【美 少年】金指一世プロフィールまとめ!藤井直樹との“ふじかなシンメ”が尊すぎる

“美 少年”の最年少メンバーとして、さらなる活躍が期待されている金指一世くん。その目まぐるしい成長に、恐ろしさを感じているファンの方も多いかもしれません。今回は、美 少年・金指一世くんのプロフィールや経歴、性格や魅力について、様々なエピソードを交えながらご紹介していきます!

【美 少年】金指一世プロフィールまとめ!藤井直樹との“ふじかなシンメ”が尊すぎる

美 少年・金指一世くんのプロフィール・魅力・経歴が知りたい!


“美 少年”の最年少メンバーであり、お兄ちゃんたちが愛してやまない金指一世くん。2017年4月29日に、東京B少年(当時)への加入が発表され、大きな注目を集めました。

そんな彼も、2019年にはDKの仲間入り。これまでの目まぐるしい成長、その裏側には、たくさんの汗と涙が隠されています。

今回は、美 少年・金指一世くんのプロフィールを徹底解剖!入所理由や経歴のほか、様々なエピソードを通じて、金指くんの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

Sexy美少年 金指一世くんのプロフィール・経歴


(画像:PhotoAC)

まずは、美 少年・金指一世くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 金指一世(かなさしいっせい)
  • 誕生日:2004年2月9日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型
  • 入所日:2016年6月19日
  • 同期:佐藤龍我
  • 身長:167cm(「Myojo」2018年10月号 ジャニーズJr.データカードより)
  • 憧れの先輩・尊敬する先輩:松本潤くん(嵐)
<金指くんのプチっとメモ>
・星柄が大好き
・絵が得意
・雑誌の対談では発言が少なめ
・ハンバーグとメロンが好物
・キノコが嫌い
・カバンの中には必ず除菌のウェットティッシュ

入所理由・入所後のエピソード

2016年6月19日に、ジャニーズ事務所へ入所した金指一世くん。

幼少期に、テレビドラマ「花より男子」に出演していた嵐・松本潤くんを見て、「かっこいい!」という思いを抱いたのだそう。そこから憧れが強くなり、自分でジャニーズへ応募したといいます。

同じく、美 少年のメンバーとして活躍する佐藤龍我くんとは、同期なんですよね。

ただ、那須雄登くんから見た浮所飛貴くんと同じように、金指くんにとっての龍我くんもまた、同期でありながら背中を追いかけるような存在だったと言えるかもしれません。

<那須くんの記事はこちら!>

  • 【強火櫻井担】美 少年・那須雄登くんのプロフィールまとめ!「BYAKUYA」のささやきに震えが止まらない
  • Jr.としての活動がスタートした当初は、「本当にボロボロだった」と振り返る金指くん。振りやタイミング、カウントや立ち位置など、たくさん注意されていたのだそう。

    思うようにできないツラさ、さらには、同期の龍我くんが先にステージに立っていることへの複雑な思いなど、様々な苦悩を抱えていたことが分かります。

    しかし、「頑張って追いつきたい」という強い気持ちを持って、ダンスやローラースケートに打ち込んだんですよね。

    そうした努力の積み重ねが、「東京B少年へのサプライズ加入」という形で花開くこととなります。

    美 少年・金指一世くんの魅力とは?


    (画像:PhotoAC)

    「ビビッ!」と来る何か

    冒頭でもご紹介したように、2017年4月29日に、東京B少年への加入することとなった金指くん。

    「ジャニーズ銀座(クリエ)」では、バックにつくJr.の一人としてリハーサルに参加していましたが、金指くんの姿を見たジャニーさんの「Youやっちゃいなよ」という一声で、正式加入が決定したんですよね。

    いわば、“ジャニーズあるある”なのかもしれませんが、突然の発表に驚いたというファンの方も多かったはずです。

    金指くんの抜擢について、ジャニーさんは「勘」と語っています。10年後の顔が分かるというジャニーさんには、何か「ビビッ!」と来るものがあったのかもしれませんね。

    「ビビッ!」と来たのは、ジャニーさんだけではありません。

    「ジャニーズJr.祭り」の時に、King & Princeの岩橋玄樹くんは、外周の端で踊っていた金指くんの姿を見て、「この子絶対くる」と思ったというエピソードもあるんですよね。

    ファンの間でも、「緑ベストの子は誰??」というようなツイートが見られるなど、同公演のなかでは、金指くんの存在が話題になることも多くありました。

    このように、「ビビッ!」と来た人が一定数いることを考えても、金指くんには、人を惹きつける「何か」があったと言うことができるかもしれません。

    「ビビッ!」の正体とは?

