【美 少年】浮所飛貴くんのプロフィールまとめ!コミュ力おばけ&強心臓から描き出されるウッキーの魅力とは?

コミュ力おばけ&強心臓なことでも知られる、美 少年の浮所飛貴くん。彼自身や彼の周りには、いつもたくさんの笑顔が溢れています。浮所くんを見れば見るほど、知れば知るほど、その魅力にハマってしまうこと間違いなし!今回は、美 少年・浮所飛貴くんのプロフィールや経歴、性格や魅力について、様々なエピソードを交えながらご紹介していきます!

【美 少年】浮所飛貴くんのプロフィールまとめ!コミュ力おばけ&強心臓から描き出されるウッキーの魅力とは?

美 少年・浮所飛貴くんのプロフィールや魅力、経歴が知りたい!

“美 少年”のメンバーとして、いつもキラキラの笑顔を輝かせている浮所飛貴くん。

どこまでも「完璧なアイドル」というイメージが強いですが、そのアイドル像を追求する過程に目を向けていくと、新たな一面を垣間見ることができたり、魅力を再認識できたりするような気がしています。

“うきなす”として親しまれている那須雄登くんの発言、HiHi Jets猪狩蒼弥くんの発言などを紐解いていくと、「意外な一面」だったり「素の部分」だったり…色々と考えさせられることがあるんですよね。

「コミュ力おばけ」な浮所くんだからこそ、人との関わりのなかで「強心臓」な部分や、アイドルとして、人間としての魅力的な部分がたくさん見えてきます。

今回は、そんな美 少年・浮所飛貴くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴のほか、憧れの先輩でもあるSexy Zone中島健人くんやKing & Prince平野紫耀くんとのエピソード、ともに「VS魂」のレギュラーメンバーでもあるSexy Zone佐藤勝利くんとのエピソードなども交えながら、ウッキーの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

created by Rinker
KADOKAWA
¥600 (2021/12/01 21:06:27時点 Amazon調べ-詳細)

美 少年・浮所飛貴くんのプロフィール・経歴


(画像:PhotoAC)

まずは、美 少年・浮所飛貴くんのプロフィールを見ていきましょう!

名前 浮所 飛貴(うきしょ ひだか)
誕生日 2002年2月27日
出身地 愛知県
血液型 B型
身長 173cm
入所日/入所時の年齢 2016年4月9日/14歳
兄弟 弟(3歳下)、妹(9歳下)
同期 ※同日入所 那須雄登(美 少年)、瀧陽次朗(少年忍者)
憧れの先輩/尊敬する先輩 中島健人(Sexy Zone)、平野紫耀(King & Prince)
メンバーカラー オレンジ
・お父さんはV6の岡田准一くん、嵐の大野智くんと同い年。
・お母さんは滝沢秀明くん、嵐の櫻井翔くん、関ジャニ∞村上信五くんと同い年。
・お父さんはテレビ業界の人で音声さん(ミキサー)。
・似ているという理由で「浮所飛貴 あばれる君」という検索ワードが出てくる。
・名前の由来は、生まれた病院に貼ってあった『ほだか山』のポスター。
・響きの良さから、ほだか→ひだかとなった。

ジャニーズへの憧れと入所理由

2016年4月9日に、ジャニーズ事務所へ入所した浮所飛貴くん。かつて「お母さんが嵐ファンで…」なんて話していたこともありましたが、浮所くん自身もジャニーズが大好きで、母親と一緒にジャニーズのコンサートに足を運んでいたのだそう。ステージでキラキラと輝く姿を目の当たりにして、自分も輝きたいという思い、見ている人を幸せにできる存在になりたいという思いが強くなっていきました。

Sexy Zone(セクゾ)のコンサートに参戦した際には、中島健人くんに一目ぼれ。ステージ上のまぶしいケンティーを目の当たりにしたことが、浮所くんのジャニーズに対する思いを、より大きく熱くしたとも言えるかもしれません。

もともとは、自分で応募しようと思っていたという浮所くん。しかし、すでに履歴書が送られており、オーディションのお知らせが来たタイミングで、本人は応募したことを知ったのだそう。履歴書は「母親が送ってくれた説」と「親戚が送ってくれた説」の2つがあるようですが、いずれにしても本人が「ジャニーズになりたい!」という意志を強く持っていたことが分かります。

オーディションのお知らせは、家族で食事をしていた時に来たという浮所くん。驚きを隠せなかったそうで、その日の夜は眠れなかったとも振り返っていました。

オーディション当日のエピソード

何百人という人数がいたオーディションでは、1列目のセンターで踊ったという浮所くん。特技披露では、バイオリンも披露しています。

このほか、ジャニーさんから「YOUアクロバットできる?」と聞かれたというエピソードがあるんですよね。昔バク転などをやっていたため「できます」と返答したものの、急にはできなかった(「できるか微妙だった」というニュアンスかもしれません)そうで、側転やでんぐり返りなどを披露したというエピソードもあります。

