな姫】HiHi Jets井上瑞稀プロフィールまとめ!人を惹きつける“無限大の表現力”を徹底解剖♪

HiHi Jetsのお姫様として、たくさんの人に愛されている井上瑞稀くん。彼の真面目さやストイックさ、そこから生み出されるエピソードや発言に触れると、“みずっこん”に“ぞっこん”間違いなしです。今回は、HiHi Jets井上瑞稀くんのプロフィールや魅力について、入所理由や経歴などを交えながらご紹介していきます。

【ストイックな姫】HiHi Jets井上瑞稀プロフィールまとめ!人を惹きつける“無限大の表現力”を徹底解剖♪

HiHi Jets井上瑞稀くんのプロフィール・魅力が知りたい!

「ドS帝王」なんて呼ばれつつ、最近は「お姫様」というイメージが強くなってきたHiHi Jetsの井上瑞稀くん。そうした変化の背景には、何が隠されているのでしょうか。

また、瑞稀くんの大きな魅力である「表現力」。人を惹きつけるパワーは、何によって生み出されているのでしょうか。

今回は、そんなHiHi Jets井上瑞稀くんのプロフィールを徹底解剖。入所理由や経歴はもちろん、彼の歩みや、そこでのエピソードを紐解きながら、瑞稀くんの魅力や思い、その変化に迫っていきたいと思います。

HiHi Jets井上瑞稀くんの基本プロフィール


(画像:PhotoAC)

まずは、HiHi Jets井上瑞稀くんのプロフィールからチェックしていきましょう。

名前 井上 瑞稀(いのうえ みずき)
誕生日 2000年10月31日
出身地 神奈川県
血液型 AB型
身長 171cm
メンバーカラー
入所日 2009年10月3日

入所理由は?

2009年10月3日に、ジャニーズ事務所へ入所した井上瑞稀くん。Hey! Say! JUMPが『真夜中のシャドーボーイ』をテレビで披露した際、山田涼介くんのパフォーマンス・セリフに衝撃を受け、「この人になりたい!」と思ったんですよね。どのくらい衝撃的だったかは、このパフォーマンスを15回見返したというエピソードからも分かります。

現在は、本人が「重いです」と語ってしまうくらい、山田くんへの愛がハンパない強火山田担(同担拒否)なことでも知られていますよね。顔から腹筋に至るまでもうすべてが大好きすぎて、最終的に語彙力を失ってしまう…私たちファンと同じような印象でもあります。

created by Rinker
¥1,152 (2019/11/21 04:00:22時点 楽天市場調べ-詳細)

オーディション時のエピソード

幼少期から面倒くさがりな性格だったという瑞稀くん。「この人になりたい!」という思いで応募したものの、オーディションの連絡が来てからは「面倒くさい」という気持ちを抱えていたと言います。

そうしたモチベーションのまま、オーディション当日を迎えてしまったんですよね。

5歳からダンスをやっていたという瑞稀くんですが、当日のダンス審査では、後方で適当に踊っていたのだそう。その時に、同じく「面倒くさい」という気持ちで踊っていたのが、唯一の同期メンバーとして知られる中村嶺亜くん(現7 MEN 侍)なんですよね。

嶺亜くんのプロフィール記事でもご紹介しましたが、お父さんにうまく乗せられてオーディションへ参加した嶺亜くんもまた、(理由は違いますが)瑞稀くんと同じような思いを抱えていたと言えるかもしれません。

この時のオーディションでは、100人中2人(3人説もあり)しか受からなかったという伝説があります。その2人こそ、「面倒くさいよね~」なんて盛り上がっていた“れあみじゅ”の2人なんですよね。

オーディション終了後に2人は雑誌撮影現場へ連れていかれ、その場でスノープリンス合唱団の一員に。年末にはスノプリとして紅白歌合戦にも出場を果たしています。

「すぐに辞めてやる!」なんて思っていた嶺亜くんが、「辞める」というタイミングがなかったと当時を振り返っているように、瑞稀くんもまた、目まぐるしいスピード感で、ジャニーズJr.としての歩みがスタートすることとなります。

created by Rinker
¥841 (2019/11/21 04:00:22時点 楽天市場調べ-詳細)

おもなドラマの出演経歴

入所後から、舞台はもちろん、嵐・相葉雅紀くんが出演するCMに出演したり、同じく嵐の松本潤くんや、木村拓哉さん主演のドラマに出演したりと、活躍の場を広げていきます。

先輩方に可愛がってもらったエピソードもたくさんあるんですよね。

夏の恋は虹色に輝く(2010年7月~9月放送 ※第2話より出演)フジテレビ 三池蒼空 役
南極大陸(2013年7月~9月放送)TBS 古館亮 役
駅弁刑事・神保徳之助 第7作(2013年5月放送)日TBS 河原敏春 役
盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~(2016年8月)日本テレビ 秋山翔太 役
世にも奇妙な物語 雨の特別編「大根侍」(2019年6月)日本テレビ 萩山翔 役
チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~第2話(2019年10月)日本テレビ 西田拓也 役

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥19,800 (2019/11/20 21:39:49時点 Amazon調べ-詳細)

木村拓哉さん主演ドラマ「南極大陸」では、坊主姿だったことも話題となりましたね。

ドラマのオーディションに合格し、「○○(場所)に来てください」と言われた瑞稀くん。そこには、バリカン持った人がいたそうで、何も知らされずに坊主にされてしまったんですよね。