    では、人を惹きつける「何か」とは、一体何なのでしょうか。

    YouTubeチャンネルでも取り上げられたことがありましたが、どこか謎に包まれた『僕らはMysterious』ならぬ「僕はMysterious」「金指Mysterious」な一面が、見る人をグッと惹きこむ魅力を生み出しているのかもしれません。

    また、ファンの金指くん語りに耳を傾けると、「オーラ」という言葉が多く登場していることに気づかされます。

    目まぐるしい成長を見せていくなかで、そうした「オーラ」は、より際立っているような印象もあるんですよね。

    ステージのどこに立っていても、独特の存在感を放っていると言えばいいでしょうか。実際の年齢よりも大人っぽく見える雰囲気、溢れ出して止まらない色気、美 少年というユニット名にふさわしい美しさ、実はユニット最年長なのではと思わせるような貫禄…。

    「金指様」と呼ばずにはいられない瞬間も多くなってきて、その成長スピード、磨きがかかるスキルに驚きを隠せないファンの方も多いかもしれません。

    今の金指くんが「僕はVampireぁぁぁ」と囁いたら、どうなるのでしょうか…。恐ろしくて夜も眠れません。

    ただ、一方で少年らしさが垣間見える瞬間もしっかりとあるので、どこかホッとするんですよね。そうしたギャップも、金指くんの魅力の一つです。

    勢いやオーラを生み出すもの

    YouTubeチャンネル「箱の中身はなんだろな?」企画では、「最年少にこんなの触らせたら泣いちゃうよ~」なんてお兄ちゃんたちに脅かされつつも、ためらうことなく触る姿が印象的でした。

    そうした、どこか“怖いもの知らず”な部分もまた、金指くんの武器であり魅力なのかもしれません。

    色んな苦悩を味わって、努力で這い上がってきた彼の経験、そこから得られた自信があるからこそ、生み出される勢いやオーラがあるようにも感じます。

    ここまでの成長の怖さ、これからの成長の怖さ、一歩引いたところから静かに微笑んでいるような怖さなどなど…いい意味で天下を取りそうな「恐ろしさ」が感じられる部分も、金指くんならでは。

    本当に、名前負けしていないですよね。

    美 少年・金指一世くんを見守るお兄ちゃんたちの存在


    (画像:PhotoAC)

    金指一世くんの成長、その裏側には、彼を温かく見守り、支えてあげた美 少年メンバーの存在が欠かせません。

    メンバーそれぞれの金指くんとの関わりに目を向けていくと、素敵な人、素敵な環境に恵まれたからこそ、彼がよりいっそう輝けるのかなと思う部分もあります。

    藤井直樹くんという存在

    美 少年の最年長メンバーであり、金指くんとはシンメでもある藤井直樹くん。

    金指くん自身が「一番お世話になっている人」と語るように、そして、他のメンバーからも「一番面倒を見ていた」と語られるように、様々なエピソードを拾い集めていくなかで、藤井くんの存在の大きさを感じる瞬間が多くあります。

    なぁくんに追い付け追い越せとばかりに、金指くんが「セノビック」を飲んでいると話していた頃が懐かしいですね。

    鏡の前で、「今日こそ身長を抜きます!」と宣言し、背伸びをしながら近づいていたという金指くん。

    それに対して、藤井くんは「やめてほしい」なんて語っていましたが、見た目だけでなく、中身も含めて、どんどん成長していく金指くんの姿に、どこか目を細めているような印象もあります。

