【バレエ担当】Jr.SP松尾龍くんのプロフィールまとめ! ジャニーズのプリンシパルが魅せる華やかな世界へようこそ♪

Jr.SPのバレエ担当として、たくさんの魅力を輝かせている松尾龍くん。バレエのイメージが強いかもしれませんが、それだけで龍くんの魅力を語ることはできません。今回は、Jr.SP松尾龍くんのプロフィールや魅力について、入所理由や経歴、エピソードなどを交えながらたっぷりとご紹介していきます。ジャニーズのプリンシパル・たちゅワールドへようこそ♪

【バレエ担当】Jr.SP松尾龍くんのプロフィールまとめ! ジャニーズのプリンシパルが魅せる華やかな世界へようこそ♪

Jr.SP松尾龍くんのプロフィール、魅力が知りたい!


(画像:フリー素材「Pixabay」

Jr.SPのバレエ担当であり、頼れる最年長としてJr.SPを牽引する松尾龍くん。

バレエのイメージが強いかもしれませんが、それだけで龍くんの魅力を語ることはできません。知れば知るほど色んな一面に気づかされて、もっともっと龍くんのことが好きになるはずです。

今回は、そんなJr.SP松尾龍くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴のほか、これまでの歩みを辿りながら、龍くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

Jr.SP松尾龍くんの基本プロフィール


(画像:フリー素材「写真AC」

まずは、Jr.SP松尾龍くんのプロフィール、入所理由、同期メンバーについて見ていきましょう!

名前 松尾 龍(まつお たつる)
生年月日(誕生日) 2000年8月4日
出身地 神奈川県
血液型 B型
趣味 運動、映画鑑賞、歌うこと、ゲーム、アニメ鑑賞、書道、釣り、乗馬
特技 バレエ、アクロバット、髪のセット
身長 165cm
きょうだい 兄(10歳上)、姉(5歳上)、兄(4歳上)、兄(2歳上)、妹(1歳下)
入所日/入所時の年齢 2016年1月23日/15歳
同期(※同月入所) 藤井直樹(美少年・1/23)、平塚翔馬(少年忍者・1/24)
メンバーカラー

たつるサロン

プロフィールの特技欄に「髪のセット」とあるように、ヘアアレンジが得意な龍くん。これは、髪のセットが上手だったというお兄ちゃんが関係しているんですよね。

お兄ちゃんの真似をしながらヘアアイロンの使い方を練習しているうちに、いつしかヘアセットが好きになり、特技として書けるまでになったそう。Jr.の髪をセットしてあげたことがあったそうで、そこから評判となって「たつるサロン」と呼ばれるようになっていきます。

開演前の「たつるサロン」は大忙しと本人も話していたことがありました。聞き上手な龍くんは、要望などもきちんと汲み取るにしているようで、それぞれに合わせたこだわりのヘアアレンジを考えている様子。もちろん、自分自身の髪形や髪色にもこだわりが感じられます。ファッションセンスも抜群です。

「たつるサロン」の様子はISLAND TVなどでも見ることができますが、そろそろ開店が恋しいなぁ~というファンの方も多いかもしれません。

馬が大好き

小学1年生の頃は「馬になること」が夢だったという龍くん。そのくらい馬が大好きなことで知られていて、好きすぎるがゆえに馬刺しは食べられないと話していたこともありました。

本気で馬になれると信じていたという龍くんですが、やがて馬になることはできないことに気づきます。

一時は騎手になることも考えたようですが、騎手にならなくても馬を飼えば乗れるという思いから、現在は馬を飼うことを夢に掲げているんですよね。時代劇の俳優さんのように、颯爽と乗りこなせるようになりたいと思っているようです。

ちなみに、公式プロフィールにも、将来の夢に「馬を飼うこと」としっかり書かれています。将来の夢がアップデートされていくなかでも、「世界中の人を魅了すること」と「馬を飼うこと」がブレることはありません。

実はやんちゃ?

