King&Prince(キンプリ)岸優太くんの天然がヤバい?おバカエピソードや名言をまとめました!

グループとしても、個人としても、めざましい活躍を見せている「King & Prince(キンプリ)」。今回はキンプリのリーダー・岸優太くんの天然エピソードをまとめてみました!おバカエピソードや名言などを通じて、たくさんの魅力をお伝えできるように頑張ります。岸優太くんの天然エピソードが知りたいファンの方はもちろん、元気をもらいたい方やほっこりしたい方もぜひご覧ください!

King&Prince(キンプリ)岸優太くんの天然がヤバい?おバカエピソードや名言をまとめました!

キンプリ岸優太くんの天然エピソード&名言~行動編


(画像:PhotoAC)

発言に限らず、行動などにも岸くんらしいエピソードがたくさん隠されています。先ほど嶺亜くんとのやりとりをご紹介したんですが、思えばこんなエピソードもありました。

“きしれあ”と言えば、2019年9月の少クラセレクションSPの未公開シーンでこんなやりとりもありましたね。

(;б;エ;б;)「それでは、7侍(セブンザムライ)がお送りします…はい? あっ、やべー!」
(*’_’*)「岸!!!」

「7 MEN 侍」を「7侍」と言ってしまう岸くんに対して、ちょっとだけプンプンしながら出てきた嶺亜くん。そんな久々の“きしれあ”に沸いたファンの方も多かったかもしれません。

入所時期も3カ月ほどしか違わない2人。嶺亜くんがスノプリだったころは、岸くんが同じ括りでステージに立つこともありました。Sexy Zoneデビュー後も、彼らのバック(初代セクバ)として切磋琢磨してきた関係なんですよね。それでは、岸くんらしさが詰まった「行動編」をお楽しみください。

岸くんの微笑ましい行動集

  • Jr.仲間が骨折したことをニュースで知り、本当に心配になりすぎて絆創膏を持っていく。
  • 山下智久くんと初対面し、ガチガチに緊張。「はい!岸と申します!」と挨拶→「武士みたいだった」by勝利。
  • 幼少期に「ウルトラマン!」と言いながら天井からジャンプし、腕を骨折する。
  • 小学生のころ、体じゅうにケチャップをつけて死んだふりをする。それを見た妹に、冷めた様子で「バカじゃん…」と言われる。

  • テスト勉強をしようとしたところ、シャーペンの芯が目に入ってしまい病院送りになる。その日は、ちょうど目の愛護デーだった。
  • ディズニーシーでの目撃情報が上がり、下駄を履いていたことが話題になる。
  • 幼少期に「いびき」に憧れて、お父さんにいびきのかきかたを聞く。
  • 草笛が気に入りすぎてしまい、どこにでもある草をポケットに入れてしまう。

セクシードライヤー事件

Jr.時代、SUMMARYで大阪に滞在した時のこと。ホテルの部屋でJr.のみんなが集まって遊んでいたときに、誰かが突然Sexy Zoneの『風をきって』を流しはじめたんですよね。

すると岸くんが「セクシードライヤー♡」と言いながらドライヤーの風を浴び、サビに合わせてコンビニ袋を振り回し大騒ぎ。Jr.たちの笑い声がスタッフの部屋まで聞こえたらしく、みんな相当怒られたのだそう。ただ、一番騒いでいた岸くんだけは、トイレに逃げて怒られなかったんですよね。

思えば、「落ち着きのない子どものような、やんちゃな岸くんがみんな大好きだから大丈夫!」なんて玄樹くんが話していたこともありました。やんちゃだけど憎めない…そんな岸くんを象徴するようなJr.時代のエピソードとも言えるかもしれません。

(;б;エ;б;)「実際そこなんすよね!」

キンプリ岸優太くんの天然エピソード&名言~言い間違い・勘違い編


(画像:PhotoAC)

言い間違いや勘違いも話題になることが多い岸くん。ブログでのお父さんとのエピソードに触れると、言い間違いなどはお父さん譲りなのかな~と思う部分もあります。「火事場の馬鹿力→火事場のクソ力」や「お口直し→下ごしらえ」などなど、挙げていくとキリがありませんが、ここではいくつか厳選してご紹介していきます。

★永瀬廉くんが転勤族であることを伝えたくて…

(;б;エ;б;)「廉のうちは渡来人だから」

★髙橋海人くんが成長した理由=自立心だと言いたくて…

(;б;エ;б;) 「海人が成長したのは自律神経」

★雑誌の撮影でオシャレなカフェにやってきて…

(;б;エ;б;)「うわっ!こんなオシャレなカフェ来るの初めて!オシャレンティー!」

★新曲生パフォーマンス前のコメントで…

(;б;エ;б;)「とくとご覧あってください!」

★原宿ロケでのコメントで

(;б;エ;б;)「めっちゃ、にぎわり過ぎてて」

★佐藤勝利くんとの喧嘩エピソードトークで…

(;б;エ;б;)「そん時はちょっと腹切っちゃって(腹立っちゃって)」
(;б;エ;б;)「そっから、『もういいや』ってなって迂回…和解・和解・和解」

★声が録音できるミステリーチョコレコードに向かって…

(;б;エ;б;)「俺の男になれ!」

★キンプリ1stアルバムを一言で表すなら?という問いに対して…

(;б;エ;б;)「“アルバム”です」

★“アルバム”と答えた理由を説明したくて…

(;б;エ;б;)「訳を聞かせてください!」

★ドリボの制作会見で…

(;б;エ;б;)「また違う、360度変わった…」
神宮寺くんが「1周しちゃいましたね」とすかさずフォロー

★少クラでまっすーが『Can do! Can go!』を披露した理由について…

(;б;エ;б;)「増田くんは、この曲とはちょっと信憑性がありますよね」

このほかにも、宇宙=土星だと思っていたエピソード、鼻フック=鼻にフックパンチをかますことだと思っていたエピソードなどもあります。

思えば、菊池風磨くんの「タピオカはカエルの卵だよ」という言葉を信じていたなんてエピソードもありましたね。奇妙なものが流行する世の中だから、疑うことはなかったというコメントは何とも岸くんらしいです。

