【愛されリーダー】キンプリ岸優太プロフィールまとめ!汗と涙が輝く岸くんの魅力とは?

King & Prince(キンプリ)のリーダーとして、たくさんの人から愛されている岸優太くん。グループの最年長であり、Jr.歴が最も長い彼は、これまでの歩みのなかで様々なことを味わい、たくさんの経験を重ねてきました。彼を知れば知るほど、たくさんの方に愛される理由がもっともっと見えてくるはずです。今回は、キンプリ岸優太くんのプロフィールを徹底解剖。入所理由や経歴はもちろん、様々なエピソードを交えながら、岸くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

【愛されリーダー】キンプリ岸優太プロフィールまとめ!汗と涙が輝く岸くんの魅力とは?

キンプリ岸優太くんのプロフィール・魅力が知りたい!

King & Prince(キンプリ)のリーダーとして、ジャニーズのメンバーやファンを問わず、多くの人々を魅了してやまない岸優太くん。

グループの最年長であり、Jr.歴が最も長い彼は、これまでの歩みのなかで、様々な苦みを味わいながら、たくさんの努力を重ねてきました。彼を知れば知るほど、岸優太という世界の奥深さ、岸くんがたくさんの方に愛される理由がもっともっと見えてくるはずです。

今回は、キンプリ岸優太くんのプロフィールを徹底解剖。入所理由や経歴はもちろん、様々なエピソードを交えながら、岸くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

キンプリ岸優太くんのプロフィール


(画像:PhotoAC)

まずは、岸優太くんの基本プロフィールを見ていきましょう!

名前 岸 優太(きし ゆうた)
誕生日 1995年9月29日
出身地 埼玉県
血液型 A型
入所日 2009年7月20日
身長 167cm
メンバーカラー
兄弟 兄(2歳上)、妹(3歳下)
憧れの先輩 堂本光一(KinKi Kids)、大野智(嵐)

岸くんプチっとMEMO

・A型だが、おおざっぱでA型と思われない
・メールよりも電話派
・「命かける」が口癖
・命かけた次の日は風邪をひきがち
・「サッセン(サーセン)」「マジっすか」「実際そこなんすよね」なども口癖
・メンバーにおごらない理由は「困った時に使いたいから貯蓄」「今は貯金箱に栄養を与える時期だから」
・初めて買ったCD は湘南乃風の『睡蓮花』。ジャケットがエロくて、親には見せられなかった
・イヤモニは「KC」とデザインされている(ジェシーくんのアイデアをパクった)
・肩トントン→ほっぺをツンを岸くんがやると、指が長すぎてあまり振り向けない

入所理由は?

2009年7月20日、中学2年生の時にジャニーズ事務所へ入所した岸優太くん。「母が履歴書を送った」、「いとこにオーディションへ連れていかれた」といったエピソードが語られたこともありましたが、現在は「叔母が送った」という入所理由に落ち着いている印象でもあります。

もともと、芸能界に興味はなかったという岸くん。しかし、勉強が大嫌い過ぎたこともあって、「就職する」と考えるよりは「ジャニーズに賭けてみよう」という気持ちになったと語っているんですよね。

思えば、入所のきっかけとして「自分が入りたかったから」と話していたこともありました。自分で履歴書を送ったわけではありませんが、色んな思いを駆け巡らせるなかで、「入りたい!」という気持ちが強くなっていったのかもしれません。

オーディション時は丸坊主だった?