バレエ=優等生っぽいイメージ、ロイヤルなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。ただ、幼少期から家の塀によじ登ったりする悪ガキだったそうで、実際にはやんちゃな性格だと龍くんは話しています。

Sexy Zoneの中島健人くんからも、ものすごく真面目な優等生っぽいけど、内面はやんちゃなんて言われていましたね。

周りのメンバーからも、バレエをしている時と話している時は全くの別人と言われているように、知れば知るほど「こんな子だったのぉぉぉ?」なんて感じてしまう方も多いかもしれません。入所当時「バレエの子」というイメージを持っていた方は、「本当に同一人物?」なんて思ってしまう瞬間が訪れるかもしれません。

知れば知るほど、龍くんの色んな一面に気づかされて、果てしなく深い沼にハマっていきます。でも、やんちゃなんて言われつつも、何だかんだで真面目な優等生が顔を出す瞬間もあります。

ぶっ飛んでいる

7 MEN 侍の矢花黎くんについて、発言も行動もぶっ飛んでいるところが好きなんて話していた龍くん。ただ、龍くんもなかなかにぶっ飛んでいます。

代表的なものと言えば、ディズニーランドに行った時の恒例行事として、シンデレラ城の前で一点倒立をするというエピソードでしょうか。突然スイッチが入って、家のリビングで踊ったり逆立ちをしたりしてお母さんに怒られたなんてエピソードもありましたね。

馬になりたかったというエピソードもなかなかですが、やはりテンションが上がった時の一転倒立に勝るものはありません。

Jr.SP松尾龍くんの経歴・歩み


(画像:フリー素材「写真AC」

入所理由・きっかけ

2016年1月23日、中学3年生(15歳)の時にジャニーズ事務所へ入所した松尾龍くん。彼の入所には、現HiHi Jetsの橋本涼くんの存在が大きく関わっています。

2人は中学の同級生として知られ、すでにJr.として活躍していた涼くんからジャニーズの話を聞く機会があったといいます。詳細は橋本涼くんのプロフィールをご覧いただきたいと思いますが、涼くんは小学3年生(2009年7月19日)の時に入所し、数日後にはHey! Say! JUMPのコンサート出演、スノープリンス合唱団をはじめ、様々なユニット・括りで活躍を見せてきました。

“はしたつ“の2人が出会ったという2013年には、ドラマ『斉藤さん2』に出演。龍くんが入所する10か月ほど前には、井上瑞稀くんらと「中3トリオ」が結成されるなど、現在のHiHi Jetsになる前から幅広い活躍を見せていました。

そんな経験豊富な涼くんから、ジャニーズはダンスや歌、ローラースケートなど様々なことに挑戦できることを教えてもらったという龍くん。ジャニーズに入ることで色んなことができそうだというワクワクした気持ちが出てきたそうで、自分で履歴書を出しています。

親友である”はしたつ“のエピソードも豊富です。涼くんにとっては、「龍くんに気を使ったことがない」と話すほど素でいられる関係性。嫌なことがあっても、龍といられればそれでいいんだと割り切れてしまうくらいに本当に大切な親友なんですよね。一方の龍くんも落ち込んだ時には自分で色んなことを考えるようですが、それでも無理な時には涼くんに相談することもあるようです。

実は履歴書を2度出している……?

自らジャニーズへ応募した龍くんですが、実は履歴書を2度送っているんですよね。最初に履歴書を送った際は自宅のFAXが故障していたため、お知らせを受け取れないままオーディションの日程が過ぎてしまいました。

自宅のFAXが壊れていて……という話は、Jr.SPとして活動をともにする和田優希くんの同期・松井奏くん(現IMPACTors)や、和田くんの憧れの先輩でもある菊池風磨くん(Sexy Zone)の入所エピソードにも登場する、いわば”ジャニーズあるある“なのかもしれません。

それでも諦めずに再び履歴書を送付したという龍くん。オーディションのお知らせについて、FAXではなく電話でお知らせをお願いしたい旨を記載し、2度目は無事にオーディションへ参加→合格することができました。

入所の理由・きっかけはもちろん、こうしたエピソードに触れても、龍くんがどのような性格なのか見えてくるような気がします。後の見出しでご紹介しようと思いますが、とにかく好奇心旺盛で、自分の意思で道を切り開いてきたんだと分かる瞬間がたくさんあるんですよね。

同期のメンバーは?

