【美 少年】藤井直樹くんのプロフィールまとめ!キンプリ髙橋海人くんとの共通点とは?【ファッショナル藤井】

“美 少年”のメンバーとして、キラキラの笑顔を輝かせている藤井直樹くん。ダンスや人間性、これまでのグループ・ユニット変遷を含めた歩みなど、彼を知れば知るほどその魅力の奥深さに気づかされ、なぁくんの沼にハマること間違いなしです。今回は、美 少年・藤井直樹くんのプロフィールや経歴、性格や魅力について、様々なエピソードを交えながらご紹介していきます。

【美 少年】藤井直樹くんのプロフィールまとめ!キンプリ髙橋海人くんとの共通点とは?【ファッショナル藤井】

美 少年・藤井直樹くんのプロフィールや魅力、経歴が知りたい!

“美 少年”の最年長メンバーとして、いつも優しく周囲を見守り、キラキラとした笑顔を輝かせている藤井直樹くん。彼のこれまでの歩みや、美 少年としての今に目を向けると、溢れんばかりの魅力が至る所に散りばめられていることに気づかされます。

特技である「ダンス」、癖だと語る「人間観察」など、彼の武器や魅力につながる要素は本当に数えきれないほどあるんですよね。知れば知るほど、彼のギャップに気づかされて、語彙力を失うほどに彼の虜になること間違いなしです。

今回は、そんな美 少年・藤井直樹くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴のほか、様々なエピソードを通じて、なぁくんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

美 少年・藤井直樹くんのプロフィール、経歴


(画像:フリー素材「写真AC」

まずは、美 少年・藤井直樹くんのプロフィール、入所理由と入所時のエピソード、同期メンバーなどを見ていきましょう!

名前 藤井 直樹(ふじい なおき)
生年月日(誕生日) 2000年9月18日
出身地 千葉県
血液型 O型
趣味 料理、アロマ
特技 絵、カフェアート
身長 161.5cm
きょうだい 姉(2歳上)
入所日/入所時の年齢 2016年1月23日/15歳
同期(※同月入所) 松尾龍(Jr.SP・1/23)、平塚翔馬(1/24)
メンバーカラー

入所理由は?

2016年1月23日、中学3年生(15歳)の時にジャニーズ事務所へ入所した藤井直樹くん。2歳年上のお姉ちゃんがダンスを習っていたこともあり、幼稚園の年長(5歳)からヒップホップダンスをはじめたといいます。

ダンスに打ち込むなかで、その魅力にとりつかれていき、人前で踊ることも大好きだったという藤井くん。そんな彼をアイドルという道へ向かわせるきっかけとなったのが、テレビで見たジャニーズの歌やダンスなんですよね。

「歌やダンスで人を幸せにできる仕事っていいな」という思いを抱いていたものの、なかなか具体的な行動へ移せずにいたそう。しかし、ダンスを一緒に習っていた子の親が「送ってみたらどう?」と勧めてくれたことや、お母さんの後押しなどもあって「送ってみよう」という決心がついたようです。

そこからお母さんと相談して履歴書を書き、2015年末にジャニーズ事務所へ送付。「歌やダンスで人を幸せにしたい!」という夢を叶えるための一歩を踏み出します。

履歴書を送ったタイミングについては、①中2の夏に出したという情報、②大昇くんのオーディション(2015年5月)から少し経ったくらいに出したという情報(中3の夏頃?)、中3だった2015年末に出したという情報などがあります。過去のインタビューでは、15歳の時に履歴書を送って16歳に入所したと話していたこともありました。ただ、生年月日と入所日を考えると、16歳(高校1年生)になる年の1月、中学卒業まであと少しというタイミングでの応募と考えることができそうです。

オーディションのエピソード~特技披露とダンス

藤井直樹くんのオーディションは、2015年12月から2016年1月にかけて帝国劇場で行われた「JOHNNYS’ World(ジャニーズワールド)」1月公演の空き時間に行われました。帝劇でのオーディションは、歴代のオーディションを見てもかなり珍しいパターンとして知られています。

