【リアコの極み】HiHiJets髙橋優斗プロフィールまとめ!スーパーヒーローゆうぴーの魅力とは?

HiHi Jetsのメンバーとして、大きな飛躍を見せている髙橋優斗くん。野球少年だった彼は、スーパーヒーローになるべく、アイドルとして日々奮闘を見せています。優斗くんのことを知れば知るほど、底なしの「ゆうぴー沼」にハマってしまうこと間違いなし。今回は、HiHiJets髙橋優斗くんのプロフィールを、ジャニーズJr.での様々なエピソードとともにご紹介していきます。

【リアコの極み】HiHiJets髙橋優斗プロフィールまとめ!スーパーヒーローゆうぴーの魅力とは?

ジャニーズJr. HiHi Jets髙橋優斗くんのプロフィール・魅力が知りたい!

HiHi Jetsの一員として、たくさんの魅力を開花させている髙橋優斗くん。野球で培った経験を武器に、持ち前の「優しさ」や「努力を惜しまない姿勢」でたくさんの笑顔を届けています。

グループ最年長でありながら、メンバーの中では最も後輩。そんな絶妙なバランスが、「頼もしさ」や「親しみやすさ」を生み出していると言えるかもしれませんね。

今回は、HiHi Jets髙橋優斗くんのプロフィールを徹底解剖。様々なエピソードを通じて、ゆうぴーの魅力に迫っていきます。

ジャニーズJr.HiHi Jets髙橋優斗くんの基本プロフィール


(画像:PhotoAC)

まずは、HiHi Jets髙橋優斗くんの基本プロフィールを見ていきましょう!

名前 髙橋 優斗(たかはし ゆうと)
誕生日 1999年11月15日
出身地 神奈川県
血液型 A型
身長 176cm
あだな・ニックネーム ゆうぴ/ゆうぴー
兄弟 弟(2歳下)
趣味・特技 野球
入所日/入所時の年齢 2015年5月2日/15歳
同期 ※同月入所 ラウール(Snow Man)、岩﨑大昇(美 少年)、佐々木大光(7 MEN 侍)、黒田光輝(少年忍者)、大関荷風、末武幸紘、菅井優哉、矢後敦海、横原悠毅、福島颯人
憧れ/尊敬する先輩 二宮和也(嵐)
メンバーカラー ピンク(~2019年5月)→白(2019年5月~)
初ステージ 「A.B.C-Z Early summer concert」

入所理由は?

小学2年生で地元の野球チームに入り、高校1年生の春まではずっと野球少年だった優斗くん。中学3年生の時、部活を引退したタイミングで「新しいことにトライしたい!」という思いが強くなったと言います。

もともと芸能界に興味があったこともあり、相談を受けた母親が、いくつかの事務所へ履歴書を送付。そのなかで、唯一連絡があったのが「ジャニーズ事務所」だったんですよね。

優斗くんが高校1年生になって間もない2015年5月2日に、彼はジャニーズとしての道を歩みだします。

オーディションでのエピソード

この時のオーディション曲は、A.B.C-Zの『ずっとLOVE』でした。ずっと野球に打ち込んでいた優斗くんは、もちろんダンス経験ゼロ。オーディション当日は踊ることもままならない状態だったそうで、振付師さんに怒られてしまったというエピソードもあります。

また、オーディションでは、ダンスの試験に加え、特技をアピールするチャンスがあったのだそう。優斗くんは、自信があったという「イチロー選手のものまね」を披露したんですよね。

ものまねがオーディション合格を勝ち取る決め手となったかどうかは、本人も「不明」と語っています。ただ、イチロー選手のものまねを含め、オーディション全体に、優斗くんの人を惹きつける人柄や強い思いがにじみ出ていたのかな~なんて考えてしまうんですよね。

振付師さんに怒られたのも、単に「踊れなさ過ぎて」という理由ではないような気がしています。それは、ものすごいスピードで成長を遂げてきた過程や、今の優斗くんの姿を見てしまっているからなのかもしれません。

ただ、「食らいついていくんだ!」という姿勢だったり、「アイドルとして頑張っていくんだ!」という決意や覚悟だったり…優斗くんの言動や行動から見える人生観・信念に触れれば触れるほど、そうしたものが、にじみ出ていたのかなということを強く感じます。

同期のメンバーは?