    本当のお兄ちゃんのような気持ち

    リハーサルで、汗だくになりながら振り付け師さんと一緒に練習している姿を見た時には、思わず感動してしまったという藤井くん。

    そんな自分を客観的に見つめながら、「(金指くんに対して)本当のお兄ちゃんのような気持ちを持っているんだと思う」なんて語っていたこともありました。

    リハーサルでは泣いてしまうこともあるという金指くん。藤井くんの発言を紐解いていくと、金指くんの一生懸命な姿を目の当たりにし、「色々と教えてあげなくちゃ」という気持ちが自然と芽生えていったのだということが分かります。

    学校でリハーサルに遅れた時には率先して振りを教えてあげたり、ステージで立ち位置がずれているときには、さりげなく修正してあげたり…挙げていけばキリがありませんが、金指くんの恐ろしい成長の裏側には、お兄ちゃんのように優しく温かく手を差し伸べてくれた、藤井くんの存在も欠かすことができません。

    一時は、金指くんが反抗的になり、全く話さないこともあったようですが、そうした時期を乗り越えて、今では深い話ができる関係性になったんですよね。

    尊すぎる“ふじかなシンメ”

    藤井くんは、金指くんというシンメができて、安心したと語っていたことがありました。

    「シンメのありがたさを、いつか分かる日が来る」という彼の言葉の通りに、加入当初は、自分のことで精一杯だった金指くんも、「シンメ」ということを少しずつ強く意識するようになっていったような印象もあります。

    そんな“ふじかなシンメ”を一言で表現するなら「エモい」「尊い」でしょうか。

    多くを語らずとも、『SHAKE』のステージで魅せるコンビネーションや王道アイドル感、『Cosmic Melody』でがっちりと手を握る姿などなど、2人が創り出す世界観を見れば、そのアツい関係性が見えてくるはずです。

    周囲にお兄ちゃん力を発揮させてしまう魅力

    ここまでは藤井直樹くんとの関係性にスポットを当ててきましたが、金指くんの周りには、優しいお兄ちゃんたちがたくさんいるんですよね。

    金指くんのユニット加入当初、「大丈夫かぁ?」とカウンセリングをしてあげていた岩﨑大昇くんや、笑顔で声をかけながらリラックスさせていた浮所飛貴くんなど、美 少年メンバー間の、優しいお兄ちゃんエピソードもたくさんあります。

    ただ、ユニットを飛び出しても、そうしたエピソードがたくさんあることに気づかされます。

    • 「ザ少年俱楽部(少クラ)」の収録リハーサルで、ガチガチに緊張していた金指くんを見て、「名前、何て言うの?」と優しく声をかけてあげたSixTONESの京本大我くん
    • 初対面で緊張から話せずにいた金指くんに「あっかんべー」をして笑わせてあげたKing & Princeの髙橋海人くん
    • 入所当時の自分と重ね合わせ、その時に優しくサポートしてくれた先輩のように自分も金指くんの支えになりたいと語っていたKing & Princeの神宮寺勇太くん
    • ステージでローラースケートの金具が飛び散って焦っていた時に、その金具を全て拾って、袖に投げてあげたHiHi Jetsの髙橋優斗くん

    などなど、挙げていけばキリがありませんが、金指くんの周りは温かさや優しさで溢れているんですよね。

    それは、金指くんの一生懸命さやひたむきさがあるからこそ、そして、見る人の心を揺さぶるような魅力あるからこそなのかもしれません。

    美 少年・金指一世くんのさらなる飛躍に期待!

    高校生になる2019年の目標として、「努」という漢字を掲げていた金指一世くん。

    ダンスの変化に目を向けるだけでも、「彼はどこまで伸びていくんだろう…」という期待、ある意味での恐怖を抱いているファンの方って多いのではないでしょうか。

    そんな彼は、同期の背中を追いかけ「追いつきたい」と願い、ひたむきに努力を重ねるなかで「やっと追いついた」と語っていたことがありました。

    しかし、今では「追いつく」のではなく「抜かす」という言葉を使うようになったんですよね。そうした変化を見ても、彼の今後の飛躍にかける想いがひしひしと伝わってきます。

    金指くんの恐ろしい成長、今後のさらなる活躍に注目です!

    美 少年関連のおすすめ記事はこちら

    東京B少年カテゴリの最新記事