前日にいきなり「帝国劇場へ来てください」と連絡を受けたという藤井くん。特技披露などを含めて、何かあった時に備えてタップシューズを持っていくことをお母さんから提案されたそう。ただ、本人は「持って行かなくてもいいや」という気持ちが強かったようで、タップシューズを持参せずに臨んだんですよね。

タップをはじめたきっかけはおばあちゃん。おばあちゃんのサンダルを借りてパタパタとやっていたところ、おばあちゃんが「タップやってみたら?」と勧めてくれてたそう。ジャズダンスを習っていた先生がタップも教えていたそうで、その先生のもとで習得していったそうです。

オーディションではダンスと特技を披露する機会がありましたが、ダンス=特技だった藤井くんはダンスのみにとどめ、それを特技としてアピールするような形をとったようです。

同期メンバーは?

藤井直樹くんの同期には、Jr.SPの松尾龍くん(1/23入所・藤井くんと同日)、平塚翔馬くん(1/24入所)がいます。

松尾龍くんのプロフィールでもご紹介しましたが、「ISLAND TV」で同期3人が入所当時の写真を公開するという企画がありましたね。それぞれがそれぞれの場所で活躍しているからこそ、どこか新鮮さを感じる組み合わせでもありました。

グループにいる時とはまた違った空気感などに触れると、同期ってやっぱり特別なものだなぁということを感じずにはいられません。

オーディションのエピソード~松尾龍くんの存在

この時のオーディションは2日間にわたって行われ、藤井くんは1日目、平塚くんは2日目、龍くんは両日参加したことで知られています。ちなみに、オーディション曲は『HiHi Jet』でした。

知らない人がたくさんいるオーディション会場で、緊張していたという藤井くん。振付師さんの「突っ立っているだけじゃ何も始まらないよ!」と言う言葉が怖かったとも振り返っていましたね。

オーディション時には、Jr.たちの間で「バレエできるやべえやつ入ってきたらしいぞ!」と話題になっていたという龍くん。彼は一番前で踊っていたそうで、それを見ていたなぁくんは「この子すごいな」と思ったそう。特技として披露していたバレエのレベルの高さ、そのあまりのすごさに自信を失いかけたとも振り返っていました。

オーディション後にジャニワを見学した際には、色んなJr.と話している龍くんの姿を目の当たりにしたという藤井くん。「ここでもマウント取ってくるんだ~」と感じてしまったんですよね。オーディション当日のエピソードに触れただけでも、同期である松尾龍くんの存在を意識する瞬間、意識せずにはいられない瞬間が多かったんだなぁということが分かります。

オーディションのエピソード~岩﨑大昇くんとの関わり

ただ、藤井くんも幼少期からダンスをやってきたんだという強い思いがあって、「周りに負けないぞ」という気持ちで臨んだと話していました。緊張するなかでも「楽しんだ」と振り返る様子からは、やはり自信を強く感じるんですよね。

現在は美 少年として活動をともにする岩﨑大昇くん(2015年5月入所)。彼はこの時のオーディションを見ていたそうで、なぁくんの「目力のすごさ」が印象に残っていると話していたことがありました。大昇くんは、藤井くんを見て12歳くらいだと思っていたそうで、オーディションでの目力の強さに「怖いなぁ」という思いを抱いていたんですよね。

藤井くんは後にジャニーさんからダンスの上手さを褒められ、「Jr.人生の本当のはじまり」と本人が語る瞬間が訪れます。ただ、それよりも前に藤井くんのすごさに気づいていたと語るのが大昇くんなんですよね。

藤井くんのダンスの美しさが目に留まり、ある日話しかけに行ったという大昇くん。ただ、藤井くん自身は大昇くんの「先輩風を吹かせている感じ」が嫌だったそうで、全く話さなかった時期があったと振り返っていたこともありました。

岩﨑大昇くんとの”ふじたい”コンビ

大昇くんにとっては、藤井くん=入所してから最初にできた後輩。美 少年のなかで最初に出会ったのがこの2人でもあります。

はじめはどう接したらいいか分からなかったものの、「とにかくいじり倒そう」なんて思ったと話していたこともありましたね。それが本当だったかどうかは分かりませんが、大昇くんに対して藤井くんが困った表情を浮かべることが多くなったのは事実の様子。

