【リアコの極み】HiHiJets髙橋優斗プロフィールまとめ!スーパーヒーローゆうぴの魅力とは?

ジャニーズJr.のユニットHiHi Jetsのメンバーとして、大きな飛躍を見せている髙橋優斗くん。野球少年だった彼は、スーパーヒーローになるべく、アイドルとして日々奮闘を見せています。優斗くんのことを知れば知るほど、底なしの「ゆうぴ沼」にハマってしまうこと間違いなし。今回は、HiHiJets髙橋優斗くんのプロフィールを、ジャニーズJr.での様々なエピソードとともにご紹介していきます。

【リアコの極み】HiHiJets髙橋優斗プロフィールまとめ!スーパーヒーローゆうぴの魅力とは?

ジャニーズJr. HiHi Jets髙橋優斗くんのプロフィール・魅力が知りたい!

ジャニーズJr.のユニットHiHi Jetsの一員として、たくさんの魅力を開花させている髙橋優斗くん。野球で培った経験を武器に、持ち前の「優しさ」や「努力を惜しまない姿勢」でたくさんの笑顔を届けています。

ユニット最年長でありながら、メンバーの中では最も後輩。そんな絶妙なバランスが、「頼もしさ」や「親しみやすさ」を生み出していると言えるかもしれませんね。

今回は、HiHi Jets髙橋優斗くんのプロフィールを徹底解剖。ジャニーズジュニアでの様々なエピソードを通じて、ゆうぴの魅力に迫っていきます。

ジャニーズJr.HiHi Jets髙橋優斗くんの基本プロフィール


(画像:PhotoAC)
まずは、HiHi Jets髙橋優斗くんの基本プロフィールを見ていきましょう!

  • 髙橋優斗(たかはしゆうと)
  • 誕生日:1999年11月15日
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:A型
  • 入所日:2015年5月2日
  • 愛称:ゆうぴ/ユウピー(ゆうピー)
  • 身長:174cm
  • 憧れの先輩・尊敬する先輩:二宮和也
  • 兄弟:弟(2歳下)
  • 趣味・特技:野球
  • メンバーカラー:ピンク
  • 初ステージ:「A.B.C-Z Early summer concert」

ジャニーズ入所のきっかけ・入所時のエピソード

小学2年生で地元の野球チームに入り、高校1年生の春まではずっと野球少年だった優斗くん。
中学3年生の時、部活を引退したタイミングで「新しいことにトライしたい!」という想いが強くなったと言います。

もともと芸能界に興味があったこともあり、相談を受けた母親が、いくつかの事務所へ履歴書を送付。
そのなかで、唯一連絡があったのが「ジャニーズ事務所」だったんですよね。

優斗くんが高校1年生になって間もない2015年5月6日に、彼はジャニーズとしての道を歩みだします。

オーディションでは、ダンスの試験に加え、特技をアピールするチャンスがあったのだそう。優斗くんは、自信があったという「イチロー選手のものまね」を披露したんですよね。

オーディション合格を勝ち取る決め手となったかどうかは、本人も「不明」と語っています。

ただ、イチロー選手のものまねを含め、オーディション全体に、人を惹きつける「優斗くんの人柄や想い」がにじみ出ていたのではないか……彼の言動から見える人生観や信念に触れると、そう感じずにはいられません。

ジャニーズJr.HiHi Jets髙橋優斗くんとキャッチャーというポジション


(画像:PhotoAC)
前述の通り、小学2年生から高校1年生の春まで野球少年だった優斗くん。野球が得意な人はジャニーズにたくさんいるものの、ポジションがキャッチャーだったという珍しさに、ジャニーさんからも「面白いね」と声をかけてもらったと言います。

野球少年=色黒、キャッチャー=がっちり体形というイメージがあるなかでは、色白で細身な優斗くん×キャッチャーの組み合わせというのもまた、ジャニーさんの目には魅力的に映ったのかもしれません。

そんなイメージが強すぎたせいか、ジャニーさんからは「キャッチャー」と呼ばれているんですよね。
なかなか名前を覚えてくれないと本人も嘆いていました。

「らじらー」の出演が決まった際に、ともにMCを務める安井謙太郎くんは、ジャニーさんから「キャッチャーと一緒だから」と伝えられたのだそう。
よく聞き取れなかったこともあり、はじめは優斗くんではなく、ハーフのJr.だと思ってしまったというエピソードもあるんですよね。

キャッチャーであることの強み

「キャッチャーでなければ、今の自分はいなかった」

優斗くんは、そんなことを語っていたことがありました。中学の野球部は県大会でベスト4になるほどの強豪チーム。練習はものすごく厳しかったそうで、何度も壁にぶつかりながら苦しい思いを味わってきたといいます。

ただ、そうしたものを一つ一つ乗り越えてきたことで、どんなことがあっても「あの時に比べれば…と思える」なんて話しているんですよね。それが、彼の「メンタルの強さ」や「何事にも動じない姿勢」へとつながっています。