野球少年だった岸くんが、オーディション時に丸坊主だったことは今や有名な話かもしれません。

かつて放送されていた「ジャニーズJr.ランド」(2012年5月27日放送)で、当時の同期メンバーから丸坊主エピソードが暴露されたんですよね。同番組では、現キンプリのメンバーとして、ともに歩みを進めている岩橋玄樹くんとの野球対決が行われたこともありました。野球経験者同士の対決は、やはり見ごたえがありましたね。「セカンドを守っていた」とも話しています。

2019年6月21日放送の「バズリズム02」では、小学4年生の坊主な岸くんの写真も公開されていました。オーディション時の「中2で坊主」という岸くんのエピソードに触れると、何となく久保廉くん(少年忍者)と重ね合わせてしまいます。

オーディション曲

岸くんのオーディション曲は、Hey!Say!JUMPの『Born in the EARTH』(ボンアス)。2018年のキンプリツアーMCでも話題になっていましたし、ドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME ~時が奏でるリアルストーリー~」では、かつてオーディションが行われた会場へ訪れた岸くんが、ボンアスを小さく口ずさみながら踊る姿も映されていましたね。

岸くんにとっては思い入れのある好きな曲でもあり、音を聴くだけで未だに緊張する曲でもあるようです。ちなみに、岸くんにとっての初ステージは「Hey! Say! サマーコンサート’09 JUMP天国」でもあります。

★岸くん×ボンアスおすすめステージ
せっかくなので、ボンアスを踊る岸くんを楽しめるステージもご紹介したいと思います。個人的には、2011年8月28日放送の「スクール革命」で披露されたボンアスのステージがおすすめ。冒頭と終盤で岸くんの顔のドアップもありますし、バックJr.が少ないので、踊っている姿を存分に楽しめると思います(前半はステージ向かって左端の最前列で踊っています)。同ステージには、Jr.時代の勝利くん、2020年にCDデビューすることが発表された、現SixTONES(当時B.I.Shadow)の髙地優吾くん、松村北斗くんなどもいます。このステージの岸くんは、ニコニコと楽しそうにがむしゃらに踊っている姿が印象的でもあります。

created by Rinker
ジェイストーム
¥2,040 (2019/09/15 18:12:22時点 Amazon調べ-詳細)

同期メンバーは?

同期メンバーとして、現HiHi Jetsの橋本涼くんの名前が挙がりますが、はしもっちゃんの入所日には、7月20日のほかに、7月18日説や8月説もあるんですよね。井上瑞稀くん(2009年10月3日入所)くんと同期なんて語られたこともありました。

ただ、はしもっちゃんに関しては7月のいずれか説が有力と考えられるため、岸くんと(ほぼ)同時期の入所と言えるかもしれません。

ちなみに、キンプリのじぐいわ(神宮寺勇太くん・岩橋玄樹くん)、セクゾの佐藤勝利くんと同期なんて情報が出ることもありますが、彼らの入所日は2010年10月30日。彼らより1年以上前に入所しているんですよね。

親友である勝利くんとの仲良しエピソードが多いこと、セクバやPrinceとして“じぐいわ”と長い間Jr.の活動を共にしてきたこと、勝利くん主催の同期会に写真係として参加したものの、自撮りモードで自身も写り込んだことなどなど…同期と間違われてしまう色んな要因があるのかもしれません。

メンバーカラーがシンプル

岸くんのメンバーカラーは紫。ほかのメンバーが「深紅」「漆黒」「ひまわりイエロー」「濃いピンク」「ターコイズブルー」となっているなかで、一人だけシンプルなんですよね。

メンバーカラーを答える際、自分の番になってもキャッチーな名前が降ってこなかったため、Jr.時代からのメンカラである「紫」と答えたのだそう。

それが公式となってしまったようですが、一人だけ通常運転なところが、「岸くんらしい」という声も聞こえてきます。

キンプリ岸優太くんの歩み・経歴から見る魅力1


(画像:PhotoAC)

岸くんのJr.時代を語る上で欠かせないのは、やはり「セクバ(”セクゾ”の”バ”ック踊るJr.)」としての活動。

セクゾがデビューする2011年秋までは、少年俱楽部(少クラ)を中心に、おもにスノープリンス合唱団(スノプリ)のバックやスノプリメンバーと同じ括りでステージパフォーマンスを行うことが多い印象でもありました。とは言え、「ミュージックステーション(Mステ)」では、スノプリに限らず、関ジャニ∞のバックで踊っていたこともありましたし、2010年には「SMAP×SMAP」「東京フレンドパーク」「24時間テレビ(TOKIOのバック)」などの大型番組にも出演し、先輩方と共演していたりもします。