松尾龍くんの同期には、美少年の藤井直樹くん(1/23入所・龍くんと同日)、少年忍者の平塚翔馬くん(1/24入所)がいます。

入所当時の写真を公開したISLAND TVでは、同期3人の絡みを見ることができます。動画内の内容を踏まえると、龍くんが声をかけて実現した企画という感じでしょうか。

平塚くんが「藤井なぁくん」「松尾たぁつぅ」なんて呼んで、2人の入所日を動画でお祝いしていたこともありましたね。新鮮な組み合わせ、普段とは違った3人の空気感などに触れると、同期っていいなということを強く感じます。

ちなみに、中学で橋本涼くんに出会う→そこでジャニーズの話を聞く→履歴書を送るという流れを考えると、松尾家のFAXが故障していなければ2013年~2015年入所組と同期になっていた可能性もありそうです。履歴書の写真は中2または中3あたりに撮ったものと話していたので、2014年または2015年が濃厚でしょうか。

ちなみに、2013年は少年忍者の”うちわく“(2013年6月23日)、2014年はJr.SPとして活動をともにする中村浩大くん(2014年7月6日)、2015年は5月入所組のラウールくん(Snow Man)、髙橋優斗くん(HiHi Jets)、岩﨑大昇くん(美 少年)、佐々木大光くん(7 MEN 侍)、黒田光輝くん(少年忍者)、横原悠毅くん(IMPACTors)などが入所しています。

龍くんの1度目のオーディションがいつだったのか定かではありませんが、上記のメンバーと同期になっていた可能性があると考えると面白いですよね。

オーディション時のエピソード

この時のオーディションは、2015年12月から2016年1月にかけて行われた「JOHNNYS’ World(ジャニーズワールド)」1月公演の空き時間に行われたことで知られています。

美 少年の岩﨑大昇くんによると、オーディション時には、すでに有名人だったという龍くん。Jr.たちの間で「バレエできるやべえやつ入ってきたらしいぞ」と話題になっていたんですよね。

特技披露でバレエをする姿を目の当たりにして、同期の藤井くんは、あまりのすごさに自信を失ったと当時を振り返っていたこともありました。

3歳からバレエをやっているものの、それ以外の踊りは未経験だったという龍くん。ただ、オーディションでは一番前で普通に踊っていたと周囲が語っていたこともありました。

これだけは誰にも負けないこととして、「見ただけでパフォーマンスをコピーできる」と挙げていたことがあるように、もともと高い能力を持っていて、それをオーディションから余すことなく発揮していたと考えることができるかもしれません。「たつるサロン」が開店するまでの過程に目を向けても、何かをコピーする能力がすさまじいんじゃないかということを感じたりするんですよね。

ダンス=特技としてダンスのみを披露し、それを特技としてアピールした藤井くん。そんな彼が、龍くんの姿を後方から見て「すごい子だなぁ」と感じていたことを考えても、やはり「ただものではないオーラ」に溢れていたことが分かるような気がします。

オーディション後にジャニワを見学した際のエピソードからも、そんなことを感じます。見学時に色んなJr.と話している龍くんの姿を目の当たりにしたという藤井くんが、「ここでもマウント取ってくるんだ~」と感じてしまったなんてエピソードもあるんですよね。

オーディション後、藤井くんはなかなか仕事に呼ばれなかったと当時を振り返っていたことがありました。ただ、ある日お母さんに「ジャニーズ出てるよ」と教えられてテレビを見てみると、画面の向こうには、オーディションを一緒に受けた龍くんがいたんですよね。これはおそらく、入所わずか1週間で龍くんが出演した「ミュージックステーション」だと思われます。

龍くんの姿を実際に見たわけではありませんが、履歴書送付~オーディション~Mステ出演までの流れを見ていくだけでも、龍くんのすごさや勢いをひしひしと感じられるような気がします。龍くんが話していた「こういうのは勢いが大事だよ。キュンでぇ~すっ!!」のような勢いと言えばいいでしょうか。立ち止まることなく、前に前に突き進んでいったようなイメージでもあります。