優斗くんの同期には、Snow Manのラウールくんをはじめ、岩﨑大昇くん(美 少年)、佐々木大光くん(7 MEN 侍)、黒田光輝くん(少年忍者)、大関荷風くん、末武幸紘くん、菅井優哉くん、矢後敦海くん、横原悠毅くん、福島颯人くんなどがいます。

メンバーによっては5月1日や5月6日など、入所の具体的な日付が異なっていたり、分からなかったり、曖昧な部分があったりもするようです。ただ、いずれのメンバーも5月入所であり、入所日に大きな開きがないことから、ほぼ同時期の入所=同期(2015年5月入所組)と考えることができそうです。

ドラマの出演経歴

2020年には、『彼らを見ればわかること』では、中山美穂さん(主演)、生瀬勝久さんの息子役を演じた優斗くん。その後、Hey! Say! JUMP中島裕翔くんが出演する『SUITS/スーツ2』にゲスト出演を果たし、これが初めての地上波連ドラ&月9となりました。10月からは『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』に出演し、新人看護師としてドラマのストーリー展開に欠かせない役どころを演じています。

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』の収録現場で、21歳のお誕生日を祝ってもらったという優斗くん。主演の波瑠さんと監督さんが仕掛け人となり、演技に関して口論を繰り広げたのだそう。その様子を見ていたという優斗くんですが、口論の末、波瑠さんがスタジオから出ていってしまったタイミングで、監督さんの感情が自身へ向けられたんですよね。

何とも言えない空気のなかで、一生懸命受け答えをしていたという優斗くん。そのタイミングで、ドッキリだったということが明かされ、お祝いされるという流れだったようです。迫真の演技に騙され、とにかく怖かったという優斗くんは、ドッキリだと分かった途端に大号泣してしまったのだそう。

冒頭でご紹介した「人を惹きつける人柄」ともリンクする部分だと思いますが、こうしたドッキリエピソードに触れても、本当に愛されているんだなぁということを感じずにはいられません。

★出演ドラマ一覧

24時間テレビスペシャルドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』(2016年8月27日放送)日本テレビ 井川勇樹 役
Jr.選抜!標への道(2018年7月放送)日本テレビ 「いて座のA型BOY」血液型の神 役、「警備員」髙橋 役
ポイズンドーター・ホーリーマザー第3話(2019年7月20日放送)WOWOW 黒田正幸 役
恋の病と野郎組(2019年7月~9月放送)BS日テレ 一条大地 役
彼らを見ればわかること(2020年1月~2月放送)WOWOW 内田柊司 役
SUITS/スーツ2 第5話(2020年8月10日放送)フジテレビ 高山雄哉 役
#リモラブ ~普通の恋は邪道~(2020年10月~)日本テレビ 八木原大輝 役

created by Rinker
ジェイストーム
¥12,590 (2020/11/27 02:23:23時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥13,389 (2020/11/27 02:23:23時点 Amazon調べ-詳細)

ジャニーズJr.HiHi Jets髙橋優斗くんとキャッチャーというポジション


(画像:PhotoAC)

冒頭でご紹介した通り、小学2年生から高校1年生の春まで野球少年だった優斗くん。野球が得意な人はジャニーズにたくさんいるものの、ポジションがキャッチャーだったという珍しさに、ジャニーさんからも「面白いね」と声をかけてもらったと言います。

野球少年=色黒、キャッチャー=がっちり体形というイメージがあるなかでは、色白で細身な優斗くん×キャッチャーの組み合わせというのもまた、ジャニーさんの目には魅力的に映ったのかもしれません。