2011年1月には、岸くんにとって初舞台となった「新春滝沢革命」にも出演を果たしているんですよね。

created by Rinker
エイベックストラックス
¥10,980 (2019/09/15 18:12:22時点 Amazon調べ-詳細)

セクバとしての出発点

2011年の夏以降、期間限定ユニットだった「スノープリンス合唱団」の活動は見られなくなっていきますが、同年11月にSexy Zoneがデビューしたことを機に、セクゾのバックにつくJr.(=セクバ)としてステージに立つことが多くなっていきます。

セクバの初期主要メンバーには、スノプリのメンバーだった中村嶺亜くん(現7 MEN 侍)、現在キンプリのメンバーとしてともに活動する神宮寺勇太くんなどがおり、ファンの間では「きしっくす」なんて呼ばれていた時代もありました。「きしっくす」には、最年長である岸くんを含む6人という意味があったんですよね。

2012年春からは岩橋玄樹くんがセクバにつくようになり、「神7」(6人時代から「神7と呼んでいるファンの方もいました)、「岸セブン」と呼ぶファンの方も多くなっていった印象です。

セクバは少しずつ規模を拡大していきますが、岸くんが最年長という立場が変わることはありませんでした。昔から、先輩・後輩関係なくイジられることも多かった岸くんですが、一方で「Jr.を引っ張ってくれる頼れるお兄ちゃん」と周囲が語っていた印象でもあります。

セクゾ・佐藤勝利の台頭

コツコツとJr.の活動を積み重ねていくなかで、マイクを持てるまで徐々に上がってきた岸くん。しかし、セクゾのデビューにより、後輩である勝利くんがものすごいスピードで追い抜いて行ったんですよね。

「荒れ果てていた」という本人の発言などからも、相当なショックを受けたことが分かります。勝利くんと同期メンバーが悔しさをにじませたことはその通りだと思いますが、先輩である岸くんにとっては、もっともっと大きくて複雑な思いを抱える出来事だったに違いありません。

「荒れ果てていた」という言葉、「何でこんなことしなきゃならないの?」という仕事に対する思いなど、「RIDE ON TIME ~時が奏でるリアルストーリー~」のなかで、当時の想いを振り返っていた岸くん。ただ、本当に荒れ果てていたとしたら、セクバとしての活躍も、SHOCKへの抜擢も、キンプリとしての今もなかったはずです。

周囲から「裏表がない」「ギャップがない」なんて言われることも多い岸くんですが、その言葉が示すように、どこまでもまっすぐなんですよね。自分の立場が変わろうと周囲の状況が変わろうと、ずっとずっと変わらないもの、ブレないものがあります。

セクバとしての活動を振り返ってみると、どの瞬間を切り取っても、どこまでもまっすぐで全力投球で、とにかく一生懸命な姿しかありませんでした。セクバ時代の岸くんは、「永遠のフレッシュJr.」といった印象を受けるかもしれません。

岸優太が愛される理由

ともにキンプリのメンバーとして活躍する神宮寺くん。岸くんのストイックな姿勢や、目標を決めて、その目標に近づくために妥協せずにひたむきに向かっていく姿勢は「昔から変わらない」と語っていたことがありました。そうした部分が大好きで、刺激を受けると神宮寺くんは話しているんですよね。

こういった変わらないもの、ブレないもののなかに、岸くんが愛される理由が凝縮されているような気がします。入所時中学2年生だった神宮寺くんにとっては、当時高校生だった岸くんは頼れるお兄ちゃん的な存在。セクバとして一緒に活動するようになり、時に真面目な話し合いを2人で重ねることも多くなっていったと言います。