ちなみに現在はステージやバラエティ番組などでもバク転を披露する機会もありますよね。

オーディション参加にあたって、浮所くんはオレンジのテニスウェアを着用していたことでも知られています。同じオーディションに参加していた那須雄登くんが、「派手な子がいる」という印象を持ったことからも、かなり目立っていたことは間違いありません。

現在のメンバーカラーがオレンジであることを考えても、何かこう運命的なものを感じられるような、浮所くんの伝説がすでに幕を開けていたような、そんな感覚でもあります。

実はジャニーさんのことも、“オーディションあるある”な「知らないおじさん」パターンではなく、ちゃんとジャニーさんと分かっていたんですよね。さらには、ファンの間でも有名な「厳しい振付師さん」のことも一瞬で分かったというエピソードがあります。

こうしたエピソードを拾い集めていくと、ジャニーズが大好き=私たちと同じようなジャニヲタという印象もあって、オーディションに臨むにあたっての意気込みが違うような、そんな感じでもあります。

現在の姿とも重なり合う部分ではありますが、オーディションの時点から「抜かりない」と言えばいいでしょうか。様々なエピソードを拾い集めていくと、「ジャニーズになりたい」という強い憧れや「ジャニーズになるしかない」という強い意志を強く感じられるような気がします。

同期のメンバーは?

浮所くんの同期(※同日入所)には、美 少年のメンバーとして活動を共にする那須雄登くん、少年忍者の瀧陽次朗くんがいます。なお、少年忍者の織山尚大くん、青木滉平くん、北川拓実くんは4月13日入所という認識でしたが、一方で4月9日という情報もあるようです。いずれにしても、この年の4月入所組=(ほぼ)同日入所と考えていいかもしれません。

ちなみに、“うきなす”(浮所くん、那須くん)をはじめとして、美 少年のメンバーはその多くが2016年に入所していることも特徴です。1月23日には藤井直樹くん、6月19日には佐藤龍我くんと金指一世くんがそれぞれ入所しています。

なお、岩﨑大昇くんは美 少年で唯一の2015年入所。この年は5月に入所が集中している一方で、2016年については2か月ほどの間隔で入所メンバーが分散していることも特徴だったりします。同日(同月)入所として浮所くんの同期メンバーを紹介しましたが、年単位で見ると、同期と呼ばれるメンバーはさらに多くなっていきます。

★2016年入所Jr.

1月23日 藤井直樹(美 少年)、松尾龍(Jr.SP)
1月24日 平塚翔馬(少年忍者)
4月9日 浮所飛貴・那須雄登(美 少年)、瀧陽次朗(少年忍者)
4月13日 織山尚大・青木滉平・北川拓実(少年忍者)※4月9日という情報もあり、佐藤新(IMPACTors)、下山晴叶
6月19日 佐藤龍我・金指一世(美 少年)、有馬信平、嶋村法穏、手島麗央、細澤聖南、三島太一
8月2日〈関西Jr.〉 嶋﨑斗亜・岡﨑彪太郎・當間琉巧(Lil かんさい)、佐野晶哉(Aぇ! group)、吉川太郎

“うきなす”入所日問題

2020年4月6日に公開されたHiHi Jets・美 少年・なにわ男子によるYouTubeの合同企画をきっかけに、「“うきなす”の入所日はいつ?」という議論が巻き起こりました。浮所くん作のDecoLu(デコル)で“うきなす”の入所日が4月11日となっていたんですよね。

それまで4月9日だと思っていた方が一定数いたこともあって、ファンの間で「うきなす入所日問題」なんてワードが話題になりました。こうした問題に対して2人も反応しており、後に“うきなす”できちんと相談して「4月9日入所」と決まったんですよね。

思えば、2人の入所日については4月8日や4月13日という日付が出てきたこともありました。オーディションに合格する=オーディション日が入所日という考え方も多いような気がしますが、初めてお仕事に呼ばれた日なども含め、入所日の考え方は人それぞれな部分もあるような気がします。

同期であるはずの2人の間で入所日の認識が異なっていた部分もあり、どこかモヤモヤしていた部分があったようにも思います。ただ、2人で相談して9日入所に決まったこと、9日からもう変わることはないことが那須くんから報告され、「うきなす入所日問題」は無事に解決となりました。

ちなみに、オーディションで那須くんを見た浮所くんは、Sexy Zoneの佐藤勝利くんに似ているかっこいい子がいたとお母さんに伝えたというエピソードもあります。そもそも那須の顔が好きと語っていたり、グループ内で最もモテるのは?という質問に対して「顔面が強い」という理由で那須くんを推していたり…そうした部分は今日に至るまでブレていません。

そんな2人がやがて同じグループのメンバーになり、“うきなす”として愛される日が来るのも、すごく運命的なものを感じますよね。

Mステでの存在感

浮所くんは、入所からわずか2週間で「ミュージックステーション」(Mステ)に研修生として出演しています。研修生とは思えない「こなれた感じ」と言えばいいでしょうか。センターで笑顔を輝かせ、抜群の存在感を放っている姿が印象に残っているという方も多いかもしれません。