キンプリ岸優太くんの天然エピソード&名言~事件編


(出典:pixabay)

(;б;エ;б;)
今回の記事で何度も登場している岸くんの顔文字。Jr.時代から使われていて、ダンス中はまさにこんな顔で、人一倍汗をかきながら踊っていることも多かったように思います。

少クラ初登場時の自分の姿を見た岸くんは、「虫類みたいな動きだった」なんて話していましたね。とにかく全力にガシガシと踊っていたせいか、パフォーマンス中に何かとハプニングに見舞われることも多かった気がします。

岸くんのハプニングで有名なものと言えば、やはり「エアマイク事件」でしょうか。天然エピソードとは少しかけ離れてしまうかもしれませんが、エアマイク事件のほか、Jr.時代のいくつかのハプニングをご紹介したいと思います。

「エアマイク事件」(2011年10月7日)

少クラで『With you』を披露した時のこと。サビ前のぐるっと回る振りのところで岸くんのヘッドセットがふっとんでしまいます。あわてて拾いなおし、救出に成功したものの、再び曲の途中でふっとんでしまい…しかも救出失敗。

しかし、岸くんまるでヘッドセットをつけているかのように振る舞ったんですよね。大きく美しい手で、まるでヘッドセットが収まっているかのような演出をし、さらには満面のスマイル…いつ見ても、すごいなぁと思ってしまいます。

「テープぴらぴら事件」(2011年10月9日)

『With you』と言えば、ジャニーズJr.ランド(ジュニラン)のなかで、「テープぴらぴら事件」(筆者が勝手に名付けています)もありました。

ジャニーズJr.ランドが始まって2回目の放送。ジュニランドリームライブで『With you』を披露した際に、1番サビでズボンのテープがはがれてきます。その異変に岸くんも気づきますが、間奏でちょっと直しつつも、うまくいきません。しかし表情を変えず、ダンスの勢いをさらに加速させていきます。

最終的には両サイドともはがれてしまいましたが、特にはがれ具合が激しい左足をさりげなく隠すような感じでうまく切り抜けたんですよね。

衣装に関するハプニングが多いのも、岸くんあるあるかもしれません。先ほどのヘッドセットもなんですが、「なぜ岸くんだけ…?」というシーンってけっこう多い気がします。やっぱり“持ってる男”なのかもしれません。

「ケツポケット事件」(2012年11月11日)

そして、筆者が個人的に印象に残っているのが「ケツポケット事件」。これも筆者が勝手に名付けたもので、ちょっと品がない表現なんですが…ほかにいい言葉が見つからなかったので、そのままご紹介させていただきます。

ジュニランドリームライブで『HONEY RIDER』を歌った時のこと。曲が始まった後の岸くんに注目してみると、紙を丸めたようなものがケツポケットにささっているんですよね。当時ファンの間では「台本かな…」なんて話題になったりもしました。

しかし、Jr.たちの顔がアップになっている間にポケットからなくなっています。自分で気づいたのか、他のメンバーが気づいて取ってあげたのかは不明ですが、ばっちり決まった顔とのコントラストがすごく印象的な場面でした。

天然だけじゃない!キンプリ岸優太くんの魅力

今回はキンプリ岸優太くんの天然エピソードや名言を中心にご紹介してきました。冒頭でもお話ししましたが、岸くんには「天然」だけでは語れない魅力がたくさんあります。

いつも全力投球でまっすぐな岸くんの魅力は以下の記事でたっぷりご紹介していますので、まだ読んでいない方がいらっしゃいましたら、こちらも併せて読んでいただけると嬉しいです。

最後に、筆者が個人的に好きな発言をご紹介して、記事を締めくくりたいと思います。

岸くんは「○○さんとは気が合わない」という発言について、俺から言わせれば「自分に問題がある」と話していたことがありました。変にカッコつけることなく、ありのままの自分をさらけ出していく…そうすれば、どんな人とも絶対に仲良くなれる。バカだってことがバレてしまうけれど、それを気にせずに常にオープンな気持ちで人と接するようにしていると話していたんですよね。

「えっ、この先輩と仲いいの?」「この先輩をそこまで心開かせてしまうの?」なんてエピソードが多いのも、こうした岸くんの流儀があってこそなのかもしれません。

「ダサくても下手くそでも全力でやりたい」

岸くん絡みの記事で何度も何度もご紹介している言葉。これが岸くんの大きな魅力につながっているんだなぁという結論に行きつきます。

今回ご紹介した天然エピソードや名言を通じて、そうした魅力がより強く眩しく輝きを放つはずです!

キンプリ関連のおすすめグッズはこちら!



キンプリ岸優太くんのおすすめ記事はこちら!

キンプリ(King&Prince)カテゴリの最新記事