そんなイメージが強すぎたせいか、ジャニーさんからは「キャッチャー」と呼ばれていたエピソードもあります。なかなか名前を覚えてくれないと本人も嘆いていたことがありました。

「らじらー」の出演が決まった際に、ともにMCを務めていた安井謙太郎くん(現在はジャニーズを退所、7ORDERのメンバー)は、ジャニーさんから「キャッチャーと一緒だから」と伝えられたのだそう。「キャッチャー」という言葉をよく聞き取れなかったこともあり、はじめは優斗くんではなく、ハーフのJr.だと思ってしまったというエピソードもあるんですよね。

キャッチャーであることの強み

野球に打ち込んでいた優斗くんですが、ポジションがキャッチャーでなかったら、今の自分はいなかったと考えているようです。

優斗くんが所属していた中学の野球部は県大会でベスト4になるほどの強豪チーム。練習はものすごく厳しかったそうで、何度も壁にぶつかりながら苦しい思いを味わってきたといいます。

ただ、そうしたものを一つ一つ乗り越えてきたことで、どんな辛いこと、苦しいことがあったことがあったとしても「あの頃に比べれば…」という思いを持つことができているのだそう。そうした経験や経験から得たもの、経験を通しての考え方が、彼の「メンタルの強さ」や「何事にも動じない姿勢」へとつながっているのかもしれません。

また、キャッチャーという難しいポジションを務めてきたからこそ、「広い視野で全体を見る姿勢」に長けているのかなという気がします。「一人で寂しそうにしている人がいたら、声をかける」と本人が語るように、周囲に対して細やかな気配りや心配り・目配りができるのも優斗くんの魅力の一つ。雑誌でのトークやMCを務めるときなども、さりげなく話を振ってあげるんですよね。

ザ少年俱楽部で司会を務める姿を見ていても、「らじらー」で磨かれたトークスキルの高さはもちろん、やはりキャッチャーならではの視野の広さだったり、さりげないフォローが上手だなぁと感じる瞬間って多いような気がします。本人がJr.大賞で「いちばんMCがうまい」部門に自信を持っている理由も納得です。

2015年5月2日入所で、HiHi Jetsのなかでは「最年長で後輩」のゆうぴー。そんな彼に対して、メンバーから「安心」「信頼」といったワードが出てくるほど、優しく温かな包容力の持ち主なんです。

勉強熱心な二宮チルドレン

「ジャニーズ野球大会」で、尊敬する先輩である嵐・二宮和也くんとバッテリーを組めたことも、キャッチャーをやっていてよかったと思える瞬間だったと語っていたことがあります。

『Love so sweet』が嵐を好きになるきっかけだったという優斗くん。嵐のなかでも、特に二宮和也くんが大好きなことで有名ですよね。嵐の「好き」が100だとすれば、二宮くんの「好き」は120という表現をしていたこともあり、ニノ本人が公認する「二宮チルドレン」としても知られています。

特に、二宮くんの「トーク力」が好きで、余裕の返しで会話が成り立っている部分やバリエーションの豊富さなどを魅力として挙げています。

自身が「らじらー」のMCを担当していたこともあり、ニノのラジオを聴いて、どうすればうまくしゃべれるかを研究したこともあるのだそう。二宮くんのような「『急いでない余裕』を出したい」という思いについて語っていたこともありましたね。

ラジオでの3年間の積み重ねに目を向けたときに、優斗くんの成長を強く強く感じたというファンの方も多いかもしれません。そこには、単に経験を重ねただけではなく、試行錯誤しながら、たくさんの努力を重ねてきたんだということが分かる瞬間・エピソードもあるんですよね。

次ページからの記事後半では、HiHi Jets髙橋優斗くんの「リアコ感」についてたっぷりとご紹介していきたいと思います。

HiHiJetsカテゴリの最新記事