そうした絡みがだんだん嫌になっていったのだろう……なんて大昇くんの目には映っていたようです。藤井くんも絡みがだるいなんて話していたことがありました。

ちなみに、大昇くんが、藤井くんのことを「自分より年上」だと気づいたのは後になってからなんですよね。年齢ではなく入所日で先輩・後輩が決まるJr.の世界。年下である大昇くんが先輩であることに変わりはありませんが、出会った時の印象など、自分より年下だと思っていたことが「先輩風」を加速させていた部分もあるのかもしれません。

ただ、そうしたものを経て、いつしか同じグループのメンバーとなりました。色んなことを経て、関係性は進化・深化を見せていきました。”ふじたい”コンビは、一定の需要があるなんて藤井くんに気づかされいて、後にメンバーもその需要に気づいているんだと感じる瞬間が多くなっていきます。

オーディションのエピソード~思いを強くしたジャニワ見学

中学3年生の終わりに入所した藤井くん。「入りたい!」という気持ちを行動に移すまでには、ある程度の時間があったのかもしれません。ただ、その分ずっと温めてきたアツ~い思いがあったはず。

磨きをかけ、自信をつけてきたダンス、持ち前の負けず嫌いな一面なども含め、「ジャニーズに入りたい!」「ジャニーズになるんだ!」という強い意志が、目力の強さに現れていたのかもしれません。大昇くん発信のエピソードに触れただけでも、藤井くんの心の奥底でメラメラ燃えている何かを感じ取ることができるような気がします。

オーディション後に見たジャニワでは、タイタニックのシーンで号泣したというエピソードもありました。「歌やダンスで人を幸せにしたい!」と思っていたなぁくんにとっては、きっと「自分もジャニーズで頑張りたい!」「あのステージに立ちたい!」「歌やダンスで人々を幸せにしたい!」という思いをより一層強くする瞬間だったとも言えるかもしれません。

美 少年・藤井直樹くんの歩みと魅力


(画像:PhotoAC)

なかなか仕事に呼ばれなかった日々

ジャニワを見学した時に藤井直樹くんが思ったこと……それは、自分と同じ世代の子や自分より年下の子が、こんなにすごいことをやっているんだという驚きや感動でした。見学を通じて「自分もここで頑張りたい!」という思いが強くなったと振り返っています。

しかし、そうした気持ちが出てきても、なかなか次の仕事に呼ばれることがなかったんですよね。そうしたなかで「あぁ、終わった」と思わされる出来事がありました。それが、同じオーディションを受けていた同期・松尾龍くんのテレビ出演。

ある日、お母さんに「ジャニーズ出てるよ」と教えられてテレビを見てみると、画面の向こうにはオーディションを一緒に受けた松尾龍くんが映っていたんですよね。これは、入所わずか1週間で龍くんが出演した「ミュージックステーション」だと思われますが、それをテレビで見た藤井くんは「完全にダメだ」という思いになってしまったようです。

しかし、ほどなくして藤井くんもダンスレッスンに呼ばれることになります。本人は「首の皮一枚つながった」なんて表現していたことがありますが、オーディションでのエピソードやここからの活躍を見れば、いずれは呼ばれる運命にあったのだろうと感じたりもするんですよね。

本人にとっては、それくらいジャニーズとして頑張りたい気持ちが強くて、だからこそレッスン呼ばれた時の喜びは大きなものだったんだろうと推測することができます。

当時はマネージャーさんから電話が来て、そこで「次がある」ことを知るような形だったそう。家の電話をめっちゃ気にしていたなんてエピソードからも、ジャニーズとして頑張っていきたいという思いがひしひしと感じられます。

初仕事は『Make my day』

2016年1月末に入所した藤井くんは、翌月2月15日の少年収(3月放送分)に参加。3月2日放送のエンディングで披露されたSexy Zone(セクゾ)の『Make my day』が、彼にとっての初仕事となりました。

チャームポイント=「笑顔」が示すように、初仕事からニッコニコの笑顔でステージに立つ姿が印象的なんですよね。なぁくんの魅力を語る上では、やはり「笑顔」というキーワードを欠かすことができません。当時、Jr.の間では「すごい笑顔の子がいる」なんて話題になることもあったようです。