次の日は学校に行きたくない気持ちがMAXになり、「風邪を引いた」と言い、行かなかったのだそう。この時期は、育毛剤を一生懸命つけていたという微笑ましいエピソードもあります。

ただし、シーンのつながりの関係で、毎回刈られるというオチだったようです。

スノプリ以降のHiHi Jets井上瑞稀くんの歩み


(画像:PhotoAC)

ちび6・ちび8として

2011年の夏以降、期間限定ユニットだった「スノープリンス合唱団」としての活動は見られなくなりますが、同年11月にSexy Zoneがデビューしたことを機に、そのバックで踊ることも多くなっていきます。

セクゾのデビュー~3rdシングルまではMVにも出演しており、セクゾの地上波音楽番組初登場となった2011年11月11日の「ミュージックステーション」では、坊主姿の瑞稀くんのパフォーマンスを楽しむこともできます。

当時のセクバ(Sexy Zoneのバックで踊るJr.)界隈では、井上瑞稀くんを含むJr.6人を「ちび6」と呼ぶファンの方もいましたね。「ちび6」には、同じくHiHi Jetsのメンバーとして活動する橋本涼くんをはじめ、林蓮音くん(現ジャニーズJr.SP)、金田耀生くんなどが名を連ねていました。

後に同じくHiHi Jetsのメンバーとして活動する作間龍斗くんら2人が「ちび6」括りで踊ることも多くなったため、「ちび6」→「ちび8」という呼称を用いるファンの方が多くなっていった印象です。セクバやその周辺のメンバーとは、バラエティ番組「ジャニーズJr.ランド(ジュニラン)」へ出演することもあり、そこでの瑞稀くんの姿が印象に残っているというファンの方も多いかもしれません。

created by Rinker
¥1,344 (2019/11/21 06:20:06時点 楽天市場調べ-詳細)

スノプリ以来、グループに所属することなく活動してきたと語っていた瑞稀くん。実際にはSexy Boyz(セクボ)のメンバーとして紹介されたこともありましたが、メンバーが流動的だったこともあり、「セクボに入っているのかどうか」という疑問を抱いていたファンも多かったかもしれません。

後述の「中3トリオ」結成までは、非公式の呼称ではありますが「ちび6」「ちび8」として認識されつつ、えび座やドリボ、SUMMARY、ジャニワ、滝沢歌舞伎、クリエ、キスマイ魂、えび魂、ガムシャラSexy夏祭りなどなど…様々な現場で奮闘を重ねていきます。

中3トリオ~HiHi Jet結成まで

その後、2015年3月26日のSexy Zone横浜アリーナ魂で、橋本涼くんらと一緒に「中3トリオ」というユニットの結成が発表されます。全員が2000年10月生まれ、当時中学3年生だった3人で結成され、瑞稀くんいわく「HiHi Jetsの前身」とも表現していたユニットでもあります。

「中3トリオ」という名前だけに、「高校生になったらどうなるんだろう?」という声は、当時から聞こえてきたような印象でもありましたが、彼らが高校生になる前に、自然消滅という形になりました。

現在は、HiHi Jetsの一員として活躍する瑞稀くん。「中3トリオ」が自然消滅というタイミングで、ローラースケートを練習するようにスタッフさんから言われたというエピソードがありました。

そこからHiHi Jet結成のお披露目へとつながっていきますが、HiHi Jetsとしての今に至るまでには、本人が「怒涛」と表現するくらいの、目まぐるしいメンバー入れ替えがあったんですよね。

瑞稀くんにとってのジャニーズJr.

そうしたメンバーやユニットの変化に対しても、割り切ることができていたという瑞稀くん。彼の発言や歩みに目を向けていくと、スノプリやセクボなどの件も含め、長いJr.歴のなかで「Jr.の世界とは、そういうものだ」ということを、少しずつ知っていったのだと分かります。そういう意味では、「割り切るしかなかった」と言ったほうが正しいのかもしれません。

目の前の状況が目まぐるしく変わっていくJr.の世界。ファンのみなさんのなかにも、Jr.を応援していて「儚いなぁ…」「切ないなぁ…」なんて感じる瞬間はあるはずです。

そうした状況のなかで、前を向いて、自分が与えられた場所で一生懸命輝き続ける…そんな彼らの姿を見ていると、「Jr.の世界とは、そういうものだ」と自分に言い聞かせなければ、前に進むことはできないのかなと感じる部分もあります。

思いの変化

かつての瑞稀くんは、Jr.の世界=「個人戦」という感覚が強かったと振り返っています。もちろんグループや仲間に対して「何も思わない」というわけではなく、何かを思ったとしても、心の中にしまい込んでいたと言ったほうが正しいのかもしれません。

ただ、猪狩蒼弥くんの怪我→ジャニーズ銀座2017のエピソード、作間くんの加入、美 少年(東京B少年→Sexy美少年→美 少年)の台頭などなど…色んな出来事、そこで想いを重ね、絆を深めていくなかで、「個人戦」→「チーム」という意識がより強くなっていったのかなと思う部分もあります。

普段は、HiHi Jetsに対するグループ愛=ガリさん発信というイメージも強いですが、雑誌などに目を向けると、瑞稀くんのグループ愛もひしひしと感じられるんですよね。

次ページからの記事後半では、瑞稀くんの魅力について、様々な角度から探っていきたいと思います!

HiHiJetsカテゴリの最新記事