「バレエの子」を印象付けたMステ

2016年1月29日に放送されたMステ、勝利&健人 with ジャニーズJr.が『Cha-Cha-Cha チャンピオン』~『HiHi Jet』を披露した回に出演を果たした龍くん。

総勢82名が出演したステージの中盤、抜群の存在感でバレエを披露し、同級生でもある橋本涼くんの歌唱に華を添えました。オーディション曲が『HiHi Jet』ということを考えても、同級生の涼くんとは、何かこう運命的なものを感じられるような気がします。

龍くんにとっての初ステージは「MUSIC JAPAN」(2月8日放送、収録は1月でMステより先)で山下智久くんが『Dreamer -New Recording Version-』を披露した時。ただ、放送はMステよりも後だったため、このMステが初出演と考えることもできそうです。

松尾龍×バレエの歩み①

Mステのステージで「バレエの子」というイメージが少しずつ浸透し、今ではJr.SPのバレエ担当として活躍を見せる龍くん。クラシックバレエを3歳から習い、バレエ歴は2021年で18年になります。

龍くんがバレエをはじめたきっかけ……それは、お姉ちゃんの「スキップ」なんですよね。お姉ちゃんのバレエを見学した際に、お姉ちゃんがスキップしているのを見る→僕もスキップがやってみたいという思いを抱く→バレエをやるとお母さんに言うという流れだったようです。

プロフィールでもご紹介しましたが、龍くんは6人きょうだいの4番目。すでに辞めてしまった人がいるものの、きょうだいのほとんどがバレエ経験者というバレエ一家なことでも知られています。

入所後1週間で出演したMステでも感じましたが、バレエを披露する龍くんを見たときに「これはガチだ」と思った方は多いはず。そこから龍くんのことを知っていくと、「やっぱりガチだ」ということにどんどんどんどん気づかされていくんですよね。

SNSなどの反応を見ても、龍くんのバレエや経歴に対して「ガチ」という言葉を用いている人はかなり多い印象でもあります。

彼のバレエにグッと惹きこまれた方、思わず気になってしまった方も少なくありません。定期的に「あの子は誰?」という話題が出てくることを考えても、彼の美しさに魅了されている方が増えているなぁということ、そして何より龍くんが進化し続けているんだということを強く感じます。

松尾龍×バレエの歩み②

小学3年の時にコンクールに出場したものの、何も賞が取れず驚きや悔しさが込み上げてきたという龍くん。そこでスイッチが入り、本気でバレエと向き合っていくようになります。その結果、小学5年の時に出場した全国コンクールでは奨励賞を取ることができたそう。そこから、バレエというものが少しずつ面白くなったと振り返っています。

中学生の時にはバレエの短期留学もしているんですよね。筆者は勉強不足でまだまだ知らない世界ではありますが、それでもみなさんの反応を見れば、松尾龍くんはやはりただものではないんだということはしっかりと分かります。「彼はなぜジャニーズにいるのか」という驚きの声が上がってしまうくらいにすごい人なんだということがひしひしと伝わってきます。

英語は話せないもののアプリを駆使して頑張っていたこと、フランスの子と仲良くなり8人くらいで行動していたこと、スウェーデンの子と一緒にいて学校終わりにサブウェイを食べていたこと、アクロバティックな540(ファイブフォーティー)という技をやって、英語が話せなくても友達をどんどん増やしていったこと……そうしたエピソードを拾い集めていっても、龍くん恐るべしという結論に達します。

先ほどお話しした履歴書送付~Mステまでの勢いに納得させられてしまうような、そんなすごい経歴の持ち主なんですよね。ハイスペックで頑張り屋さんで、ものすご~くポジティブな性格の龍くんが見えてくると思います。

次ページの記事後半では、Jr.SP松尾龍くんの魅力について、「バレエ」と「ダンス」にスポットを当てながらもう少し掘り下げてみたいと思います。

ジャニーズJr.カテゴリの最新記事