神宮寺くんは先頭に立って、声を出してセクバを引っ張っていくような存在。岸くんは、自身のひたむきな姿でセクバを引っ張っていく存在。

個性の強いメンバーが揃うセクバは、Wゆうたをはじめ、それぞれのカラーを輝かせ、補い合いながら歩みを進めてきた印象でもあります。

バラエティ番組での魅力開花

セクバとして踊っている姿を見る→岸くんを知るきっかけとなった筆者は、バラエティ番組「ジャニーズJr.ランド(ジュニラン)」での岸くんを見た時に衝撃を受けました。ステージに立っている姿だけでは、本当に真面目すぎるくらい真面目で、お笑いの方向に走る(走らされる)、いじられるといったイメージがなかったんですよね。

ただ、ジュニラン初登場時の「きしゅーたです」からの特技「しゃちほこ」を見てからは、少しずつ岸くんがどういうキャラクターなのかが見えてくるような感覚がありました。

先ほど「ギャップがない」なんて周囲のメンバーの言葉を紹介してしまいましたが、パフォーマンス中と、それ以外の岸くんでは、ガラッと印象が変わるんですよね。今振り返ってみると、こうしたバラエティ番組の存在って、本当にJr.の魅力を知る上で、なくてはならない存在だったなぁと感じます。

岸くんも「ジュニラン」や「ガムシャラ!」、「真夜中のプリンス」や「ジャニーズJr.dex」などなど…バラエティ番組で魅力を開花させた部分って大きい気がしています。

<ちょっとブレイク>岸優太おもしろ発言&迷言集

少し真面目で硬い話が続いてしまったので、ちょっとだけ岸くんの「おもしろ発言」をご紹介したいと思います。

〇「大磯ロングビーチ」を「おーいストロングビーチ」だと思っていた

〇新幹線の自由席で「どこに座っていいか分からない」と、いわげんへ連絡

〇「接客業とかできる?」→岸「一度アルバイトは…面接だけ受けたけど落ちた」→「何のバイト?」→岸「広告を近所に渡していくんすけど…」→「ポスティング?」→岸「そうです」→「それ接客業じゃねーよ」

〇買った携帯を口に入れる紫耀くん「防水か確かめただけです」→岸「あぁ~そういうこと!」→廉「そういうことでもないよ!」

〇ラジオのお便り紹介→「ラジオネーム、菊池サラサーティさん23歳」→岸「すっごい名前っすね。サラサーティ。30歳っすか?」

〇山P「おにぎり派」→岸「えっ、山下くんも、明太子知ってますか?」→山P「明太子知ってるよ!」→岸「フォアグラとか入れてるのかなと」

〇犬を散歩中に、向こうから別の犬がやってくる→なぜか岸くんがパニクる→岸「やっべ!やっべ!ダメダメダメ!ハウス!」

〇「圧力鍋がない時は、土鍋を使う」というシェフの言葉に対し→岸「土鍋って何でしたっけ?」

〇食レポの箸上げ時→岸「ほら!見てくっさい!」

〇「いつジャニーズ事務所へ入所したのか?」という問いに対し→岸「滝沢さんと同じ95年に生まれました」

〇PrinceとSixTONESの関係性を聞かれ→岸「ちょうどいい先輩っすね」

〇映画の舞台あいさつで→岸「Sexy Zoneのしゃとーしょーりと…」→「入れ歯のないおじいちゃんじゃないんだから」

〇ペットボトルの水を少し残す理由を聞かれ→岸「一番下はデンチンするから」→「沈殿だよ!」

上でご紹介した発言・迷言はほんの一部に過ぎませんが、これだけでも岸くんがどんなキャラクターなのかは存分に分かると思います。「これでもか!」というくらい、たくさんの元気をもらえるんですよね。

次ページからの記事後半では、激動の2013年+SHOCKのお話をもう少し掘り下げつつ、岸颯シンメのお話やリーダー論、「適当」の意味などについて存分に語っていきたいと思います。

キンプリ(King&Prince)カテゴリの最新記事