2016年の「ジャニーズ銀座」(クリエ)でのHiHi Jet・Classmate J公演をはじめ、Noisy GuysやHiHi Jets加入など、入所後からTokyo Boys(→東京B少年→Sexy 美少年→美 少年)の一員になるまでの歩みに目を向けてみても、本当に様々な出来事が凝縮されています。

修学旅行当日に寝坊→クリエ出演

2016年のクリエには、浮所くんの運命を左右したようなエピソードが隠されています。入所後ほどなくして学校の修学旅行があったそうですが、当日に寝坊してしまったんですよね。2日目から参加しようと思っていたそうですが、その日(修学旅行に寝坊した日)にマネージャーから電話がかかってきて、翌日からのクリエに出演することが決まりました。

その場で振り付けを頭に入れて出演したそうで、現在は美 少年として活動を共にする藤井直樹くんが、突如として隣に現れた浮所くんを見て「誰??」となってしまったエピソードもあります。この時、寝坊せずに修学旅行へ参加していたら、浮所くんの運命は変わっていたのかもしれません。突然の出演が決まって不安や焦りもあったと思うんですが、そこで「嬉しい」という気持ちを口にできてしまうのは、強心臓な浮所くんならではなのかもしれません。

美 少年・浮所飛貴くんにとっての憧れの存在


(画像:PhotoAC)

憧れのスーパーキラキラアイドル

浮所くんが、「僕のなかのスーパーキラキラアイドル」と語るのは、自身の入所のきっかけとなった人であり、自分の人生を変えてくれた人でもあるSexy Zoneの中島健人くん。ケンティーの前では、とにかく“ジャニヲタ感”がハンパなくなります。マイクを持ち替える頻度も高めです。

思えば、オーディションの数日後に出演した野球大会でも、会場をウロウロしながら「中島健人くんいる!ヤバい♡」なんて興奮が伝わってくるような発言をしていたりもするんですよね。

乗馬ライセンス5級を持っていることでも知られている浮所くんですが、実はこれもケンティーの影響なんです。中学受験合格のお祝いに「何か資格を取っていいよ」と親に言われた浮所くん。憧れのケンティーが、映画『銀の匙』で馬に乗る姿がカッコよかったため、乗馬に決めたんですよね。

乗馬だけでなく、バイオリン、テニス、ユーフォやハーモニカ、シュノーケル、ローラーやアクロバットなどなど…とにかく何でも器用にこなしてしまうのが浮所くんのすごいところ。

「天才肌」と表現されることもありますが、家で表情のつくり方を練習したというエピソード、朝から晩までずっと練習に励んで習得したローラースケートのエピソードなどをはじめ、見えないところでたくさんの努力を積み重ねているんだなと分かるエピソードもたくさんあります。

そして、その努力に向かわせるエネルギーに満ち溢れているのも浮所くんならでは。高い向上心で、あらゆるモノ・コトを自分のものにできてしまうから、浮所くんって恐ろしいんですよね。

超強火な平野担

浮所くんは、強火平野担なことでも知られています。ともに愛知県出身という共通点もあり、外見や声などを含め、2人が似ているなんて話題になることもありますよね。

思えば、殺陣のシーンで紫耀くんに斬りつけられるのが嬉しくて嬉しくて、リハでニコニコが止まらないなんてこともありました。歌やダンスなど何もかもを目標にしているという浮所くんは、いつもニコニコしているところ、天然っぽく見えるけれどしっかりしているところ、いい香りがするところ…とにかく全部が大好きと語っていたこともありました。

紫耀くんに対する強火なエピソードは、挙げていけばキリがありません。思えば、紫耀くんは突進してくるような感覚で受け止めてあげるしかないと語り、それに対して「ガタイが良い」「抱かれ心地が最高」なんて浮所くんは話していたこともありました。駆け寄ってくるスピードもものすごいらしく、その怖さからもう少しゆっくり走ってきてほしいと紫耀くんは伝えていたことがありましたね。

抱きつこうとして逃げられたことがあるそうで、そのリベンジとして、チョコレートをプレゼントしたい人に紫耀くんの名前を挙げていたこともありました。紫耀くんのツンデレに気づいていることを書いたお手紙を添え、自分の顔の形をしたチョコレートで愛の大きさを伝える…そう意気込む様子からも、いかに紫耀くんに対する愛が大きくて重いかが分かると思います。

紫耀くんロスで「モヤシになりそう」とメッセージを送れば、紫耀くんから「モヤシになってください」と返答が来ます。そうしたやり取りも含めて、浮所くん→紫耀くんの矢印が強めに見えますが、知れば知るほど尊い関係性であることが分かるはずです。

次ページからの記事後半では「コミュ力おばけ」「強心臓」と呼ばれるエピソードなどから、浮所くんの魅力をたっぷりとご紹介。また、Sexy Zone佐藤勝利くんをはじめ、那須雄登くんやHiHi Jets猪狩蒼弥くんによる浮所くん語りに注目しながら、完璧なアイドルの奥にある「素の浮所飛貴」の姿に迫っていきたいと思います。

美 少年カテゴリの最新記事