また、キャッチャーという難しいポジションを務めてきたからこそ、「広い視野で全体を見る姿勢」に長けているのかもしれません。

「一人で寂しそうにしている人がいたら声をかける」と本人が語るように、周囲に対して細やかな気配りや心配り・目配りができるのも優斗くんの魅力の一つ。雑誌でのトークやMCを務めるときなども、さりげなく話を振ってあげるんですよね。

2015年5月6日入所と、HiHi Jetsのなかでは「最年長で後輩」のゆうぴですが、メンバーから「安心」「信頼」といったワードが出てくるほど、優しく温かな包容力の持ち主なんです。

勉強熱心な二宮チルドレン

「ジャニーズ野球大会」で、尊敬する先輩である嵐・二宮和也くんとバッテリーを組めたことも、キャッチャーをやっていて良かったと思える瞬間だと語っていたことがあります。

『Love so sweet』が嵐を好きになるきっかけだったという優斗くん。
嵐のなかでも、二宮和也くんが大好きなことで有名ですよね。嵐の「好き」が100だとすれば、二宮くんの「好き」は120という表現をしていたこともあり、ニノ本人公認の「二宮チルドレン」として知られています。

特に、二宮くんの「トーク力」が好きで、余裕の返しで会話が成り立っている部分やバリエーションの豊富さなどを魅力として挙げています。

自身がラジオのMCを担当していることもあり、ニノのラジオを聴いて、どうすればうまくしゃべれるかを研究したこともあるのだそう。
二宮くんのような「『急いでない余裕』を出したい」という想いを持っています。

HiHi Jets髙橋優斗くんの「リアコ感」


(画像:PhotoAC)
優斗くんを語る上では「リアコ」というキーワードも欠かせません。

「最年長で後輩」という言葉が示すように、ジャニーズのなかでは入所時期が比較的遅めと言えるかもしれませんが、見方を変えれば「一般人だった期間が長い」と考えることもできますよね。

2018年11月放送のザ少年俱楽部では、牛丼チェーン店について熱弁していた優斗くん。
金銭感覚を含め、ファンからは「庶民的」なんて表現されることも多いですが、そうした、いい意味で「アイドルらしくない」「芸能界に染まり切っていない」部分が「リアコ」というキーワードにつながっている部分も多いのかもしれません。

アイドルに染まりきっていない「リアコ感」

アイドルとして描き出されていく「リアコ感」もありますが、優斗くんはアイドルとして染まりきっていない「リアコ感」が魅力として輝いていると言えるかもしれません。発言やシーンを切り取ってみても、どこか身近に感じずにはいられない雰囲気があるんですよね。

いい意味で「アイドルらしくない」一面を持つ優斗くんですが、目まぐるしく飛躍していくなかで魅せる「アイドル」な一面とのギャップもまた、心惹かれるものがあります。

HiHi Jetsではイジられ役の後輩でありながら、頼れる最年長。しっかりとした自分の信念を持ち、どこか天然な部分もあって、人一倍の努力家……彼のことを知れば知るほど、そのギャップに惹かれ、底なし沼にハマっていきます。

「残念賞」は誰も手にすることができない「一等賞」

学校で優斗くんを見ようと女の子が集まったというエピソードを持つほど、リア恋爆モテキャッチャーなゆうぴ。一方で「バレンタインデーには本命チョコが1個もなかった」というオチを付け加えるところが彼らしい部分でもあり、「残念賞」なんてラップで紹介されてしまう部分でもあるのかもしれません。

ただ、そんな「残念賞」は誰も手にすることができない「一等賞」でもあるんですよね。生で見るとその透明感に驚くという色白+抜群の外見でありながら、愛おしい活舌、「ティヤハハハ」という笑い声、イジられ役などなど…知れば知るほど、その魅力に心奪われるはず。

エリート街道まっしぐらな優斗くんですが、見えるところ見えないところでたくさんの努力を重ねているんですよね。ローラーの上達を見ただけでも、彼の計り知れない奮闘の日々が思い浮かびます。

ジャニーズJr. HiHi Jets髙橋優斗くんが愛される理由


(画像:PhotoAC)

ジャニーズJr.でのライブを通じて「自分を応援してくれる人がいるんだ」ということを身に染みて感じ、そんなファンの方々の応援や期待に応えたいという強い想いこそが、自身の原動力だと語っていたことがある優斗くん。

これまでの人生を振り返る中で、「積極的にいかないと後悔するって分かっている」と語っていたことがありました。言わないで後悔するよりも、きちんと言って「やらせてもらえるか」「断られるか」分かったほうがスッキリすると話しているんですよね。

オーディションでイチローのものまねを披露したことを含め、そうした攻める姿勢は優斗くんの活躍、そのすさまじい勢いにつながっていると言えるかもしれません。

色んな一面に振れれば触れるほど、ゆうぴがたくさんの人に愛される理由がわかるはず。スーパーヒーローとして奮闘するゆうぴから目が離せません!

ジャニーズJr.の関連記事はこちら

HiHiJetsカテゴリの最新記事