Classmate Jへの加入

入所の3か月後には、同期の龍くんらとともにClassmate Jに加入し、ジャニーズ銀座(クリエ)2016へ出演を果たしています。入所後間もなくのユニット加入に、本人も「ビックリしている」と語っていたことがありましたね。

同期の龍くんは「バレエの人」というイメージを持つファンも多かった一方で、当時の藤井直樹くんの認知度は、まだそこまで高いものではなかったと言えるかもしれません。ただ、クリエのステージ、そこでのダンスやファンサなどに触れて、心を奪われた方はきっと多いはず。

「すでに完成されている」と言えばいいでしょうか。「本当に入所したばかりなの?」と思わせてしまうような魅力に溢れていた印象でもあります。現在は「最年長だけど、一番小さい」なんて表現も浸透しつつありますが、当時は、「えっ、高校1年生なの?」と驚くファンの方も多かったですよね。

2016年5月3日にリリースされたSexy Zone(セクゾ)11枚目のシングル『勝利の日まで』のMVにも藤井くんは参加しています。このMVには、後に少年忍者→Snow Manとしてデビューするラウールくんをはじめ、現HiHi Jets、現7 MEN 侍、現・少年忍者、現Jr.SP、現IMPACTorsのメンバーなども数多く参加しているんですよね。撮影終わりには井上瑞稀くんや髙橋優斗くんとディズニーランドに行ったというエピソードも。「僕もディズニー好きなんですよ」なんて自ら志願して行くような形だったようで、そこから2人との関係が深くなっていったと振り返っていたこともありました。

Jr.人生の本当のはじまり

Classmate Jへの加入が発表されたころから、すでに彼のパフォーマンスの虜になっていた方は多いはず。ジャニーズ、特にJr.にとって重要なダンスを特技と言えてしまうほど、彼が魅せるダンスには人を惹きつける力がありますよね。

特技でもあるダンスは、ジャニーさんの目にも止まっていました。入所からしばらく時間が経ったある日、ダンスレッスン中にジャニーさんから「ダンスがうまい」と褒められたという藤井くん。彼は、ジャニーさんにダンスを褒めてもらった瞬間を、Jr.人生の本当のはじまりと位置づけているんですよね。

入所のきっかけにも「ダンス」が大きく関わっている藤井くんですが、彼のこれまでの歩みに目を向けてみると、彼のターニングポイントとも言える瞬間や出来事には、やはり「ダンス」が欠かせない要素となっていることに気づかされます。

「ダンス」が切り開いた道

現在は美 少年の一員として活動する藤井くん。今日に至るまでの過程にも、やはり「ダンス」が大きく関わっているんですよね。Classmate Jの一員として活動するなかで、「東京B少年(現・美 少年)のはじまり」とも言える出来事が2016年の夏に訪れます。

ジャニーさんに「やっぱ、YOUは踊り元気だよ!」と言われた藤井くん。当時『Summer Paradice(サマパラ)2016』に出演していた那須雄登くん、佐藤龍我くんと「合うかもしれない」「YOUにぴったりな2人がいるよ」と言われたことが、東京B少年の結成へとつながっていきます。

サマパラで3人が組み、パフォーマンスを披露。その後の「ザ少年俱楽部」でも3人メインでステージに立ち、そのバックに岩﨑大昇くん、浮所飛貴くんがつくんですよね。

決して入所が同時期なわけでも、グループ・ユニットが同じだったわけでもない美 少年のメンバーたち。ユニット変遷が激しいなかで、彼らが東京B少年になっていくまでの過程を見ていくと、本当に色んな偶然が重なっているような印象でもあります。セクゾ絡みが多いというのも面白い部分だったりします。

藤井くんの「ダンス」が、何かをたぐり寄せるような、引きつけるような部分も大きかったのかなぁとも思うんですよね。

次ページからの記事後半では、尊敬する先輩・King & Prince(キンプリ)髙橋海人くんとのエピソードや共通点、ダンスだけではない藤井直樹くんの魅力についてたっぷりと語っていきたいと思います!

美 少年カテゴリの最新記事